黒字倒産はファクタリングで回避!

黒字倒産とは帳簿上は黒字であるにも関わらず、倒産をしてしまう状態のことです。

多くの経営者が陥りがちである黒字倒産の危機を回避するためにも、ファクタリングを活用しましょう。

本記事では、黒字倒産とは何か、なぜ倒産をしてしまうのかといった基本的な情報からファクタリングを活用することのメリットやファクタリング以外の解決策を解説して参ります。

黒字倒産回避におすすめのファクタリング会社

黒字倒産の危機にある時にはスピード限度額が重要です。

そこで今回は入金スピードが早く、限度額が高い優良ファクタリング会社をピックアップしました。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
【限度額】30万円~500万円
【スピード】最短即日
【手数料】5%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
ベストファクター
ベストファクター
ベストファクターの特徴
【限度額】30万円~1億円
【スピード】最短即日
【手数料】2%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメントの特徴
【限度額】50万円~5,000万円
【スピード】最短即日
【手数料】3%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可

黒字倒産とは?

俯くビジネスマン

黒字倒産とは、損益計算書(PL)上で売り上げが原価を上回っているにも関わらず、手元の現金が足りず運転資金が不足して倒産してしまうことを言います。

黒字倒産をしてしまう理由

黒字倒産をしてしまう理由は、ファクタリングでもお馴染みの売掛金に原因があります。

BtoC取引では商品を販売するとすぐに支払いが行われますが、殆どのBtoB取引では後で支払いが行われる「掛売り」が用いられています。

掛売りでは、支払い時期が納品後の翌月や翌々月となるため、入金までに支払いサイトが生じるのです。

売掛債権の入金が行われるまでに、支払いが立て込み入金ができないと、利益を上げているにも関わらず倒産となってしまいます。

これが黒字倒産の仕組みです。

帳簿上は黒字なのに、しっかりとした会計が存在せず(主に中小企業)収入と支出を把握できていないと、黒字倒産が起こりやすくなってしまいます。

相手先の倒産によっても黒字倒産が起こり得る

先ほどは収入と支出を把握できずに黒字倒産をしてしまう例をあげました。

同様に売掛先が倒産してしまい売掛債権が入金されないケースでも黒字倒産は起こってしまいます。

売掛先が倒産しそうという前でも、ファクタリングによって売掛金を現金化することができます。

在庫過多によっても黒字倒産は起こり得る

在庫を仕入れすぎたという在庫過多によっても黒字倒産は起こり得ます。

在庫は帳簿上では資産となりますが、在庫を捌くことができないと現金にはなりません。

こちらのケースでも帳簿上は黒字であるにも関わらず、倒産してしまうことになります。

ファクタリングで黒字倒産を回避することができる!

マインドマップ

ファクタリングとは、売掛債権を早期に現金化することができるサービスです。

支払いサイトが長い売掛債権を有しており、その間に急な支払いに迫られてしまった場合にファクタリングを活用すれば、支払いのための現金を手にすることができます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットとしては即日融資が可能であること、借り入れではないため返済の必要がないといったことが挙げられます。

銀行融資や公的融資でもつなぎ資金を手にすることができますが、審査に時間がかかってしまうため間に合わない可能性があります。

また、経営状態によっては融資を受けることができないかもしれません。

ですがファクタリングは借入ではないため、厳しい審査がありません。

ファクタリングで審査に通過&手数料が安くなるコツとは?
ファクタリングの審査に落ちる原因とは?審査時に見られるポイント

そのため即日で資金調達することができ、黒字倒産を回避することができます。

加えて資金調達後に延々と利息と元本を返済する必要がないため、安心して資金調達が可能です。

以上のメリットから、ファクタリングは黒字倒産を免れるための救世主として多くの経営者から利用されています。

ファクタリング以外に黒字倒産を回避する方法(ファクタリングとの比較)

ドル通貨と紙幣

次にファクタリング以外に黒字倒産を回避するための資金調達法を見ていきたいと思います。
またファクタリングとの比較もしてましょう。

①金融機関からの融資

黒字倒産の危機にある時は、損益計算書(PL)上は黒字経営であるため、金融機関からの融資が受けやすいという側面があります。

したがってつなぎ資金として「日本政策金融公庫」や「信用金庫」から融資を受けて黒字倒産を回避することも可能です。
上記の金融機関は金利が安いのが特徴で、日本政策金融公庫の場合は中小企業経営力強化資金という制度を利用して、「担保不要」・「保証人不要」という条件かつ金利2%以下で融資を受けることができます。

ファクタリングの手数料は10%前後であるため、金利面だけで考えれば圧倒的に金融機関から融資を受けた方がいいでしょう。

しかしながら金融機関を利用するには審査があり、融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。

具体的には日本政策金融公庫の場合は約1ヶ月、信用金庫の場合は2カ月もの時間を要します。

また信用情報次第では、審査に落ちてしまうリスクもあります。

②事業者ローン

事業者ローンでもつなぎ融資を受けることができ、黒字倒産を回避することができます。

ですが事業者ローンも金融機関からの融資同様に審査があり、融資までに時間がかかってしまうのと審査落ちのリスクがあります。

加えて1000万円を超える借入は不可能となっています。

ファクタリングとの比較

最後に上記の「金融機関からの融資」と「事業者ローン」をファクタリングと比較してみましょう。

比較項目 ファクタリング ビジネスローン 金融機関の融資
審査 売掛債権の信用
(取引先との実績など)
審査あり
(審査落ちのリスクが高い)
審査あり
(審査落ちのリスクが高い)
手数料・金利 3~25% 6~18% 2~18%
資金調達スピード 早い:最短即日 普通:2日~1週間程度 遅い:1~2ヶ月
ご利用限度額 売掛金の80~97% 最大:1,000万円 会社の規模により異なる

比較してみれば分かる通り、金利(手数料)の面から言えば金融機関からの融資を受けられるのであれば受けるに越したことはないでしょう。

しかしながら事業者ローンと金融機関には審査があり、融資スピードが遅いという難点があります。

すぐに資金が必要という場合であればファクタリングを利用した方がいいでしょう。

まとめ

外を見つめるビジネスマン

黒字倒産の危機に陥らないためには帳簿上の資産ではなく、いくら会社に現金が確保されているのか、収入と支出のサイト・額を常に把握しておくことが重要です。

黒字経営の場合は気持ちも楽観的になりがちですが、常に黒字倒産の危機は頭の片隅に入れておきましょう。

なるべくなら陥りたくはないですが、黒字倒産の危機を迎えてしまった場合はファクタリングという選択肢があることを覚えておいて下さい。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事