まるか罰か

ファクタリングを利用するには、銀行系と民間系の企業、どちらとも利用することができます。

本記事では銀行系ファクタリングと民間系ファクタリングにそれぞれどのような違いがあるのか、メリットやデメリットを比較し解説して参りたいと思います。

ファクタリング利用企業で迷っている方は、ご参考にしてください。

銀行系ファクタリングとは?

choice

銀行系ファクタリングとは、銀行が提供しているファクタリングサービスのことです。

一方で銀行以外の企業が行なっているファクタリングサービスは、民間系・ノンバンク系と呼ばれます。

経済産業省が中小企業の資金調達法にファクタリングを推奨していることもあり、近年、都市銀行や地方銀行が続々とファクタリングサービスに乗り出しています。

具体的には、三菱UFJ銀行が提供する三菱UFJファクターや、みずほ銀行が提供するみずほファクターなどが挙げられます。

都市銀行では、群馬銀行やスルガ銀行、山梨銀行、山口銀行もファクタリングを提供しています。

銀行系ファクタリングは、一般的なファクタリングと同じ仕組みで、利用企業は銀行に売掛債権を売却し、経営に必要な資金を調達します。

国際送金など、国際系の繋がりが強い銀行では国際ファクタリングも提供しており、他には保証ファクタリングも利用することができます。

同じく銀行が提供する債権を使った資金調達法である「でんさい」とファクタリングとの違いは、別記事をご参照ください。

【関連記事】ファクタリングと電子記録債権(でんさい)の違い

銀行系ファクタリングの利用方法

銀行系ファクタリングを利用するには、ファクタリングサービスを提供している銀行に申し込みを行います。

申し込みを行うと、銀行が取引先の信用情報を調査し、買取限度額を設定します。

そして銀行が取引先へ債権譲渡通知を行い、債権譲渡が承諾された後、譲渡代金が利用企業へと支払われます。

その後、取引さは銀行へ直接、代金を支払います。

簡単に言ってしまえば、銀行系ファクタリングとは、3社間取引によるファクタリング契約です。

銀行系ファクタリングのメリットとは?

銀行系ファクタリングのメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 安全性が高い
  • 手数料が低い

順番にそれぞれ解説して参ります。

①安全性が高い

ファクタリングは利息制限法の適用外となることから、手数料を高く設定しても違法とはなりません。

そのため資金繰りに困った中小企業を喰い物にしようと、ヤミ金や詐欺グループが参入しやすい実情があります。

事実、悪徳ファクタリング会社に騙されて高い手数料を要求されたというケースは後を絶たず、金融庁がファクタリングの際には注意喚起を促しているほどです。

しかしながら銀行系ファクタリングは、「企業」としての信頼性は非常に高く、そのような悪徳業者である可能性はありません。

よって安心して利用することができます。

②手数料が低い

銀行ファクタリングでは、手数料が低い3社間取引によって行われます。

また厳しい審査を経て、実行されるため貸倒リスクが低く、そのため手数料が低いという特徴があります。

民間ファクタリング会社の手数料の相場は5%~30%程度と言われており、手数料面では銀行ファクタリングの方が優れています。

銀行系ファクタリングのデメリット

ひかるキューブ

銀行系ファクタリングにはデメリットも多く、実は中小企業の資金ニーズを満たしているとは言えません。

事実、ファクタリング利用時に銀行を利用する企業は少なく、多くの場合は民間系ファクタリング会社を利用しています。

次に銀行系ファクタリングのデメリットについて、見ていきましょう。

①3社間取引のみ、2社間取引には対応していない

銀行系ファクタリングの利用方法の解説文中にもあったように、銀行ファクタリングは3社間取引のみで、2社間取引には対応していません。

理由としては、2社間取引ですと貸倒となるリスクが高いからです。

また貸付に近い2社間取引は、利息制限法が適用される可能性があり、法律が未整備なため銀行は慎重にならざるを得ません。

そのため売掛先を交え、売掛先から直接代金を回収できる3社間取引しか銀行は取り扱っていないのです。

3社間取引では、取引先から債権譲渡の承諾を得る必要があります。

必然的に、取引先に「資金繰りが悪化している」ということがバレてしまいます。

それにより取引先からの信用を失ってしまう可能性もあり、最悪の場合は取引停止となってしまう恐れもあります。

②売掛債権の種類に制限がある

銀行ファクタリングでは、債権回収の可能性が高い売掛債権しか取り扱いされていない場合があります。

そのため売掛先が国保・健保である診療報酬債権のみしかファクタリングできない、というケースも想定されます。

③買取可能な債権額が高い

銀行ファクタリングでは、買取可能とする売掛債権に下限を設けていることがほとんどです。

例えば、買取可能な売掛債権は1000万円から〜と設定している銀行も存在します。

ファクタリングの利用を希望する中小企業が有している売掛債権は数十万円から数百万円といった少額債権がほとんどです。

そのため少額債権をファクタリングしたい場合は、銀行では不可能でしょうし、中小企業の場合ですと利用しづらい側面があります。

④審査がある

銀行ファクタリングでは、売掛先の信用情報に加えて、利用企業の信用情報も厳しく審査されます。

融資時の審査に比べれば、いくらか緩いとは言え、業績によっては利用を断れてしまうこともあり得ます。

⑤信用力が低くなる

ファクタリングは、融資が利用できない企業が利用する資金調達方法です。

そのためファクタリングを利用すると、資金繰りに困っていると銀行の融資担当者に判断されてしまいます。

結果的に信用力が低くなり、その後の融資審査などに悪影響があると考えられます。

民間系ファクタリングのメリットは?|銀行と比較

赤いクエスチョンマーク

ファクタリングを利用するには、銀行系ファクタリング会社だけでなく民間系のファクタリング会社も利用することができます。

銀行系ファクタリングと比較して、民間系ファクタリング会社にはどのようなメリットがあるのかを次に解説して参ります。

①取引先にバレない

民間系ファクタリング会社では、取引先に債権譲渡通知を行わない2社間取引にも対応しています。

そのため取引先にバレることなく、ファクタリングを実行することができます。

銀行系ファクタリングでは、取引先から信用を失い取引中止になる可能性がありましたが、民間系ファクタリング会社ではその心配がありません。

もちろん、民間系ファクタリングでも3社間取引を利用することは可能です。

②審査が緩い(ほぼない)

民間系ファクタリングでは、利用に即した審査がほぼありません。

重視されるのは、取引先の信用情報です。

そのため赤字決算、債務超過、税金滞納などで信用情報が低い企業でも、問題なく利用することができます。

③即日調達が可能!

民間ファクタリングは前述の通り、審査がほぼありません。

そのためファクタリング実行までの時間が早く、最短即日で資金調達をすることも可能です。

急場の支出に負われている際には、融資などよりも遥かに適した資金調達法です。

【関連記事】即日でファクタリングが可能な仕組みと利用方法を解説

④銀行からの信用が上がる!

銀行ファクタリングを利用すると、銀行からの信用が下がってしまうことは先ほどお話しした通りです。

しかしながら民間系ファクタリングを利用すると、反対に銀行からの信用が上がります。

なぜかと言うと、ファクタリングは売掛債権を売却するため、BS(貸借対照表)上の売掛債権がなくなります。

しかしながら総資産額は変わりませんので、結果として純資産利益率が向上するのです。

結果的に、経営指標が改善し銀行からの信用が上がると期待できます。

企業価値が上昇し、融資を受ける際にも有利に働くでしょう。

【関連記事】ファクタリングでオフバランス化が可能?仕訳方法を解説

民間系ファクタリングのデメリット|銀行との比較

possible

民間系ファクタリングには、デメリットも少なからず存在します。

次に解説して参ります。

①手数料が高い

民間系ファクタリングの、特に2社間取引は手数料が高いというデメリットがあります。

理由としては、貸倒リスクが高いからであり、2社間ファクタリングの場合、手数料は10%~30%程度が相場です。

銀行系ファクタリングに比べると、明らかに手数料が高く、手数料の分、経営は逼迫されてしまいます。

②悪徳業者が存在する

冒頭でも述べましたが、ファクタリング業界は闇金や詐欺グループが参入しやすく、悪徳業者が少なからず存在します。

悪徳業者を利用してしまうと、手数料を不当に高く取られてしまいます。

ファクタリングは貸付ではなく、利息制限法の適用外です。

そのため不当な手数料も、合法となってしまいます。

くれぐれも、ファクタリング業者を選ぶ際には注意してください。

【関連記事】ファクタリング手数料の相場と内訳を分かりやすく解説

まとめ|資金ニーズに合わせてファクタリング会社を選ぼう

ガジェットが載っている机

近年、成長著しいファクタリング業界には民間だけでなく銀行も参入しています。

ただ銀行ファクタリングにはデメリットも多くあり、資金調達が必要な中小企業のニーズを必ずしも汲み取れていないのが現状です。

銀行ファクタリングと民間ファクタリング、どちらを利用するかは利用者の自由ですが、それでも資金ニーズに合わせて選ぶのがいいでしょう。

具体的には、低い手数料で安全にファクタリングを実行したいのであれば銀行ファクタリング、

即日調達や取引先との関係性を重視するのであれば、民間ファクタリングを選択するのがいいでしょう。

また民間ファクタリングでも安全にファクタリングを実行したいのであれば、下記でご紹介する優良ファクタリング業者をご参考にしてください。

おすすめのファクタリング会社ランキング

総合的におすすめのファクタリング会社を比較いたしました。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
以前「アクセルファクター」は小口のファクタリング利用者をターゲットにし、最適なサービスを行なっていた評判のファクタリング会社でしたがご利用限度額の上限を大幅に改善し、大口の売掛金にも対応可能となりました。また、審査通過割合も93%と非常に高く、幅広い顧客層に支持を得ているファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~3000万円
資金調達スピード 最短即日
手数料 2%~20%
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬・介護報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構の特徴
日本中小企業金融サポート機構は独自サービスである「郵送ファクタリング」による迅速な対応と一般社団法人という信頼性を併せ持つファクタリング会社です。名前の通り、中小企業を主な利用ターゲットとしており、中小企業の目線に立ったサービスを行なっています。
ご利用限度額 上限無制限
資金調達スピード 最短即日
手数料 1~9%(3社間):10~15%(2社間)
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主
対応地域 全国対応可能
ウィット
ウィット
ウィットの特徴
ウィットはファクタリング業界初となる、小口債権と中小企業専門のファクタリング会社です。そのため他社で利用を断られてしまった方や来店する手間がないという経営者の方にピッタリのファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~500万円
資金調達スピード 最短2時間~即日
手数料 5%~(3社間・2社間)※与信状況により異なる
取扱うファクタリング 2社間・3社間
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能
人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事