ファクタリングを申し込むにあたって、どのように審査されるのかという点は非常に気になるところでしょう。実際、ファクタリングの審査は融資のそれとは異なります。審査は通るのか、審査でどこを重視されるのか、気をつけるべき点はあるか…など、審査というとさまざまな不安が頭をよぎります。ですが、ファクタリングの審査は、ある程度 の知識さえあればそう身構える必要はないものです。本記事では、ファクタリングの審査について、「どういった点が基準になるか」「重視されるべき点」「審査に通りやすくするコツ」を解説していきます。

審査をするのは「ファクタリング会社側にとってリスクがないか?」を調べるため

RISK実は、ファクタリングにおける審査は、依頼する会社よりも「売り掛け先」が特に綿密に調べられます。
そのため、赤字決算であるとか、創業間もない会社であるとか、そういった通常審査でマイナス要素になるような部分は、どちらかというとあまり関係がありません。

それはなぜかというと、ファクタリングの手続き上の扱いが融資とは異なるためです。

ファクタリングと銀行融資・手形割引の違い

まず、銀行融資は、中長期的な返済が必要なため、依頼会社に返済能力があるかどうかは重要なポイントです。
同じ「債権を早期に現金化する」目的で行われる手形割引も、「債権を担保にして融資を受ける」という手続きのため。
依頼会社の返済能力が審査されます。

一方、ファクタリングは「債権を買い取る」手法です。
そのため、何よりも重要視されるのは「売掛先がきちんと売掛金を支払ってくれるか」という点なのです。

ファクタリングは強制的にノンリコース(償還請求権なし)ですから、融資とは違って債権の価値が無くなっても、受け取り企業に返済義務はありません。
したがって、もし売掛先が倒産してしまおうものなら、その損失は丸々ファクタリング会社が背負わねばならないのです。

「赤字決算」「創業して日が浅くてもOK」とされる理由

ですから、ファクタリング会社は「売掛金の回収が第一目的」です。
確実に回収さえできれば、極端な話次の日に受け取り企業が倒産しても利益の損失にはなりません。
もちろん、一度やりとりした顧客を失うのはファクタリング会社にとってマイナスではありますが。

よって、巷に溢れる「赤字決算が続いていてもOK」「当座預金・担保がなくてもOK」「税金の滞納OK」などは、決してすべてが誇張表現ではないのです。
これが、中小企業を中心にファクタリングが広まっている理由のひとつです。

信用情報は情報機関で調査される

それでは、信用情報はどこで調査されるのでしょうか?これは、一般的にカードローンや銀行融資と同じく、信用機関に依頼する形で行われます。
売掛先の信用情報は、

  • 帝国データバンク
  • 東京商工リサーチ
  • ICC(法人信用情報)

などで調査されます。
ご存じの方もいるかもしれませんが、かなり細かな情報まで調べられますので、売掛先の情報を伝える際に虚偽があればすぐに発覚します。

ここまで、審査において重視されるポイントと、その理由を解説していきました。
では、続いて審査の際にチェックされることの多い7項目を解説していきましょう。

ファクタリング審査でチェックされる6項目

ファクタリングの審査項目をチェックする様子審査の際に見られるのは、次の6項目です。

  1. 売り掛け先の経営状況
  2. 債権の種類
  3. 譲渡禁止特約
  4. 支払期日
  5. 依頼会社・依頼主個人の信用
  6. 買取額と事業規模のバランス

それでは、ひとつずつチェックしていきましょう。

売り掛け先の経営状況

先ほど説明したとおり、特に重要視されるのが売掛先の状況です。
支払期日までに倒産してしまえば大きな損失に繋がりますので、特に入念にチェックされます。
特に、過去の支払い状況が悪ければ、マイナスになる場合が多いです。

それだけでなく、売掛金が実際に存在しているのかどうか、不良債権ではないか、仕事が完了しているかどうか、請求書はあるか、などは審査時に調べられます。
虚偽の申告をしないようにしましょう。

債権の状況・種類

債権の状況や種類についても調べられます。
付き合いが長く、過去に支払い履歴が何度もある債権であれば回収リスクは低いと判断され、審査は有利に進みます。

また、「医療報酬債権」などはファクタリング会社にとってかなりの優良物件です。
なぜなら、大手や国は倒産の心配が無い売掛先としてはかなり信用がおけるためです。
逆に、反社会勢力に加担するような債権は避ける傾向にあります。

譲渡禁止特約が結ばれていないかどうか

2社間ファクタリングでは、債権譲渡登記によって二重譲渡を防止することができます。
もし、契約の際に譲渡禁止特約が結ばれていると、登記が出来なくなるため断られるケースが多いです。
ちなみに、3社間では、売掛先が直接債権譲渡の承認をするため不要です。

売掛金の支払期日

売掛金が支払われるまでに売掛先が倒産してしまうリスクは、もちろん売掛金の支払期日が短いほど下がります。
債権を持ち込む際は、半年~年単位の債権だと審査に影響するか、通ってもリスクヘッジのために手数料が高くなる傾向にありますので注意しましょう。

依頼会社・依頼主個人の信用

もちろん、依頼会社の信用も重視されます。
これには、二重譲渡や使い込む恐れがないかをチェックするためです。

具体的に説明すると、売掛先を介さない2社間ファクタリングの場合、一度売掛金が受け取り会社に振り込まれてからファクタリング会社に譲渡する形になります。
受け取り会社の経営状況が極端に悪い場合、振り込まれた売掛金を魔が差して使ってしまったりする可能性を考えなくてはなりません。

もちろん、譲渡した売掛金を使うことは犯罪ですから、取り締まられます。
ですが、ファクタリング会社はそもそもそういった面倒を避けたいので、極力誠実に対応できる会社を選びます。

この影響で、依頼主個人の信用も重要です。
これは、売掛金を複数のファクタリング会社に譲渡する「二重譲渡」なども危険性としてあるためです。

依頼主が嘘をつく、面談に遅刻する、必要書類に不備がある、など不誠実な対応をした場合、「この人はちゃんと売掛金を振り込んでくれるのだろうか?」と疑念を持たれることは想像に難くありません。

くれぐれも、ファクタリングを申し込む際は誠実な対応をするよう心がけましょう。

債権の買取額と売り上げ規模の差

最後に、債権の買取額と売り上げ規模に差がある場合も審査でマイナス要素になる可能性があります。
その会社にとって過去に例のないほど大きな仕事だった場合、きちんと売掛金を支払えるのかは当然不安視されるためです。

季節性・突発性の高い債権か、定期的な債権かでいえば、後者のほうが買い取りのリスクは少ないです。

このように、売掛先の状況や債権の種類だけでなく、依頼主本人による「使い込み」「二重譲渡」のリスクがないか、という点も審査の際に見られます。
このあたりを覚えておくと、比較的乗り切りやすくなるでしょう。
それでは、続いて具体的な「審査の際に気をつけておきたいポイント」を解説します。

まとめ:審査時に気をつけておきたいポイント

ノートにメモを取る様子まとめると、審査の際に気をつけておきたいポイントは以下の3つです。

  • 財務状況は把握しておく
  • 不誠実な態度で臨まない
  • 相見積もりを取る

まず、財務状況や書類不備がないように準備しておくことが重要です。
また、業者によって手数料が異なるのは当たり前なので、必ず相見積もりを取ること。

それに加えて、債権が

  • 支払期日が短い
  • 何度も取引している
  • 取引先の信用が高い
  • 取引先が反社会勢力でない

場合、債権回収のリスクが低いと見なされ、手数料も安くなる傾向にあります。
ファクタリングでかかる手数料は、「倒産したとしても利益が出る」ように設定してあるものなので、信用があればそれだけ手数料を引き下げて貰うこともできるのです。

ファクタリングを申し込む際は、気負わず誠実な態度で臨むよう心がけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事