診療機関での会議

ファクタリングには、通常の一括ファクタリングのほかに「医療(診療報酬)ファクタリング」もあります。近年、利用率が増加している医療ファクタリングですが、「医療ファクタリングって?一括ファクタリングとどう違う?」と、疑問に持たれている方も少なくないでしょう。そこで、本記事では「医療ファクタリング」について解説しつつ、「一括ファクタリングとの違い」や「メリット・デメリット」に触れていきます。

医療(診療報酬)ファクタリングとは?

白衣の医者医療ファクタリングとは、「社会保険医療基金(社保)」や、「国民健康保険団体連合会(国保連)」が医療機関に支払う診療報酬(医療債権)を、外部のファクタリング会社が買い取ることで、診療報酬を早く現金化できる仕組みです。

日本では通常、医療費は患者さんから30%支払って貰い、残りの70%が健康保険で社保や国保連から支払われる仕組みになっています。

この70%分の医療費の支払いは、診察翌々月末払いのため最高2ヶ月近くの時間がかかります。
ですが、ファクタリングであれば初回の実行でも一度に2ヶ月分の診療報酬を現金化でき、キャッシュフローが大幅に改善されます。

ただ、基本的な仕組みは通常の一括ファクタリングとあまり変わらず、取り扱う債権が診療報酬債権に変わっただけといえます。

医療ファクタリングは年々知名度を増している

現状では、社会保険診療報酬支払基金によると、医療報酬債権の譲渡件数は年々増えています。
平成25年度には4940の医療機関が約418億円を、平成27年度には5578の機関が約473億円の医療報酬債権を現金化しています。

このように、診療報酬ファクタリングは医療機関の間でメジャーな資金調達手法になりつつあります。

医療機関・介護事業者・調剤薬局などの債権が対象

医療ファクタリングによって現金化できる債権は、以下のような物があります。

  • 診療報酬債権(医療機関)
  • 介護報酬債権(老人ホーム・介護機関)
  • 調剤報酬債権(調剤薬局)

上記をまとめて「医療(診療報酬)ファクタリング」と呼ぶのです。これらは呼称が違うだけで、基本的に扱いも仕組みもまったく変わりません。

このように、医療債権であってもファクタリングで現金化でき、その利用率は年々増しているのが現状です。
それでは、続いて「医療(診療報酬)ファクタリングの仕組み」と「一括ファクタリングとの違い」を説明していきましょう。

普通の一括ファクタリングとは何が違う?

診療をする様子この医療ファクタリングは、普通の一括ファクタリングと以下のような点が異なります。

  • 医療報酬債権を買い取る
  • 債権を譲渡する際の精神的負担が少ない

それでは、詳しく説明していきましょう。

「医療報酬債権」を買い取る

上記で説明したとおり。
医療報酬ファクタリングでは、「医療報酬債権」のみが買い取りの対象となります。
とはいえ、ファクタリングと取り扱い会社が限定されると言うことはなく、通常のファクタリング会社であれば大抵医療債権も買い取って貰うことが出来ます。

債権を譲渡する際の精神的負担がない

医療債権は、国保や社保など国からのファクタリングであるため、売掛先への通知を心配する必要がありません。
通常のファクタリングであれば、売掛先に「資金繰りが悪化しているのではないか?」などと疑われ、その後の取引に影響が出る可能性も否定できません。

ですが、医療機関と社保/国保とではそもそも取引に影響が出る、出ないなどを推し量る間柄ではないため、安心してファクタリングを申し込むことができます。

このように、売掛先が国であること、ひとつしかないことなどが違いとしてあげられますが、強いていえばこれだけです。
それでは、医療報酬ファクタリングのメリットを記載していきましょう。

医療(診療報酬)ファクタリングのメリット

医療器具と問診票医療報酬ファクタリングを行うメリットは、以下の通りです。

  • 手数料が安い
  • 審査が通りやすい
  • 融資とは違い、ノンリコース(償還請求権)なし
  • 早ければ即日~数日で現金化可能
  • 初回でも二ヶ月分一気に買い取ってくれる

それでは、ひとつずつチェックしていきましょう。

手数料が安い

述のとおり、売掛先がまず倒産する心配のない機関であるため、ファクタリング会社にとっては貸し倒れリスクを考えなくてよい優良案件になります。
したがって、リスクを加味した手数料ではなく、最安値クラスの手数料で債権を買い取ってくれることが多いです。

審査が通りやすい

また、医療機関・薬局や介護センターは、経済力や信用などを疑われることもなく、比較的審査も緩くなります。
これは、もともとファクタリング自体の審査が、受け取り企業よりも売掛け先を重視するためです。

融資とは違い、ノンリコース(償還請求権)なし

融資の場合、売掛金を回収できなかった時に返済義務を負う必要があります。
一方、ファクタリングはノンリコース(償還請求権)がないため、一度実行してしまいさえすれば、こちらが返済する義務はありません。

初回でも2ヶ月分一気に買い取ってくれる

初回のファクタリングでも、医療報酬の場合は2ヶ月分の報酬が一度に振り込まれます。
そのため、キャッシュフローが一気に改善し、その後の資金繰りが容易になります。

早ければ即日~数日で現金化可能

ファクタリングは、銀行融資よりも早く、即日~数日で現金化することができます。
これは、一括ファクタリングでも同様ですが、売掛け先の通知を気にする必要が無く、元から信用力も高い医療機関であればさらに早くなるという特徴のためです。

規模に応じて調達額も大きくなる

病院や診療所など、診療報酬の規模が大きくなればなるほど、当然調達額も増えます。

まとめると、

  • 信用が高く、審査は通りやすい
  • ファクタリング会社にとっては優良案件
  • 2ヶ月分の医療債権を現金化できる
  • 即日~数日で現金化

このようなメリットがありますね。
それでは、デメリットの方もチェックしていきましょう。

医療(診療報酬)ファクタリングのデメリット

聴診器医療ファクタリングのデメリットは以下の通りです。

  • 掛け目が平均80%程度
  • 取引銀行に資金繰りの悪化を察知される
  • 2ヶ月分までしかファクタリングできない

それでは、解説していきましょう。

掛け目が平均80%程度

「医療ファクタリング」の掛け目は平均80%程度。最近では90%で買い取ってくれる所も増えているようです。
早く現金化出来る代わりに、掛け目ぶんの1~2割+手数料1.5%~3%程度引かれて現金化されてしまいます。

そのため、長期的に見れば銀行融資の方が割は良いのは間違いありません。

取引銀行に資金繰りの悪化を察知される

また、売掛先への通知を気にする必要が無いとはいえ、銀行側にはファクタリングを実行したことが察知されます。
そのため、多額の融資を受ける際に悪影響が出る可能性は決して否定できません。

2ヶ月分までしかファクタリングできない

初回でも2ヶ月分のファクタリングができることがメリットですが、継続しても診療報酬債権は2ヶ月分しかファクタリングできないので、それ以上の資金を調達したい場合は銀行融資や「医療機関債」「社会医療法人債」などを検討するべきでしょう。

ちなみに、2ヶ月を超える金額をファクタリングできる業者もありますが、手数料は高くなります。

まとめ

医療ファクタリングについて、編集作業の様子医療報酬ファクタリングは、掛け目と手数料分の費用がかかるとはいえ、高額な機材の導入など、多額の資金が必要になった際に使いたい資金調達手法です。
医療報酬債権であれば、高値で買い取ってくれる業者も多いため、検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事