リバースファクタリングとは?仕組みを解説

リバースファクタリングは買掛金の先払いサービスです。

リバースファクタリングを利用することで支払いサイトを長くすることができ、高額な買掛金の支払いに対応することもできます。

本記事では発注企業・受注企業ともにメリットがあるリバースファクタリングについて詳しく解説して参ります。

取引先への支払いにお困りの際には、是非ともご参考にしてください。

リバースファクタリングとは買掛金の先延ばしサービスのこと

時計と金銭

一般的なファクタリングは、企業が有する未払いの売掛金をファクタリング会社に売却して、支払い期日前に資金調達をするという方法です。

主に売掛債権を有する受注企業側がファクタリングを利用しています。

一方のリバースファクタリングとは、買掛金を有する受注企業側がファクタリング会社に依頼をし、取引先への支払いを代行してもらうというサービスです。

簡単に言ってしまえば、リバースファクタリングを利用することによって、買掛金の支払いを先延ばしにすることができます。

ファクタリングとは異なり、買掛金を持つ発注先が利用することから「リバース(逆)ファクタリング」という名前が付いています。

買掛金の支払いサイトは「長ければ長いほど」資金繰りに余裕を持つことができます。

特に支払いサイトが短く、買掛金が高額であればあるほど尚更でしょう。

そのためリバースファクタリングは

  • 下請け・孫請け会社への支払いが立て込み、資金不足になってしまった
  • 下請け先や孫請け先から支払いサイトを短くしてくれと依頼された

といった場合に利用することができます。

リバースファクタリングのメリット

リバースファクタリングを利用することには、発注企業側(買掛先)も受注企業側(売掛先)の両方にメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

①支払いサイトを伸ばすことができる(発注企業)

発注企業にとってリバースファクタリングを利用することで、支払いサイトを伸ばすことができます。

資金繰りが悪化し、買掛金の支払いが不可能になってしまった場合でもファクタリング会社が立て替えてくれるため、支払いを滞納してしまうして取引先との関係性が悪化してしまうことがありません。

またリバースファクタリングを利用して2ヶ月分支払いサイトを伸ばすことができれば、2ヶ月分の買掛金が手元に残ります。

結果的には2ヶ月分の買掛金の資金調達をしたことと同じ効果が得られます。

②早期の資金化&確実に買掛金を回収できる(受注企業)

リバースファクタリングには、発注企業側もメリットがあります。

まずファクタリング会社が売掛金を支払ってくれるため、早期に売掛金を資金化することができます。

また発注企業が一時的な支払い不能になってしまい、売掛金が支払われるかどうか不安な場合でもファクタリング会社から支払いが行われます。

そのため売掛金を確実に回収することができ、債権回収の手間が不要となります。

このようにリバースファクタリングには発注企業にも受注企業にもメリットがあるのです。

リバースファクタリングの利用がオススメな事業者・業種とは?

ドルマークの付いた袋とコイン

リバースファクタリングは

「支払いサイトが短く、買掛金額が大きい」

というケースほど有効に活用することができます。

例えば建設業界では、支払いサイトが30日~60日に設定されていることが一般的です。

また特殊な下請け構造から、場合によっては数百万円~数億円の買掛金を支払う必要があります。

そこで「リバースファクタリング」を利用すれば、支払いサイトを遅らせることなく実際の支払いを3ヶ月先に延ばす、ことが可能です。

またそれ以外に

  • 手元に資金がなく黒字倒産に陥りそうな企業
  • キャッシュフローに余裕を持たせたい事業者

といった方々にもリーバスファクタリングがお勧めです。

【関連記事】黒字倒産の回避ならファクタリングがベストの解決策

リバースファクタリングのデメリット・注意点

リバースファクタリングのデメリットと注意点

リバースファクタリングのデメリットや注意点として、取り扱い企業が少ないということが挙げられます。

リバースファクタリングで立て替える買掛金は数千万円単位の高額債権が一般的です。

そのため資金力に優れた企業でしか、リバースファクタリングを行うことができず、ファクタリング会社の選択余地は少ないと言えます。

リバースファクタリングが利用できるファクタリング会社・契約の流れ

リバースファクタリングが利用できる会社は、現状では「ビートレーディング」と「みずほファクター」の2社のみとなっています。

それぞれの特徴やリバースファクタリングの利用方法を詳しく解説して参ります。

①ビートレーディング

ファクタリング業界最大手で資金力に優れたファクタリング会社であるビートレーディングは「Beトレペイメント」という独自の買掛金先払いサービス(リバースファクタリング)を行なっています。

買掛金先払いサービス

ビートレーディングの利用方法は以下の通りです。

Beトレペイメントの仕組み
⑴下請け会社から製品・サービスの納入後、請求書が発行される
⑵下請け会社から支払いサイトの短縮を要求される
⑶ビートレーディングが請求金額を立て替え、下請け会社に先払い(入金まで約1~2日)
⑷後日、立て替えた請求金額をビートレーディングに支払い
Beトレペイメントを利用することで、取引先への支払いをビートレーディングに立て替えてもらうことが可能です。
ビートレペイメントの仕組み
加えてBeトレペイメントは金利負担・手数料一切ゼロで利用することができます。
ビートレーディング
ビートレーディング
ビートレーディングの特徴
ビートレーディングは全国に3店舗展開しており、これまでの成約件数延16,000件、累計買取額400億円を誇る大手ファクタリング会社です。
ご利用限度額 30万円~3億円
資金調達スピード 最短即日
手数料 2~9%(3社間):5~20%(2社間)※与信状況により異なる
取扱いファクタリング 2社間・3社間・診療報酬・介護報酬・Beトレイペイメント
ご利用対象者 法人・個人事業主
対応地域 全国対応可能
なお民間企業でリバースファクタリングが利用できるのは、現状ビートレーディング1社のみです。

②みずほファクター

みずほファクターはメガバンクみずほ銀行の子会社であるファクタリング会社です。

みずほファクターでは、電子記録債権(でんさい)を応用し、リバースファクタリングを行なっています。

でんさいについての詳しい解説は別記事をご参照ください。

みずほファクターのリバースファクタリングの流れは以下のとおりです。

みずほファクターの利用流れ

⑴発注企業からみずほファクターにリバースファクタリング依頼

⑵受注企業(下請け)がみずほファクターに債権の分割・買取依頼

⑶みずほファクターが受注企業の債権の買取り、受注企業へ入金

⑷発注企業は後日、みずほファクターへ支払い

なお、みずほファクターのリバースファクタリングをご利用するには、取引先もでんさいを利用していることが絶対条件です。

でんさいの普及率は非常に低く、また登録の際にはみずほ銀行の審査があります。

残念ながらみずほファクターのリバースファクタリングを利用することは現実的な選択肢ではありません。

まとめ

リバースファクタリングについての記事をまとめる様子リバースファクタリングを利用することで、買掛金の支払いサイトに余裕を持たせることが可能で、キャッシュフローを改善することができます。

発注企業・受注企業ともにメリットがあり、支払いサイトの短さや高額な買掛金の支払いにお困りの事業者の方にオススメのファクタリングです。

一方でリバースファクタリングが利用できるファクタリング会社は実質的に1社のみで、まだまだ認知度や利用率は低いという難点があります。

リバースファクタリングを装ったヤミ金業社や詐欺業社が登場することも考えられるので、リバースファクタリングをご利用の際にはご注意ください。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事