即日ファクタリングを検討中

「取引先への支払い期日が迫っている…」

「従業員への給料を支払わなければならない…」

など、今すぐにでも資金が必要な状況は健全な経営を行なっていても起こりえることです。

そのような場合にでも、即日で資金調達ができる方法としてファクタリングがあります。

本記事では即日でファクタリングをする方法や、即日対応しているファクタリング会社などを詳しく解説して参ります。

即日でファクタリングができる優良会社の選び方

Google検索

実は全てのファクタリング会社が即日対応しているわけではありません。

即日でファクタリングができるファクタリング会社を選ぶ際のチェックポイントは以下の通りです。

  • 対応の早さ…問い合わせへのレスポンスの速さ、口コミ評価から調査する
  • 審査の内容、通過率
  • 来店不要でファクタリング契約ができるか?*最重要*

特に重要なのは来店不要でのファクタリング契約が可能かどうかです。

ネット上で申し込みができ、相手型を来訪する必要がなくファクタリングができる会社はそう多くはありません。

特に地場にファクタリング会社が存在しない地方企業の場合ですと、ファクタリング会社がある東京・大阪・福岡まで出向く必要があります。

来訪必須のファクタリング会社を利用してしまうと、即日でのファクタリング契約はまず不可能でしょう。

即日でのファクタリングを希望されている場合には、必ず来店不要としているファクタリング会社を選ぶようにしてください。

【関連記事】来店不要のファクタリング会社は安全?メリットや注意点を詳しく解説

即日対応しているファクタリング会社ランキング

支払いに追われている際には、いつも以上にファクタリング会社選びは慎重にならなければいけません。

資金繰りに切羽詰まっていることを見越して、高い手数料でのファクタリング契約を求める悪徳会社も存在するからです。

そこで上記のチェックポイントを元に、即日でファクタリングができる優良ファクタリング会社をランキング付けして、ご紹介しております。

即日での資金調達をする上で重要な「審査通過利率」、「対応の早さ」、「来店不要で契約ができる」というポイントから考慮し、ファクタリング会社をピックアップしました。

急な支払いに追われている際に、お役に立てれば幸いです。

おすすめのファクタリング会社ランキング

総合的におすすめのファクタリング会社を比較いたしました。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
アクセルファクターはファクタリング利用者の大半を占める中小企業〜個人事業主に寄り添ったファクタリング会社です。
請求書が未発行段階でも申し込み可能、支払いサイトが長い売掛金でも買取可能など、従来サービスの問題点を改善したファクタリングを提供しています。
資金調達までの時間は業界トップクラスで審査通過率は90%を誇り、他社で審査落ちになった方でも問題なくご利用可能です。
ご利用限度額30万円~1億円
資金調達スピード最短即日
手数料2%~20%
取扱うファクタリング2社間・3社間・診療報酬・介護報酬
ご利用対象者法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域全国対応可能
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構の特徴
日本中小企業金融サポート機構は独自サービスである「郵送ファクタリング」による迅速な対応と一般社団法人という信頼性を併せ持つファクタリング会社です。名前の通り、中小企業を主な利用ターゲットとしており、中小企業の目線に立ったサービスを行なっています。
ご利用限度額上限無制限
資金調達スピード最短即日
手数料1~9%(3社間):10~15%(2社間)
取扱ファクタリング2社間・3社間・診療報酬
ご利用対象者法人・個人事業主
対応地域全国対応可能
ウィット
ウィット
ウィットの特徴
ウィットは小口債権の買取専門、非対面で契約が可能という特徴があるファクタリング会社です。
そのため従来のファクタリングに比べて、時間と費用を大幅に節約することができます。
また電話一本で売買契約をすることもでき、簡単・スピーディーに資金調達が可能です。
ご利用限度額30万円~500万円
資金調達スピード最短2時間~即日
手数料5%~(3社間・2社間)※与信状況により異なる
取扱いファクタリング2社間・3社間
ご利用対象者法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域全国対応可能

ファクタリングが即日調達可能な理由とは?

Lupeで検索

銀行融資が申し込みから融資が決定するまで、非常に長い時間を要することは有名です。

最近では最短即日での融資を謳っている貸金業者も多いですが、信用情報の審査があるため、実際には長い時間がかかってしまいます。

ではなぜファクタリングは即日で資金調達をすることが可能なのでしょうか?

その理由は単純に、ファクタリングが借入ではないからです。

ファクタリングは売掛金の現金化であるため、利用の際に審査がほぼありません。

そのため入金までのスピードが非常に速いのです。

また信用情報や会社の業績などを見られることがないため、すでに借入を行なっている企業や赤字決算の場合でもファクタリングを利用することができます。

【関連記事】ファクタリングの審査時における業者側の心理と審査落ち理由を解説

即日でファクタリングを希望する際の注意点

ファクタリングの方法は2つあり、2社間取引と3社間取引という契約方法があります。

*2社間取引と3社間取引の違いについては、ファクタリングの3社間・2社間の違いと仕組みを解説の記事で詳しく解説しております

詳しい説明は省略しますが、3社間取引では取引先から債権譲渡の承諾を得なければならず、書類作成や債権譲渡登記の際に時間がかかります。

そのためファクタリングにより即日での資金調達を希望する際には、必然的に2社間取引となります。

2社間取引ファクタリングは、取引先に債権譲渡通知をする必要がないため、即日でのファクタリングが可能です。

反面、手数料は高くなってしまうので、その点については注意しなければいけません。

【関連記事】ニーズが高まる「2社間ファクタリング」とは?

即日でファクタリングを行うために準備するもの

即日でファクタリングを行うためには、事前に準備が必要です。

ファクタリングは前述の通り、審査がほぼありませんが、利用にあたっては提出すべき書類があります。

もちろんファクタリング会社へ申し込み後、指示があってから準備しても構いませんが、それでは時間がかかってしまいます。

スムーズにファクタリング契約を行うことができるように、以下の必要書類は事前に用意しておくことが望ましいです。

ファクタリング申し込み時に必要な書類

ファクタリング申し込み時に必要な書類は以下の通りです。

  • 登記簿謄本や会社案内など
    (申し込む会社様の情報を確認するために必要となります。)
  • 売掛金の内容がわかる資料
    (請求書・発注書・注文書・取引基本契約書など取引内容や請求金額がわかるものが必要となり、査定する際には最も重要な資料となります。)
  • 通帳のコピー3ヶ月〜半年分
    (買い取らせていただく売掛金が取引先から過去に入金されているかどうか、支払いは滞りなく行われているかどうかを確認します。)
  • 代表者の方の身分証のコピー
    (運転免許証などですが、お申し込みいただいている方がご本人様かどうかの確認のために必要となります。)
  • 決算書のコピー
    (会社の業績などを確認するため必要です、前期分の貸借対照表、損益計算書も用意しておきましょう。)

ファクタリング会社によっては申し込み書類が増えたり減ったりすることがありますが、概ね上記の通りであることがほとんどです。

また対面ではなくネットから申し込みができるファクタリング会社の場合、書類ではなく画像・PDFでの提出となりますので、準備が必要です。

また詳しくはファクタリングの必要書類を解説!の記事中で解説しておりますのでご参照ください。

ファクタリング契約時に必要な書類

  • 登記簿謄本
  • 法人の印鑑証明書
  • 代表者様の印鑑証明書
  • 顔写真つきの身分証

審査が終わり、売掛債権の買取価格などに問題がなければファクタリング契約に移行します。

その際に必要な書類は上記の通りです。

まとめ

カフェラテ

支払いに迫られている場合でも、ファクタリングは審査が無いため即日での資金調達ができます。

ただファクタリング会社によっては、足元を見て手数料を釣り上げるなどの悪どいことをしてくることがあります。

そのため即日でのファクタリングを希望する際には、通常時よりもよくよくファクタリング会社のリサーチが必要です。

またファクタリング契約をスムーズに行い、入金スピードを速めるためにもファクタリング契約に必要な書類は事前に用意しておきましょう。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

おすすめの記事