Factoring(ファクタリング)

ファクタリングは、あくまで資金調達手法のひとつに過ぎません。他の資金調達法と比較し、どれがより状況に適した調達法なのかを検討しながら選ぶのが望ましいです。

ですが、資金調達手法は数が多く、整理しにくいのも現状。そこで、本記事では、ファクタリングを含めた資金調達手法を比較しつつ、ファクタリングがどんな状況で優れているのかを解説していきます。

ファクタリングは「融資・出資・売却」の中でどれに該当するのか?

ファクタリングの属性について考える男性今では数多くある資金調達手法。ご存じの方も多いと思いますが、これらの手段を紐解いてくと、大体3つに分類することができます。

  • 融資(デットファイナンス)
  • 出資(エクイティファイナンス)
  • 売却(アセットファイナンス)

このうち、ファクタリングは「債権という資産」を「買い取ってもらう」手法なので、売却に分類されます。

経済用語ではアセットファイナンスとも呼ばれますが、融資と比較して負債に計上されない、審査が緩いといった特長があります。

今回は、この3つの中でよく使われる手法と比較して、ファクタリングを利用すべきかどうか考えていきましょう。

「なるべく早く、審査を緩く」で活用したいファクタリング

ファクタリングにはさまざまな種類がありますが、ここでは最も一般的な「一括ファクタリング」と違いを比べていきましょう。

一括ファクタリングは、以下のようなメリットを持つ資金調達手法です。

  • 審査では売掛先の与信が重要視される=自社に対しては審査が緩い
  • 入金スピードが早い(最短1日〜数日)
  • 負債に計上されず、バランスシートを改善できる
  • 売掛先が倒産しても返済義務がない(ノンリコース)

まず、一番のメリットは「審査が緩い」という点でしょう。前述のとおり、ファクタリングは負債をもとに資金調達をする手段ではありません。

ですから、審査はあれど自社の与信はそれほど重要視されません。ファクタリング会社にとっては、「売掛先がきちんと支払うか」が重要なので、注意しなくてはならないのはむしろ売掛先の与信なのです。

続いて、入金スピードも平均して早いです。売掛先を介さない2社間ファクタリングであれば、即日~数日で債権を現金化。売掛先と合同で行う3社間ファクタリングでも、数日で入金される会社が増えてきています。

最後に、アセットファイナンスの特徴として、バランスシートのスリム化も可能です。債権は流動負債に計上されますから、ファクタリングを行って負債を消しておけば、銀行で融資を受ける際にも多少は有利に働くでしょう。

このようなメリットのある一方で、以下のようなデメリットも存在します。

  • 手数料がかかる(3社間:5%〜5%2社間:10%〜30%)
  • 債権がなければ資金調達できない
  • 3社間の場合、売掛先にファクタリングの事実が知られてしまう
  • 少なからず悪徳業者も存在する

ファクタリングの実行には手数料がかかります。特に売掛先に通知されない2社間の場合、ファクタリング会社側のリスクヘッジのため、手数料は高くなる傾向にあります。

また、当然ながら売るべき債権が無ければファクタリングは利用できません(そんなことはないと思いますが)。

加えて、3社間ファクタリングですと売掛先にファクタリングの事実を知られてしまいます。

ファクタリングはまだまだ浸透していませんから、「資金繰りが厳しいのか?」と勘ぐられるリスクも無視できないのです。

これ以上に細かい説明は当サイトの「2社間ファクタリングのメリット・デメリット」を見ていただくとして、ファクタリングにはざっとこのような特徴があります。

続いて、これらが「融資」「出資」と比べてどうなのかを解説していきましょう。

「融資」を受ける資金調達手法(デットファイナンス)

資金調達手法について話し合う様子資金調達手法で最初に考えるのが「融資」でしょう。主に採用される手段には、以下のようなものがあります。

  • 銀行融資
  • 公的融資
  • ビジネスローン
  • 手形割引(でんさい)
  • ABL(流動資産担保融資)

では、これらをファクタリングと比較しつつ、簡単に解説していきましょう。

銀行融資・公的融資

資金調達でもっともメジャーなのが、銀行融資でしょう

とはいえ、この記事を読んでいる方の中には、「銀行融資を受けられないからファクタリングを検討しているんだ!」と思った方も多いと思いますので、詳細な説明は省きます。

一応簡単に解説しておくと、銀行融資はファクタリングと比較して、以下のような長所があります。

  • 金利が安い
  • 債権が無くても、一度に多くの額を調達できる

「審査に通れば」、銀行融資を受けた方がいいのは言うまでも無いでしょう。時間も手間もかかりますので、ファクタリングの利用を検討するほどの状況なら、頼るべき手段ではありません。

ビジネスローン

これもご存じの方が多いと思いますが、中小企業向けの融資手段としては、「ビジネスローン」の利用も検討できます。

無担保・無保証人で借りられ、ファクタリングよりも融資スピードは早いです。

特に、3社間ファクタリングの利用を考えている個人事業主の方であれば、ビジネスローンは有力な選択肢になるでしょう。

一方、金利は平均して6%~18%と、銀行や公的融資と比較してかなり高めに設定されています。

手形割引(でんさい)

手形割引とは、「売掛債権を担保に振りだした手形を、銀行で換金する」手法。

ファクタリングと比較して、以下のような特徴を持ちます。

  • 割引率は低い(2%~5%)
  • 手続きが煩雑
  • 融資にあたるため、審査が厳しい
  • 不渡りリスクがある(売掛先が倒産したら、返済しなくてはならない)

審査がファクタリングより厳しく、不渡りリスクがあり、手続きが煩雑であるため、3社間で債権を売却してしまったほうがよいでしょう。

近年では、電子債権(でんさい)によるファクタリングが始まっており、こちらはかなり手軽です。

ABL(流動資産担保融資)

ABL(流動資産担保融資)は、手形割引と似たようなものですが、こちらは「売掛債権を担保にしたローン」です。

したがって、依頼者の信用が重要視される点と、手形割引と同じくノンリコースではない点が挙げられます。

しかし、売掛金の状況さえ良ければ、債権の支払金額よりも多くの金額を調達できる場合も多いです。

当然ですが、ファクタリングでは債権の支払額より多くの資金を調達することができませんので、そうした場合は検討すべき手段といえるでしょう。

上記の5つの手法の他にも、さまざまな手段がありますが、今回は比較的ポピュラーなものを比較しています。

それでは、続いて「出資」による方法とファクタリングを比較していきましょう。

「出資」を受ける資金調達手法(エクイティファイナンス)

一万円札の束資本を元に資金調達をするのが「エクイティファイナンス」、いわゆる出資を受ける手法です。

手早く出資を受ける手段としては、以下のようなものが考えられるでしょう。

  • ベンチャーキャピタル
  • 第三者割当増資

そのほか、IPOM&Aなども「出資」の枠に入ります。さらに言えば、クラウドファンディングも出資にあたりますね。

ですが、短期で資金を都合したい場合は、そもそも「出資」自体が不向きです。

多くの資金調達手段と比較しても、すでに事業を開始していて、かつ資金繰りに困った企業に向けた「出資」はないのが現状です。

上述した「融資」や、資産の売却などの方向で検討すると良いでしょう。

売却(アセットファイナンス)で負債・支出を減らす

事業の資金繰りをチェックする様子このほか、不良在庫を売却して管理コストを減らしたり、営業権を売却したりするなど、資産さを元にした資金調達(アセットファイナンス)も、短期での資金調達には有効です。

先ほど述べたとおり、ファクタリングも資産をもとに負債を減らしているのには変わりありませんので、第一に検討すべき手段でしょう。

まとめ:ファクタリングと比較すべき手法

PCと計算機まとめると、短期での資金調達に向いているのは、以下のような手法です。

  • ビジネスローン
  • ファクタリング
  • 不良在庫・営業権などの売却

即日で資金調達は、ビジネスローンやファクタリングを検討すべきでしょう。ただ、上記2つは手数料がそれなりにかかってしまいます。

多少時間がかかってもよいので、金利を抑えて調達したい場合だと以下の手法が検討できます。

  • ABL(流動資産担保融資)
  • 手形割引(でんさい)
  • 銀行・公的融資

上記の中から、比較検討しつつ最適な資金調達手法を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事