即日でファクタリングをする方法!会社のチェックポイント!

ファクタリングが必要な状況下で、概ね共通しているのが「できる限り早く資金調達したい」という認識です。「即日で資金調達できるファクタリング会社を探している」「手続きや審査がシンプルで、スムーズに売掛金を回収できる方法が知りたい」こう考える経営者にとって、ファクタリングサービス会社を選ぶうえで重要な基準が「スピード」です。わざわざファクタリングをするからには、1日、1時間でも早く手続きが済むに越したことはありません。そこで、本記事では「即日資金調達」の方法を1秒でも早く知りたい方のために、「即日でファクタリングをするポイント」と、「おすすめファクタリング会社」を、それぞれ簡潔に紹介していきます。

即日でファクタリングを行うためのチェックリスト

チェックリスト審査に必要な書類はファクタリング会社によって異なりますが、申込み前にあらかじめ全て用意しておきましょう。
申込後すぐに本審査に入る会社が多いので、申し込んでからでは間に合いません。
基本的にファクタリング会社では以下のような書類が必要とされています。

本査定時に必要な書類

  • 登記簿謄本やHPなど
    (申し込む会社様の情報を確認するために必要となります。)
  • 売掛金の内容がわかる資料
    (請求書・発注書・注文書・取引基本契約書など取引内容や請求金額がわかるものが必要となり、査定する際には最も重要な資料となります。)
  • 通帳のコピー3ヶ月分
    (買い取らせていただく売掛金が取引先から過去に入金されているかどうかを確認します。)
  • 身分証のコピー
    (運転免許証などですが、お申し込みいただいている方がご本人様かどうかの確認のために必要となります。)
  • 決算書のコピー
    (会社の業績などを確認するため。)

契約時に必要な書類

  • 登記簿謄本
  • 法人の印鑑証明書
  • 代表者様の印鑑証明書
  • 顔写真つきの身分証

また、多くのファクタリング会社では、申込時に口頭で「仮審査」が行われます。
申込時には、最低限以下のような内容を尋ねられることが多いので、事前に応えられるようにしておきましょう。

仮審査での質問内容

  • 会社概要(会社名、住所、電話番号、資本金、決算月、事業内容)
  • 代表者情報(氏名、住所、生年月日、電話番号)
  • 希望条件(調達希望金額、いつまでに必要か、資金使途)
  • 譲渡債権内容(取引先名、住所、取引内容、金額、入金予定日)

上記はあくまで一例です。
多くの場合、ファクタリング会社の公式サイトに必要書類が掲載されていますので、事前に確認して準備しておきましょう。

申し込むファクタリング会社のリサーチ

ファクタリング会社のリサーチをする様子急いでいるときこそ、ふだんは気付くような落とし穴に引っかかってしまうのが人間の性です。
申し込みを検討しているファクタリング会社の口コミ評判などはネットでリサーチすれば簡単に見つかりますので、きちんと信頼性のあるファクタリング会社かどうか(妙な噂がないか)必ず目を通しておきましょう。

特に気をつけるべきポイントは

  1. 手数料が公式サイトに明記されているか?
  2. 審査や手続きがあまりにも簡単すぎないか?
  3. 直接会社に行って手続きをすることができるか?(実際に会社が存在しているかの確認)

上記の3点です。
もし口コミなどの記載がなければ、一度電話でこちらの状況と手数料を尋ねてみて、対応が怪しいようであればパスしましょう。

準備を整えてから申し込むのが即日ファクタリングの原則

会議をする様子上記「書類準備」「現状把握」「債権の状況」「利用する会社のリサーチ」を最低限チェックしつつ、申し込みましょう。
それから15時以降は即日振り込みができませんので、申し込みはくれぐれも午前中に行うようにしておいてください。
ちなみに、言わずもがなですが虚偽の申告は審査段階で絶対にバレますので、スムーズに審査を通すためにも嘘偽り無く申告しなくてはなりません。

まとめ

即日入金を謳う業者はそれなりにあるものの、実際に取引実績のある信頼のおける会社に申し込まなければ、結果的に時間がかかってしまうケースは珍しくありません。
急いでいるからこそ慎重に会社選びを検討し、キャッシュフローの改善にあたっていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事