ファクタリングで医療債権を現金化する流れとメリット!

医療分野での資金調達手段というと、金融機関での融資や、医療機関債の利用などが選択肢に挙がってきます。

ですが、資金繰りに悩んでいる事業者にとって、上記2つは時間がかかりすぎる、融資審査に通らない可能性が高いなど、現実的ではない手段です。

本記事では、そうした状況にある医療分野での事業者におすすめしたい「ファクタリング」について解説していきます。

診療報酬債権ファクタリングの特徴

紙幣と薬診療報酬(レセプト)債権は、ファクタリング業者に譲渡し、現金化することが可能な資産です。これは、以下のような特徴を持っています。

  • 2ヶ月先の債権まで早期現金化が可能
  • 診療・介護・調剤分野の報酬債権を現金化可能
  • 社保や国保を交えた3社間ファクタリングとなる
  • 通常のファクタリングと違い、手数料は安くなる傾向に

それでは、具体的に解説していきましょう。

2ヶ月先の債権まで早期現金化が可能

医療債権は、初回の利用でも2ヶ月先の報酬分までのファクタリングが可能です。比較的少額、かつ短期的な資金調達需要に向く方法であるといえるでしょう。

診療・介護・調剤分野の報酬債権が可能

医療ファクタリングは、債権の種類ごとに名称が異なっています。具体的には「診療報酬」「介護報酬」「調剤報酬」の3種類。

この3種類は、手数料や掛け目などに若干の差があるものの、基本的には同じだと思って貰ってかまいません。

社保や国保連を交えた3社間ファクタリングとなる

医療債権は、社保・国保連に請求したうえで発生するものですので、ファクタリングの実行時には債権譲渡の通知を社保または国保連に対して行う必要があります。

いわゆる3社間ファクタリングとなり、基本的に社保・国保連が債権譲渡を禁止することはありません。

通常のファクタリングと違い、手数料は安くなる傾向に

上記に関連していますが、債権の売掛先(支払い元)は確実な回収が約束されている社保・国保連です。

したがって、ファクタリング会社が貸し倒れるリスクはほぼなく、手数料も民間の債権と比べてかなり抑えられる傾向にあります。

上記のように、医療債権はファクタリングを行うハードルが高くない資産です。では、続いて実際にどういった流れで現金化が行われていくのかを見ていきましょう。

医療報酬債権ファクタリングの仕組み

医療報酬債権とファクタリングの仕組みでは、医療報酬債権をファクタリングする際の流れについて解説していきます。

簡単に説明すると、社保(社会保険診療基金)や国保連(国民健康保険団体連合会)に対する債権を、ファクタリング会社が買い取って依頼者に入金。

ファクタリング会社は、社保または国保連に対し債権譲渡通知を送り、受け取った社保・国保連が依頼者ではなくファクタリング会社に売掛金を入金する、といった流れです。

具体的に、ナンバリングを振って流れを追っていきましょう。

  1. 依頼者→社保・国保連:診療報酬を請求(債権が発生)
  2. 依頼者→ファクタリング会社:ファクタリングを依頼・査定
  3. ファクタリング会社→社保・国保連:債権譲渡通知を送る
  4. ファクタリング会社→依頼者:売掛金から手数料・掛け目を引いた額を入金
  5. 社保・国保連→ファクタリング会社:期日になったら入金
  6. ファクタリング会社→依頼者:掛け目として除かれていた残りの金額を入金

補足として、医療債権には通常80%~90%の「担保掛目」が設定され、ファクタリング実行時は手数料を引いた額が100%入金されるわけではありません。

掛け目から除かれた残り12割は、正規の支払い期日に入金される形になりますので、注意してください。

では、特徴と仕組みを理解したところで、このファクタリングを利用するメリットがなんなのか解説していきましょう。

医療報酬債権をファクタリングするメリット

ファクタリング会社と医療薬品ここまでで、「ファクタリングは医療報酬を前払いするサービスだ」と理解している方も多いと思いますが、ではこの前払いがどう優れているのかを解説していきます。

  • 融資より若干高いくらいの手数料で現金化できる
  • 初回でも最大2ヶ月先の債権まで現金化できる
  • 基本的に審査はほぼ100%通ると考えて良い
  • 入金スピードが早い

ざっと挙げると、これだけのメリットがあります。それではチェックしていきましょう。

融資より少し高いくらいの手数料で現金化できる

医療ファクタリングの手数料が安い、ということは先ほどお話ししたと思いますが、では具体的にどのくらい安いのでしょうか。

大まかな手数料相場を調べましたので、参考程度に確認してみてください。

  • 診療報酬債権:5%~4
  • 介護報酬債権:3%~7
  • 調剤報酬債権:2%~6

ちなみに、メガバンクで融資を申し込んだ際の金利相場は、年1.5%~3.5%程度です。診療報酬に関しては、金融機関並みの手数料で現金化できるということが分かるかと思います。

ちなみに、医療以外の業界でファクタリングを申し込んだ際の手数料は以下の通りです。

  • 3社間ファクタリング:5%~5
  • 2社間ファクタリング:8%~25

民間のファクタリングでも、3社間のファクタリングであれば手数料は抑えられるのですが、売掛先への風評被害を懸念して2社間ファクタリングを申し込む方もいます。

医療ファクタリングは、手数料の高い2社間ファクタリングを行う必要が無い、という点でもすぐれているといえます。

初回でも最大2ヶ月先の債権まで現金化できる

ファクタリングでは、初回はリスクを鑑みてあまり多額の債権の現金化は引き受けてくれない傾向にあります。

一方、医療ファクタリングに限っては、初回でも2ヶ月先の債権もまとめて現金化してくれるというメリットがあります。

基本的に審査はほぼ100%通ると考えて良い

これも何回か説明しましたが、基本的に医療債権のファクタリングで審査に落ちたというケースは見たことがありませんので、ほぼ100%審査には通ると考えて問題ないかと思います。

入金スピードが早い

融資や医療機関債と比較して、入金スピードは比べものにならないくらい早いです。数日後に現金が必要、という場合でも利用できるのは心強い手段だといえます。

上記をまとめると、融資より早い速度、融資並の金利の低さで現金化が可能なのが医療ファクタリングのメリットといえます。

2ヶ月先の報酬までなので、ある程度まとまった額を調達できるのもポイントでしょう。

とはいえ、医療ファクタリングは良い面ばかりではなく、いくつかの問題点も抱えています。

医療報酬債権をファクタリングする時の注意点

ファクタリングの注意点!それでは、医療債権をファクタリングする際の問題点をまとめました。

  • 最大2ヶ月先までの債権しかファクタリングできない
  • やっている事は診療報酬の前払いに等しく、12割しか報酬の入らない月が出てくる
  • 融資を受けられるのであれば利用するメリットはかなり薄い

上記について、具体的にチェックしていきましょう。

最大2ヶ月先までの債権しかファクタリングできない

先ほど、初回でも2ヶ月先までファクタリングできると述べましたが、これは取引を重ねても基本的に同じです。

そもそも、2ヶ月先までしか債権を持っていないので当然といえば当然ですが、開業資金や高価な機器など、もっとまとまった資金が必要な際は別の手段を検討するべきでしょう。

1〜2割しか報酬の入らない月が出てくる

ファクタリングは診療報酬を前もって現金化するため、やっている事は診療報酬の前払いに等しいです。つまり、収入源によっては掛け目の分しか報酬の入らない月が出てきます。

無計画に実行し、資金を使うとかなり痛い目を見るのは想像に難くありません。短期の資金繰りに適した手段とはいえ、実行には綿密にキャッシュフロー計算をする必要があります。

融資を受けられるのであれば利用するメリットはかなり薄い

診療報酬債権を前払いしてもらっているだけなので、キャッシュ自体は増加していません。

経営状況を改善するのであれば、手数料的にも融資を利用するべきですし、したがって融資を受けられる場面であえて利用するメリットは多くありません。

まとめ

血圧計と薬箱医療報酬債権は、さまざまな業界で発生する債権の中でも優秀で、現金化がきわめて容易な資産という点で価値が高いものです。

とはいえ、医療分野における診療報酬というのはたいていの場合、事業資金の中核を担っているものです。

その債権を、期日を待たずに現金化しなくてはならないほどキャッシュフローに苦しんでいるのであれば、まずは赤字改善のための努力からはじめてみるべきでしょう。

ファクタリングは一時金を手に入れるには最適な手段ですが、利用には長期的なキャッシュフロー改善を視野にいれておく必要があります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事