後払いアプリのおすすめ現金化業者をご紹介

後払い決済アプリを活用した現金化方法では、クレジットカードをお持ちでない方でも審査なしで現金を調達することが可能です。

数ある現金化業者の中から独自調査を行い厳選した、おすすめの最新店舗のみをご紹介いたします。

後払いアプリ現金化の最新情報

現在、最新情報はございません。

個人で利用可能な現金化サービス一覧

個人の方でもご利用可能な即日で現金化が出来るサービスをご紹介いたします。

先払い買取サービスについての解説ページ

Amazonギフト券買取についての解説ページ

以下の現金化業者では、後払いアプリの現金化事業を専門に行っている会社です。

各業者へのヒアリングした結果を元に、特徴や口コミ評判などもあわせて詳しく解説をいたします。

※順次、ランキング形式での掲載を行っていきます。

即日アリアちゃん

即日アリアちゃん
即日アリアちゃんの特徴
⭐️最短10分で入金
⭐️現金化方法が豊富
⭐️審査なしでご利用可能
⭐️安心の運営会社
ご利用可能額1,000円~上限なし
換金率84%~90%
入金スピード最短10分
在籍確認の有無無し
営業時間7時~22時(年中無休)

アイペイ

アイペイ
アイペイの特徴
⭐️最短5分のスピード入金
⭐️お得なキャンペーン実施中
⭐️業界トップレベルの換金率
⭐️創業13年の実績
ご利用可能額30,000円~無制限
換金率82%~99.2%
入金スピード最短5分
在籍確認の有無無し
営業時間9時~19時(年中無休)

ギフトキャッシュ

ギフトキャッシュ
ギフトキャッシュの特徴
⭐️来店不要で利用可能
⭐️審査なし
⭐️法人もご利用できる
⭐️金融ブラック利用可
利用可能金額30,000円~無制限
換金率82%~98%
入金スピード最短10分
在籍確認の有無無し
営業時間9時~23時(年中無休)

後払い決済アプリとは?

後払いアプリについての解説

後払い決済アプリとは、簡単に言えば「買い物やサービスの利用代金をアプリなどで支払い、代金は後で請求する」という方法です。

クレジットカードと基本的には同じですが、後払い決済アプリはクレジットカードよりも比較的簡単に利用することができます。

後払い決済アプリの仕組みと種類を解説

後払い決済アプリのご利用方法は大きく分けて次の3つの方法が存在します。

後払い決済アプリの種類
  • 後払いアプリ(プリペイドカード)
  • 携帯キャリア決済
  • 後払い決済サービス

それぞれ、ご利用方法やお金を支払うタイミングなどが異なるので、まずは後払い決済アプリの3つの違いについて詳しく理解しておきましょう。

後払いアプリ(プリペイドカード)

後払いアプリとは、スマホをお持ちの方であればどなたでも発行することができるアプリ型のVisaプリペイドカードとなります。

クレジットカードをお持ちでない方でも、後払いアプリの残高へ事前にチャージすることでクレジットカードと同様にネットショッピングなどを行うことが可能です。

また「後払いチャージ機能(※サービス提供会社によって名称は異なります)」というサービスを利用することで、アプリ内の残高へチャージした金額を翌月に後払いで支払うことができる便利な機能も存在します。

クレジットカードの審査が通らない方でも、後払いアプリのプリペイドカードであれば審査なしで誰でも登録することができるのが最大の特徴です。

携帯キャリア決済

携帯キャリア各社(ドコモ・ソフトバンク・au)と回線契約をしているユーザーには、特定のECサイトなどで買い物をすることができる「キャリア決済機能」をご利用することができます。

キャリア決済で使用した金額は、毎月の携帯電話料金と一緒に請求されるのでまとめてお支払いすることが可能です。

但し、携帯キャリア各社によるご利用代金の立替えが発生するので信用情報や過去の支払いに問題がある人は、利用審査に通過できない可能性もあります。

後払い決済サービス

対象のECサイト内で買い物をした購入代金の支払いをコンビニ払いや口座振替などで後払いにすることができるサービスです。

現金やクレジットカード、アプリ内に残高をチャージする必要も無いのが特徴です。

しかし、後払い決済サービスを導入しているネットショップでしかご利用することができないというデメリットもあります。

この方法に関しても、後払い決済サービスを運営している会社による購入代金の立替えが発生するので、お申込みの都度審査が行われ信用上の問題がある人はご利用審査に通過することができないこともあります。

後払いアプリ(プリペイドカード)の種類をご紹介

数ある「後払い決済アプリ」の中から、支払いを後払いで行える「後払いチャージ」の機能を備えたサービスをご紹介いたします。

VANDLE CARD(バンドルカード)

VANDLECARD(バンドルカード)の公式サイト

バンドルカードは誰でも発行することが可能なVisaに加盟したプリペイドカードとなります。

アプリから登録を行えば、ネットショッピングなどでご利用できるバーチャルカードが約1分で作成可能です。

また、リアルカード(実物のカード)には、本人確認の手続きが不要で発行できる「バンドルカード リアル」と、海外でも利用することが可能な「バンドルカード リアル+(プラス)」の2種類があります。

さらに後払いチャージ機能の「ポチっとチャージ」をご利用すれば、3,000円~50,000円までの金額をバンドルカードの利用可能残高をチャージすることができる、大変便利な後払いアプリの一つです。

ポチっとチャージのご利用条件

バンドルカードの後払いチャージ機能である「ポチっとチャージ」のご利用条件や手数料についてまとめたものを以下の表でご案内いたします。

ポチっとチャージのご利用枠3,000円~50,000円(上限額)
本人確認(審査方法)SMSによる承認
チャージ額と手数料3,000円~10,000円(手数料:510円)
11,000円~20,000円(手数料:815円)
21,000円~30,000円(手数料:1,170円)
31,000円~40,000円(手数料:1,525円)
41,000円~50,000円(手数料:1,830円)
お支払い方法コンビニ・セブン銀行ATM・ネット銀行・ペイジー
お支払い期限翌月末までにお支払い

「ポチっとチャージ」の上限額以内であれば、同月内に何度でもご利用することが可能です。

但し、月をまたいでのご利用はできませんのでご注意ください。

※月ごとに利用料金が計算されますので、その月に利用した金額を精算してからでないと翌月に「ポチっとチャージ」をご利用することはできません。

Paidy(ペイディ)

paidy(ペイディ)の公式サイト

Paidy(ペイディ)が提供している、あと払いペイディとはメールアドレスと携帯電話番号だけあれば、審査なしで利用できるオンライン決済サービスです。

Amazon・Rakutenラクマ・DMM.com・ビックカメラなどの加盟店でのご利用が可能で、利用方法は支払い方法であと払いペイディを選択してメールアドレスと携帯電話番号を入力後にSMSで送信された認証コードを入力したら完了です。

  • あと払いペイディとは、ペイディに加盟しているオンラインショップで買い物ができて、購入代金を翌月にまとめて精算できる後払いサービスです。
  • ペイディプラスとは、Visa加盟店のオンラインショップと実店舗でのスマホ決済ができて、購入代金を翌月より最大3回まで分割払いができるサービスです。

あと払いペイディ・ペイディプラスのご利用条件

Paidy(ペイディ)の後払い決済方法の、あと払いペイディのご利用条件やサービスの種類に手数料についてまとめたものを以下の表でご案内いたします。

比較条件あと払いペイディペイディプラス
ご利用可能枠ご利用状況と実績によって決定
本人確認(審査)SMSによる承認SMSと本人確認による承認
ご利用できる店舗ペイディの支払いに対応したオンラインショップVisa加盟店(実店舗・オンラインショップ)
手数料コンビニ払い:356円 銀行振込:銀行によって異なる
お支払い方法コンビニ払い・銀行振込・口座振替
お支払い回数一括払い一括払い・3回払い
お支払い期限翌月10日翌月10日(3回払いも毎月10日)

利用できる店舗が限られていますが、審査も時間もかからず利用方法が簡単なペイディなので携帯操作に不慣れな方も使いやすいアプリでしょう。

身分証を送るだけで限度額が上がりやすくなり、利用方法の幅も広がるペイディプラスにグレードアップできるので是非アップグレードしておきましょう。

BANKIT(バンキット)

BANKIT(バンキット)の公式サイト

BANKIT(バンキット)は、入会金や年会費が無料で作れるアプリ型のVisaプリペイドカードの提供を行っています。

クレジットカードをお持ちでない方でも、ネットショッピングの決済などにご利用いただくことが可能です。

銀行振込によるチャージの他に、「おたすけチャージ」という後払いチャージ機能にも対応しています。

ワンランク上の「おたすけチャージ+(プラス)」では、クレジットカードと同じようにATMから出金することができるキャッシング機能などが追加されます。

おたすけチャージのご利用条件

以下では、BANKIT(バンキット)が提供する「おたすけチャージ」のご利用条件などについてご案内をいたします。

項目おたすけチャージおたすけチャージ+(プラス)
ご利用可能金額3,000円・6,000円キャッシング:10万円
ショッピング:50万円
本人確認(審査方法)審査あり(身分証明書2点)
手数料1回:300円キャッシング(年利:18%)
ショッピング(年利:10.76%~13.27%)
ATM出金不可キャッシングのみ可能
ショッピングご利用可能
お支払い方法メインWalletから引落銀行口座引落
お支払い期限翌月末翌月27日(リボ払い可)

「おたすけチャージ+(プラス)」のサービスには、基本的にクレジットカードと同等の役割を果たす機能が備わっています。

一方「おたすけチャージ」では、運営会社の株式会社アプラスがBANKIT(バンキット)のご利用実績を元に判断している様です。

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)は審査不要・書類提出不要で誰でも発行できるVisaに加盟したプリペイドカードです。

メールアドレスと携帯電話番号だけでアプリから「Kyash Card Virtual」というオンライン・QUICPay+で使えるバーチャルカードが1分で発行できます。

また、国内のVisa加盟店・海外のオンラインVisa加盟店で使えるリアルカード(実物のカード)も本人確認不要で誰でも簡単に申込みが可能な「Kyash Card Lite」もあります。

さらにKyashが提供する、後払いタイプの入金方法の「イマすぐ入金」を利用すれば、3,000円~50,000円までの金額を数タップですぐにアカウントに入金できて、翌月末までに入金した分を後払いにできる、利便性に長けたアプリの一つです。

イマすぐ入金のご利用条件

Kyash(キャッシュの)後払い入金タイプの「イマすぐ入金」のご利用条件や手数料についてまとめたものを以下の表でご案内いたします。

イマすぐ入金のご利用枠3,000円~50,000円(上限額)
本人確認(審査方法)SMSによる承認
チャージ額と手数料3,000円~10,000円(手数料:500円)
11,000円~20,000円(手数料:800円)
21,000円~30,000円(手数料:1,150円)
31,000円~40,000円(手数料:1,500円)
41,000円~50,000円(手数料:1,800円)
お支払方法所定のコンビニエンスストア
ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート
お支払い期限翌月末までにお支払い

「イマすぐ入金」の入金額は利用状況に応じて即時に算出されます。

手数料は1回ごとに加算され、翌月末に入金額と合わせて支払うので少額を何度も入金するよりは、1回でまとめて入金した方が手数料は安くなります。

ultra pay(ウルトラペイ)

ultra pay(ウルトラペイ)

ultra pay(ウルトラペイは)審査なしで誰でも発行できるプリペイド式Visaカードです。

アプリ内から登録を行うとオンラインのVisa加盟店で使えるでじなカードがすぐに発行されます。

ultra pay(ウルトラペイ)のカードの種類

カードの種類は3種類あります。以下の表でご案内いたします。

カードの名称でじなカードそとなカードそとなカード+
カードの種類バーチャルカードリアルカード
ご利用できる店舗Visa加盟店
オンラインショップ(国内)
Visa加盟店
実店舗(国内)
オンラインショップ(国内・海外)
Visa加盟店
実店舗(国内・海外)
オンラインショップ(国内・海外)
本人確認(審査)なしなし必要
カード発行手数料なし300円500円
チャージ上限金額1回のチャージ上限額:3万円
月間チャージ上限額:12万円
月間チャージ上限額:200万円
チャージ方法セブン銀行ATM
コンビニ(※一部の店舗ではご利用できません)
ペイジー
ultra payギフト
左記に加えて「こんど払い」が利用可能

「そとなカード+」を発行すれば、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供している、「こんど払い」という立替払い決済サービスを利用することができます。

「こんど払い」を利用してチャージをすれば、GMOが立替てくれるので支払いを翌月末まで延ばすことができます。

こんど払い(byGMO)のご利用条件

ultra pay(ウルトラペイ)の後払いチャージ機能「こんど払い」のご利用条件や手数料についてまとめたものを以下の表でご案内いたします。

こんど払い(byGMO)のご利用枠初回は2000円(利用実績などで変動)上限なし
本人確認(審査方法)SMSによる承認
手数料初回利用2000円(手数料:100円)
1ヶ月5万円未満(手数料:330円)
1ヶ月5万円以上(手数料:660円)
お支払い方法利用の翌月1日に届いたメールに記載されている所定のコンビニにて支払い

  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • セイコーマート
お支払い期限翌月末までにお支払い

こんど払いはチャージ申請金額に対する手数料を引いた金額が入金されますが、チャージの度にかかるものではなく1ヶ月のご利用に対しての手数料計算となります。

月に複数回のご利用があっても、手数料は一律上記の表に記載されている通りです。

メルペイ

メルペイの公式サイト

メルペイは株式会社メルペイが提供している、メルカリアプリを使ったスマホ決済サービスです。

アプリ内の「アプリでかんたん本人確認」を完了させれば審査なしで、iD/ApplePay決済に対応のお店・メルペイコード決済に対応のお店・メルペイ支払い対応のネットショップで利用することができます。

また、メルペイには「メルペイスマート払い」と「メルペイスマートマネー」という2種類の後払いサービスがあります。

  • メルペイスマート払いとは、メルカリショップ内での購入代金を翌月にまとめて精算できる後払いサービスです。
  • メルペイスマートマネーとは、株式会社メルペイからお金を借りて、翌月からお客様が選択した支払い方法で返済をしていくサービスです。

メルペイのご利用条件

「メルペイスマート払い」と「メルペイスマートマネー」のご利用条件や手数料などを以下の表でご案内いたします。

サービスの種類メルペイスマート払いメルペイスマートマネー
ご利用可能金額100円~20万円(上限額)1,000円~20万円(上限額)
本人確認「アプリでかんたん本人確認」より登録可能
(※顔写真撮影と本人確認書類の提出)
審査方法AIによるメルカリのご利用実績で審査左記に加えて、年収や借入額を審査
ご利用用途メルカリの商品購入メルカリの商品購入、及びメルペイへのチャージ
手数料無料(ATM/コンビニ取引の場合:220円~880円)年利:3%~15%の利息
お支払い方法口座振替
チャージして支払い
コンビニ/ATMで支払い
口座振替
お支払い期限翌月末毎月:11日・16日・26日から選んだ日に口座振替

メルペイスマート払いとメルペイの大きな違いは契約方式の違いで、適用される法律が変わります。

  • メルペイスマート払いはメルカリのショップ内のみでの買い物になるので割賦販売法となります。
  • メルペイスマートマネーは株式会社メルカリより電子マネーでお金を借りて、メルペイにチャージをして商品の購入やスマホ決済を行えるので貸金業法となります。

メルペイスマート払いは独自の審査基準で審査ができるので、メルカリの利用実績のみで金額が決まります。

メルカリでの利用実績が良いと限度額のアップも比較的かんたんとの声もよく見られました。

メルペイスマートマネーは20万円までの少額融資で審査基準も比較的緩く、利用実績が良いと優遇してもらえるとの評判もありました。

しかし貸金業法の総量規制で年収の3割が利用限度額となるので、他で借り入れしてる金額があるとその分、利用できる限度額は下がります。

借入が少ない方は利用用途の幅が広いメルペイスマートマネーがおすすめですが、借入がある方は審査基準の低いメルペイスマート払いを利用するのがおすすめでしょう。

B/43(ビーヨンサン)

B/43(ビーヨンサン)の公式サイト

B/43(ビーヨンサン)は審査不要で誰でも発行できるVisaに加盟したプリペイドカードです。

アプリから必要事項を入力して、顔写真撮影・本人確認書類を提出すればVisaプリペイドカードが届きます。

B/43(ビーヨンサン)は家計簿プリペイドカードのアプリなので、このカードを利用すると支出がアプリに記録されるので簡単に家計簿をつけることができます。

さらにB/43(ビーヨンサン)が提供している、後払いタイプの入金方法「あとばらいチャージ」を利用すれば3,000円~50,000円まで即チャージができて、チャージ分の支払いは翌月末までにすればいいので、急な出費にも対応できる便利なサービスです。

あとばらいチャージのご利用方法

B/43(ビーヨンサン)の後払いチャージタイプのご利用条件や手数料についてまとめたものを以下の表でご案内いたします。

あとばらいチャージ ご利用枠3,000円~50,000円(上限)
本人確認(審査)SMSによる承認
顔写真・本人確認書類の撮影
チャージ額と手数料3,000~10,000円(手数料:500円)
11,000円~20,000円(手数料:800円)
21,000円~30,000円(手数料:1,150円)
31,000円~40,000円(手数料:1,500円)
41,000円~50,000円(手数料:1,800円)
お支払方法コンビニエンスストアでお支払い
お支払い期限翌月末までにお支払い

B/43カードが利用できるお店と利用できないお店がありますので以下の表でご案内いたします。

B/43(ビーヨンサン)ご利用できるお店
  • Visa加盟店の国内・海外の実店舗(※ICカード専用の機械では使えません)
  • Visa加盟店の国内・海外のオンラインショップ(※3Dセキュア本人認証が必要なウェブサイトは使えません)
B/43(ビーヨンサン)ご利用できないお店
  • Visa加盟店でないお店
  • 自動更新手続きが発生する定期購読などの支払い(※公共料金・携帯電話料金・プロバイダー料など
  • カードを通したあとに金額が決まるお店(※ホテルや旅館・ガソリンスタンドなど)
  • 電子マネーや他社のプリペイドカードへの入金
  • オフライン方式決済のお店(※高速道路料金・飛行機の機内販売など)
  • 金融商品の決済にかかるお取引(※株式/外貨/仮想通貨の購入・投資信託など)

B/43(ビーヨンサン)が提供している、「あとばらいチャージ」の上限金額は利用状況によりアップしていきます。

手数料は利用金額から引かれるわけではないので、翌月に支払うのは(利用金額+手数料)となります。

翌月末までに支払わないと、利用状況の信用が落ち延滞金が加算されるのでご注意ください。

B/43(ビーヨンサン)は家計簿アプリですから、あとばらいチャージの支払い金額もわかりやすく表示されているので、支払う金額が計算とズレるなど間違いや支払い忘れを起こさず、お客さまが安心して利用できるサービスです。

プリペイドカードと支出管理サービスがセットになった便利で新しいサービスです。

PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)の公式サイト

PayPay(ペイペイ)は審査不要で誰でも利用できる、スマホを使ったキャッシュレス決済アプリです。

アプリをダウンロードして電話番号とパスワードを入力し、SMSメッセージで受信した認証コードを入力したら登録完了です。

残高にチャージしておくことによってPayPay加盟店で実店舗決済やオンライン決済ができます。

PayPayへチャージする方法
  • 銀行口座から引落し
  • 現金でチャージ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)
  • PayPayカード
  • まとめて支払い(ソフトバンク・ワイモバイル)
  • ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

上記に加えて、お申し込みをして審査が通ると「PayPayあと払い」という後払いチャージ方法を追加することができます。

後払いチャージとは、事前にチャージする必要がなく、利用した金額のお支払いを翌月27日まで後払いにすることができます。

PayPayあと払いの登録が完了すると、アプリ内にJCBブランドがついたPayPayバーチャルカードが自動で発行されます。

このバーチャルカードを利用すれば、JCB加盟店のオンラインショップでショッピングすることができるようになります。

続いて、PayPayあと払いのご利用条件を紹介していきます。

「PayPayあと払い」のご利用条件

PayPay(ペイペイ)の後払いチャージタイプの「PayPayあと払い」のご利用条件や手数料についてまとめたものを以下の表でご案内いたします。

ご利用限度額審査により決定(上限非公開)
ご利用上限額24時間で50万円まで
30日で200万円まで
本人確認(審査方法)SMSによる認証
申込み情報の入力
クレジットカードの審査
手数料翌月一括払い:300円(2022年2月1日以降に新規登録した方は無料)
※2022年2月1日以降に新規登録した方は実質年率18.0%のリボ払いにもできます。
お支払方法指定口座より自動引落し
お支払い期限翌月27日(土日祝の場合は翌営業日)
対象者18歳以上(高校生を除く)

PayPayあと払いを利用してお買い物やお支払いをすれば、PayPayポイントのボーナス付与やキャンペーンの特典などもついてくるのでかなりお得です。

お支払方法は翌月一括払いだけでしたが、2022年2月1日より利用後のリボ払いへの変更も可能となりました。

利用月の翌月に300円の手数料が発生しますが、2022年2月1日以降に新規登録をした方は一律無料となり、これから使おうとお考えの方にはよりお得なサービスとなりました。

「PayPayあと払い(一括のみ)」から「PayPayあと払い(手数料無料・リボ払い追加)」に変更したい場合は、アプリから再度申し込みをして審査に通ると変更することができます。

PayPayカードの種類

PayPayあと払いを登録すると、オンラインショップで利用なバーチャルカードが自動的に発行されます。

お申し込みをすればプラスチック製のリアルカード(実物のカード)も発行できます。

利用できるお店や、利用特典の違いを以下の表でご案内いたします。

カードの種類バーチャルカードリアルカード
カードブランドJCBのみJCB・Visa・Master
ご利用可能な決済オンライン決済オンライン決済
実店舗決済
カード発行の時期入会後に即時発行入会後、約1週間で郵送
手数料翌月一括払い:無料
分割払い:実質年利12.09%~
リボ払い:実質年利18.00%
締め日毎月末日
お支払い日翌月27日(土日祝の場合は翌営業日)
お支払い方法指定した銀行口座より引落し
発行手数料・年会費永年無料
カード利用特典+1%のPayPayボーナス
入会特典なし最大1万円相当のPayPayボーナス

PayPay(ペイペイ)でご利用できるサービスは、アプリを見るだけですぐに確認することができて、そのまま申込することができます。

PayPayアプリはyahoo・ソフトバンク・LINE Payとサービスの連携を始めてサービスの拡大を進めています。

今後使えるお店もYahoo!ショッピングやPayPayモールなどに加え、その他オンライン加盟店の支払いに対応していく予定と発表もしていますので、利便性の幅がこれからかなり広がっていくアプリで、更なる発展が期待されるサービスですね。

後払い決済アプリのメリットをご紹介

後払い決済アプリのメリットについて

後払い決済アプリには次の3つのメリットがあります。

後払い決済アプリのメリット
  • 審査が緩い
  • 実店舗でもご利用できる
  • 現金やクレジットカードがなくてもご利用可能

クレジットカードなどよりも簡単に利用することができ審査も緩いのが特徴です。

後払い決済アプリの3つのメリットについて詳しく解説していきます。

審査が緩い

後払い決済アプリでは、決済代行会社や携帯キャリアによる立て替えが発生するので審査が行われます。

しかし、審査はクレジットカードのように厳格なものではないことが一般的で、「一定の収入があれば審査に通過できる」などの緩い基準になっていることがほとんどです。

信用情報に問題があるなどの理由でクレジットカード審査に通過できない人でも、後払い決済アプリであれば審査に通過できる可能性があります。

実店舗でも利用できる

後払い決済アプリは実店舗でも利用することができます。

ネットショッピングで後払いできる「NP後払い」などは、実店舗では利用できません。

しかしアプリ型の後払い方式であれば、アプリに対応している実店舗で支払いをすることもできます。

オンライン専用の支払い方法よりも実店舗での利便性が高いという点も後払い決済アプリのメリットです。

現金やクレジットカードがなくても利用可能

現金やクレジットカードを持っていない人でも、後払い決済アプリであれば、ネットや実店舗で利用することができます。

事前チャージ型の後払いアプリ(プリペイドカード)などは、基本的に残高にチャージするためのクレジットカードや現金が手元にない限りは利用することができません。

しかし、各社が提供を行う「後払いチャージ機能」を使用することで、チャージ代金を後払いに設定して通常通りにご利用することが可能です。

後払い決済アプリを利用するデメリット

後払い決済アプリのデメリット

後払い決済アプリはクレジットカードを作ることができない人でも保有することができますが、次の3点はデメリットです。

後払い決済アプリのデメリット
  • 利用可能額が低い
  • 手数料がかかることが多い
  • 利用できる店舗が少ない

後払い決済アプリの3つのデメリットについて詳しく解説していきます。

利用可能額が低い

後払い決済アプリは総じて利用可能額が低いというのがデメリットです。

限度額はこれまでの利用状況や本人の年齢や職業などによっても異なるものの、基本的には10万円程度が限度です。

また、信用度が低い契約当初は1万円〜2万円程度しか利用できないことも珍しくありません。

支払いたいものの金額によっては、後払い決済アプリでは対応できないというケースもよくあるので、利用可能額が低すぎて利便性が悪いというのは限度額が比較的大きいクレジットカードなどと比較した場合のデメリットです。

手数料がかかることが多い

後払い決済アプリは手数料がかかることが一般的です。

決済代行会社は代金を立て替えて手数料を徴収することによって利益を得ているためです。

手数料はアプリによって異なりますが、消費者金融のカードローンでお金を借りたり、クレジットカードの分割払いで支払った方が安くなることも珍しくありません。

後払い決済アプリについて「クレジットカードではないのでコストがかからない」と思っている人も多いですが、実際には高額な手数料が必要になることが多いので使いすぎには注意しなければなりません。

利用できる店舗が少ない

後払い決済アプリは利用できる店舗が少ないのも大きなデメリットです。

クレジットカードやQRコード決済が、多くの店舗で使えることと比較すると、後払い決済アプリが使用できる店舗はかなり限られています。

例えば、ファミリーマートが提供している決済アプリのファミペイが使えるのはコンビニではファミリーマートとミニストップのみです。

このように、後払い決済アプリの中には「特定の店舗のみでの使用」を前提としたものも多いので、クレジットカードのようなどこでも使える汎用性という点では明らかに劣ってしまいます。

どこでも使える普段使いの支払い方法にはなり得ないのは後払い決済アプリのデメリットです。

後払い決済アプリで現金化をする方法

後払いアプリで現金化をする方法

後払い決済アプリで現金化をする方法は次の通りです。

後払い決済アプリで現金化をする方法
  • 後払いアプリ現金化の専門業者へ依頼する
  • 換金率が高いものを購入して売却する

ここでは後払い決済アプリを利用して現金化する方法について解説していきます。

後払いアプリ現金化の専門業者へ依頼する

後払い決済アプリの現金化サービスを取り扱う専門業者では、様々な後払いアプリを現金化する方法に精通しているので、自分で現金化をする方法や手順がわからない方でも安心して相談することができます。

後払い決済アプリの需要拡大に伴い、現金化をサポートする専門業者も増加傾向にある今注目の現金化サービスとなります。

換金率が良いものを購入して売却する

Amazonギフト券などの電子ギフト券や金券類を購入することができる様であれば、その商品をギフト券の買取業者などに売却することにより、即日で現金調達をすることが可能です。

また、品薄なゲーム機や電化製品なども高値で売却することができますが、常に買取相場が変動しますので注意が必要です。

後払い決済アプリについての情報まとめ

後払い決済アプリの情報まとめ

後払い決済アプリとは、アプリ内にチャージした限度額の範囲で商品購入などの決済をすることができる大変便利なアプリです。

各社が提供する「後払いチャージ機能」をご利用すれば、現金やクレジットカードをお持ちでない方でも審査なしで一定の金額をチャージすることが可能となります。

後払いチャージしたご利用代金の支払いは翌月になりますので、手持ちのお金が少ない時には非常に助かるサービスの一つです。

また、後払い決済アプリで購入した商品を売却したり、専門の現金化業者へ依頼することで現金化をすることも可能です。

後払い決済アプリは手元に現金やクレジットカードがない人でも使える支払手段ですが、使いすぎてしまうリスクがあることも間違いありません。

クレジットカードと同じように考えて、くれぐれも使いすぎには注意しましょう。

後払いアプリで即日現金化する方法と最新のおすすめ業者ランキングを紹介の記事一覧