パートナーシップ

近年、来店不要で契約が可能なファクタリング会社が増えています。

特に地方企業にとっては東京のファクタリング会社を気軽に利用できるため、利便性は高いでしょう。

しかしながら来店不要のファクタリング会社は信頼性に欠けるため、ファクタリング会社を選ぶ際には注意が必要です。

本記事では来店不要のファクタリング会社を利用するメリットやデメリットを解説して参ります。

来店不要でご利用できる安全なファクタリング会社

来店不要・非対面で契約が可能なファクタリング会社をご紹介します。

対応が早く、実績もあるため地方企業の方でも安心してご利用頂けます。

ファクタリングの際には、是非ともご参考にしてみてください。

おすすめのファクタリング会社ランキング

総合的におすすめのファクタリング会社を比較いたしました。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
以前「アクセルファクター」は小口のファクタリング利用者をターゲットにし、最適なサービスを行なっていた評判のファクタリング会社でしたがご利用限度額の上限を大幅に改善し、大口の売掛金にも対応可能となりました。また、審査通過割合も93%と非常に高く、幅広い顧客層に支持を得ているファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~3000万円
資金調達スピード 最短即日
手数料 2%~20%
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬・介護報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構の特徴
日本中小企業金融サポート機構は独自サービスである「郵送ファクタリング」による迅速な対応と一般社団法人という信頼性を併せ持つファクタリング会社です。名前の通り、中小企業を主な利用ターゲットとしており、中小企業の目線に立ったサービスを行なっています。
ご利用限度額 上限無制限
資金調達スピード 最短即日
手数料 1~9%(3社間):10~15%(2社間)
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主
対応地域 全国対応可能
ウィット
ウィット
ウィットの特徴
ウィットはファクタリング業界初となる、小口債権と中小企業専門のファクタリング会社です。そのため他社で利用を断られてしまった方や来店する手間がないという経営者の方にピッタリのファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~500万円
資金調達スピード 最短2時間~即日
手数料 5%~(3社間・2社間)※与信状況により異なる
取扱うファクタリング 2社間・3社間
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能

来店不要・非対面で契約可能なファクタリング会社が増えている

近年、資金繰りの厳しさなどからファクタリングのニーズが増加しており、特に地方企業からのファクタリング利用が増しています。

ファクタリング会社は東京・大阪・愛知・福岡といった大都市にしか存在しておらず、以前までは都市部企業のみが利用できる資金調達法でした。

地方企業の経営者の方がファクタリングを利用しようと思うと、都市部まで時間と高い交通費を割いて出向く必要がありました。

特に現場に立つことが多い中小企業の経営者の方は、

「ファクタリング契約のための時間がない…」
「都市部まで出向く費用が惜しい…」

などといった理由で、ファクタリングが利用しづらいという問題を抱えていたのです。

しかしながら近年、オンライン完結型で来店不要・非対面での契約が可能なファクタリング会社も多数登場しています。

来店不要のファクタリング会社を利用することで、地方企業の経営者の方でも、東京の手数料が低く実績があるファクタリング会社で資金調達をすることが可能となったのです。

来店不要のファクタリング会社を利用するメリット

プロジェクト

繰り返しですが、地元県にファクタリング会社が存在しないという地方企業にとっては、来店不要でネットから申し込み〜契約ができるファクタリング会社は非常に有用です。

ネット上から見積もりを出してもらうことも可能で、多数のファクタリング会社の相見積もりをして手数料や入金スピードなどの条件にあったファクタリング会社を選ぶこともできます。

またそれ以外にも、来店不要のファクタリング会社を利用するメリットは複数あります。

次に解説して参ります。

①費用と時間の節約

来店不要のファクタリング会社を利用することで、交通費と往来の時間を節約することができます。

以前ならば、地方企業の経営者の方は忙しい時間の間を縫って、また飛行機などの高い交通費を払って都市部になるファクタリング会社の事務所で契約を行わなければいけませんでした。

それが来店不要のファクタリング会社を利用することで、交通費と時間を節約することが可能です。

②入金スピードが速い

来店不要のファクタリング会社の場合、契約方式はオンライン完結型です。

申し込み→審査→諸条件の提示→入金までが全てネット上で行われるため、来店不要のファクタリング会社は入金スピードが速いという特徴があります。

もともと入金スピードが速い「2社間取引」を活用すれば、最短即日での資金調達も可能です。

銀行融資やビジネスローンに比べて圧倒的に入金スピードが速いため、急場の資金繰り時にはファクタリングを活用することをお勧めします。

来店不要のファクタリング会社のデメリット・リスク

サイコロ

来店不要のファクタリング会社を利用することには、少なからずデメリットやリスクが存在します。

その最たる例が、「悪徳業者」の存在です。

ファクタリングは貸金業ではなく、利息制限法の適用外となっています。

そのため手数料が高くなっても行政処分の対象にはならず、したがって悪徳業者が参入しやすいという側面があります。

また来店不要でオフィスを訪問されることがないため、架空の住所を記載していたり、バーチャルオフィスで営業を行なっているケースも考えられます。

実際にファクタリング会社を装った詐欺グループが出資法違反の疑いで逮捕されたという事例も存在しています。

【参考】ファクタリング業者が逮捕された訳とは?業者を装う闇金に注意!

信頼性という観点からは、対面で契約を交わした方が安全であり、来店不要のファクタリング会社を利用する際には、実績などから信頼できるのかどうかを推断しなければいけません。

ファクタリング会社側にもリスクがある

来店不要・非対面でのファクタリング契約は、ファクタリング会社側にも少なからずリスクがある行為です。

特にファクタリング会社と利用企業の2社間のみで契約を交わす「2社間取引」の場合は、利用企業から債権回収ができない可能性が非常に高くなります。

極端な話、ファクタリング利用後、売掛金を入金せずに使い込んでしまう、持ち逃げするということも十分に考えられます。

そのようなリスクを抑えるために、ファクタリング会社側も対面での契約によって経営状況や経営者の人となりを判断することが一般的なのです。

そして来店不要・非対面でのファクタリング契約の場合、互いに信頼性に欠けるため、通常よりも厳しく審査が行われることが考えられます。

自社の信頼性も重視されるため、経営状況によってはファクタリング契約を断られる可能性もあります。

悪徳会社の特徴・注意ポイントは?

在宅ワークする人

信頼性に欠ける来店不要でのファクタリング契約。

それでも安全にファクタリングを実行するために、悪徳会社の特徴・注意ポイントなどを解説していきます。

来店不要・非多面での契約が可能なファクタリング会社をご利用の際には、以下の点に注意しましょう。

【参考記事】ファクタリング契約時にチェックすべき7つのポイント

①会社の住所・電話番号をチェック

先ほども少し触れましたが、悪徳会社の場合は架空の住所を記載していることが多々あります。

オフィスを訪問される心配がないため、バーチャルオフィスなどを公式ホームページ上に記載しているのです。

そのためファクタリング会社を利用する前には、会社の住所を調査するようにしましょう。

同様に電話番号も重要です。

固定電話でなく、携帯電話だったり、IP電話(050から始まる番号)である場合は信頼性に欠けると言えるでしょう。

②請求前に契約書を見せない・渡さない

悪徳金融業者のポピュラーな手口ですが、請求するまでに契約書を見せなかったり渡さないということが考えられます。

悪徳会社は基本的に契約書なしで話を進めようとし、最後になってようやく請求書にサインを求めてきます。

また契約後に契約書の控えを渡さないということも考えられます。

これは、「サインさせてから契約書を改ざんするため」です。

手数料などを不当に高く改ざんしたり、掛け目が低くなっていたりする場合がありますので、契約書の控えはその場で発行してもらい、こちら側も保管するようにしましょう。

③手数料の内訳が説明されない

悪徳業者の場合は、債権譲渡登記・旅費などの経費はいくらか、といった手数料の内訳説明を全く行いません。

内訳を明らかにしないため、不当な費用が含まれてしまっている可能性があります。

そのためファクタリング契約の際には、納得がいくまで内訳を説明してもらうようにしましょう。

補足ですが、債権譲渡登記の相場は7〜9万円、解除費用は2万円です。この相場から逸脱していないかもチェックしてください。

【関連記事】ファクタリング手数料の相場と内訳を分かりやすく解説

④返済義務(償還請求権)があると言われる

ファクタリングは「債権を担保に融資を受けている」わけではないため、売掛先が倒産してもこちら側に返済義務はありません。

そのためファクタリングはノンリコース (償還請求権なし)での契約が可能です。

それにも関わらず、売掛先が倒産などした場合に返済を迫ってくるケースがあります。

償還請求をすることは、貸金業登録をしていない業者が行うと違法です。

また契約書に償還請求のことが明文されているかどうかも、チェックするようにしてください。

安全にファクタリング契約をするために

悪徳業者に騙されずに、安全にファクタリング契約を行うために、以下の3つの対策を必ずしましょう。

  1. 手数料内訳をしっかりと確認する
    手数料の内訳についてはこちらをご参考にしてください
  2. 隅から隅まで契約書を読む
    …手数料や入金日、償還請求権の有無など
  3. 契約書の控えを必ず貰う

特に来店不要・非多面でのファクタリング会社を利用する際には、よくよく注意が必要です。

まとめ

ビジネス新聞

来店不要・非多面で実行できるファクタリング会社は地方企業にとって、非常に利便性が高いものです。

反面、信頼性には欠けるため、申し込みをする前にはよくよく注意しなければいけません。

来店不要のメリット・デメリットをしっかりと抑え、悪徳業者に騙されないように対策を行いましょう。

安全にファクタリングができる会社を知りたいという方は、本記事でご紹介しているファクタリング会社をご参考にしてみてください。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事