ファクタリング業社が逮捕された訳とは?

近年優れた資金調達法として注目を集めているファクタリングですが、過去には逮捕者が出てしまったことがあります。本記事ではなぜファクタリング業社が逮捕されてしまったのか、ファクタリングに違法性はあるのかといったことを解説して参ります。

ファクタリング業者が逮捕!

未成年者の逮捕

中小企業の最後の頼みの綱として多くの経営者の方に利用されているファクタリングですが、中には経営難に陥っている経営者の方を喰い物にしようと考える悪徳業者も少なくありません。

中でも2017年にファクタリング業者が初摘発された事件のせいで、少なからず世間にファクタリングのイメージを悪くしてしまいました。

事件の概要は以下の通りです。

ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取り契約を装い、ヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は25日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都中野区の2業者を摘発し、元経営者の三浦和仁容疑者(36)=同区弥生町=ら男8人を逮捕した。府警によると、ファクタリングを装ったヤミ金業者の摘発は全国初。府警は2業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたとみて、出資法違反(超高金利)容疑でも捜査する。
摘発されたのは「東洋商事」と「MINORI」。

府警は、2業者が平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたとみて調べる。
逮捕容疑は28年5~9月、堺市と三重県鈴鹿市の会社経営者2人に40~50万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。
三浦容疑者らは「ファクタリングとしての売掛債権の売買であり、貸金業の登録の必要はない」などと容疑を否認しているという。
ファクタリングは中小企業などが保有する売掛債権を買い取り、額面の5~20%を手数料として差し引いて現金を支払うサービス。債権を期日前に現金化できるメリットがある。

なぜファクタリング業者は逮捕されたの?

気になるのはファクタリング業者がなぜ逮捕されたのかということですが、結論から言ってしまうと今回摘発に至ったのはファクタリング業者ではありません。

文中にかかれている通り、逮捕されたのはファクタリング会社を装った闇金業者です。

したがってファクタリング会社が逮捕されたというのは語弊があり、もちろんファクタリングというサービス自体に違法性があるわけでもありません。

近年勃興したファクタリング業界には悪徳業者が少なからず存在します。

また本事件のようにファクタリング業者を装って高金利の貸付を行う闇金業者にも気をつけなければいけません。

資金繰りに切羽詰まっているときは焦燥し落ち着きを失ってしまう状態に陥りがちですが、一旦冷静になって利用前にファクタリング会社が本当に優良業者かどうか確かめるようにしましょう。

ファクタリングは賃金業なのか?

疑問が書かれた黒板

ファクタリングについて知識程度に知っている方が本事件を見聞すると、ファクタリングを融資であると勘違いしてしまうケースが多々あります。

結論から言えば、ファクタリングは金融機関による融資ではなく賃金業とは全く異なるものです。

ファクタリングが賃金業に当てはまらないのはファクタリングの流れを把握すれば一目瞭然です。

ファクタリングは以下の手順で資金調達をすることができます。

1. 納入先との間に売掛債権が発生
2. 売掛債権をファクタリング会社に譲渡
3. ファクタリング会社から手数料を除いた売掛金が支払われる
4. 納入先から入金後、ファクタリング会社へ支払い

ご覧になって分かる通り、ファクタリングは融資ではありません。

そのため担保や保証人を必要とすることなく、厳しい審査も不要で資金調達をすることができます。

まとめ:ファクタリングは安全なのか?

ドアから漏れる光

ファクタリングを装った闇金業者だったとは言え、逮捕者が出てしまったことでファクタリングを利用するのに躊躇いを感じてしまった経営者の方もいらっしゃるでしょう。

それでも売掛債権の早期現金化早期現金化をすることができるファクタリングという金融サービスは今多くの注目を集めており、真っ当な資金調達手法になりつつあります。

とはいえ賃金業法に該当しないため、利息制限法が適用されず、ファクタリング会社が高い手数料を要求してきても違法とはなりません。

そのためファクタリング実行時には、手数料を相場に照らし合わせ、信頼性の高い業者を選ぶようにしましょう。

ファクタリングの手数料の相場は以下の通りです。

2社間取引の場合→15~20%
3社間取引の場合→5~10%

また優良業者の場合は売掛先との交渉を代行してくれたり、専門性の高い経営支援を行なってくれます。

万が一の資金調達法として、是非ともファクタリングを覚えておいて下さい。
総合的におすすめのファクタリング会社を比較いたしました。

優良ファクタリング会社を紹介!

最後に優良ファクタリング会社を知りたいという方のために、当サイトが厳選したファクタリング会社をご紹介致します。

もちろん闇金業者ではなく、手数料が相場より低く即日振込が可能といった特徴を備えています。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
【限度額】30万円~500万円
【スピード】最短即日
【手数料】5%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
日本中小企業金融サポート機構
ベストファクター
日本中小企業金融サポート機構の特徴
【限度額】上限無制限
【スピード】最短即日
【手数料】1%~15%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメントの特徴
【限度額】50万円~5,000万円
【スピード】最短即日
【手数料】3%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
ファクタリング会社をお探しの場合は是非ともご参考にしてみて下さい。
くれぐれもファクタリング会社を装ったヤミ金は利用しないようにしましょう。
人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事