約束手形のイメージ

近年、市場が拡大してきたファクタリングですが、手法としては手形割引と非常に似ており、その違いが一体なんなのか、と疑問に思う方も少なくありません。「売掛債権の早期現金化」という目的で利用する場合、いったいどちらのサービスがすぐれているのでしょうか?本記事では、「手形割引」と「ファクタリング」の違いを総合面で分析し、5つの違いを解説していきます。手形割引とファクタリング、基本的な仕組みもふまえて紹介していきますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

手形割引とは?

手形割引を解説する女性手形割引とは、「約束手形を担保にして、金融機関から融資を受けること」です。
わかりやすく説明するために、商品を売った会社をA社、仕入れた会社をB社としましょう。

約束手形は、商品を仕入れたB社が「○月○日に代金を支払います」と契約し、A社が「○月○日に代金をいただきます」と契約したことを互いに証明するものです。

ところが、商品を売ったA社は、○月○日より早く代金が必要になりました。
そこで、A社は約束手形を金融機関に持ち込み、審査を受けて手形を担保に融資を受けることにします。

手形割引を受ける際は、B社がそれに同意しなくてはなりません。
B社はA社の申し出に同意し、無事に審査が通りました。
これで、B社が売掛金を支払う際は、直接金融機関に入金することになります。
ちなみに融資額は、手形の金額から1.5%〜5%の手数料を差し引いた額になります。

ここまでの一連の流れが、「手形割引」と呼ばれるものになります。

ここで、手形割引と売掛金との違いを説明しておくと、約束手形(受取手形)は法的に強制力のある契約であり、売掛金は口約束に過ぎません。
ですから、この約束手形は資産的な価値を持つとみなされ、担保にすることができるのです。

ファクタリングとは?

ファクタリングを解説する様子一方、ファクタリングとは、この「約束手形」を含んだ売掛金を、金融機関やファクタリング業者に「売却」して現金化することを指します。
大まかな流れは「手形割引」と同じなのですが、ファクタリングでは、「約束手形」だけでなく売掛債権全般が対象になります。

さらに、手形割引では「融資を受ける」のに対し、ファクタリングは、ファクタリング会社や金融機関に対し「売掛金を受け取る権利」を売却するというものになります。

ファクタリング会社は、売掛債権から手数料をもらい、状況によって「債権譲渡登記」も行うことで、ファクタリングが完了します。

ファクタリングと手形割引の違い

手数料と時間を比較する様子どちらも「売掛債権の早期現金化」という目的は一致していますし、やることもあまり差はありません。
ですが、大きな部分、特に以下の5つに差があります。

  • 返済を迫られるかどうか(償還請求権の有無)
  • 短期借入金(負債)として計上されるかどうか
  • 手数料の差
  • 審査の厳しさ
  • 実行スピードの差

それでは、詳しく解説していきましょう。

不渡りのリスクがあるかどうか(償還請求権の有無)

手形割引とファクタリングの最大の違いは、先ほども触れましたが「融資」か「売却」か、という点です。
勘違いしている人も多いのですが、手形割引は売却ではなくあくまで融資にあたります(プロセスとしては売却しているのと同じですが)。

「現金化してしまえば終わり」では済みません。
もし売掛先が倒産した場合、担保である手形の価値はなくなりますから、当然金融機関からは借りた金を返済しろと要求されるのです。

一方、ファクタリングは「売掛債権」を買い取ってもらう(譲渡する)ことで現金化するサービスです。
多くの業者は「ノンリコース(償還請求権なし)」が基本のため、買い取った後に「債権が回収できなくなったから金を返せ」と言われることはありません。

このように、申し込む側が抱えるリスクに大きな差があるのです。

短期借入金(負債)として計上されるかどうか

先ほどの説明の通り、手形割引は融資を受ける行為です。
したがって、金融機関には「短期借入金」として計上されてしまいます。
これは、のちのち銀行融資を受ける際のマイナス要素にも繋がってしまいますので、あまりよろしくはありません。

対して、ファクタリングは「債権譲渡」なので、負債として計上されることはありません。
比較的クリーンにやりとりができるのも、ファクタリング会社との差になります。

手数料の差

手形割引は、銀行であれば1.5%〜3.5%程度、その他金融機関でもおおむね5%以内の手数料で現金化できます。
それに対し、ファクタリングは条件にもよりますが2%〜5%で済むこともあれば、20%を超える場合もあります。

なぜ、ファクタリングの手数料の振れ幅が多いのかという点についてですが、まずファクタリングには「2社間」と「3社間」の2種類があります。
3社間は、申し込み会社と売掛先、ファクタリング会社の3社が合意の上、ファクタリングを実行する手法です。
審査の上、売掛先が直接ファクタリング会社に入金するので、不渡りのリスクが比較的少なく、手数料も1.5%~高くて6%程度になることが多いです。

それに対し、2社間は売掛先を介さずに、申し込み会社とファクタリング会社の合意のみで実行する手法です。
売掛先に知られないというメリットはあるのですが、売掛先を仲介しないことで不渡りリスクが増加してしまいます。
申し込み会社が売掛金を持ち逃げする可能性も無視できません。

さらに、譲渡人が複数のファクタリング会社で同じ債権を売却する「多重譲渡」を防ぐために、「債権譲渡登記」の手続きも必要になります。
これにかかる経費、債権が回収不能になった際のリスクヘッジ、諸々を加味するため手数料が15%~30%になってしまうのです。

このように、手数料は基本的にファクタリングの方が高くなる傾向にあることは注意しておきましょう。

審査の厳しさ

先ほど解説したとおり、「手形割引」がもし不渡りになってしまった場合、申し込み会社が返済する必要があります。
そのため、審査の際は返済能力があるかどうかをしっかりチェックされます。

そのため、赤字決算・債務超過や税金の未払いなど、融資におけるマイナス要素がある場合は手形割引を受けられない可能性が高いです。
一方、ファクタリング会社は「債権を売却」する行為のため、どちらかというと依頼側よりも「売掛先」の信用(倒産しないかどうか)を審査されます。
依頼者の信用も多少は審査されますが、債権回収にはあまり関わりがないのでそこまで重要視はされません。

そのため、創立から日が浅く、赤字決算・税金の未払いなど多少のマイナス要素があっても審査に通る場合が多いです。

実行スピードの差

手形割引とファクタリングでは、実行スピードにも差があります。
2回目以降などはどちらも即日で現金化できる場合が多いのですが、手形割引の場合、自社と取引先の2つの審査にだいたい早くて1週間、最長で3週間程度を要するケースがほとんどです。

それに対し、ファクタリングは初回でも最短2日程度で実行できる場合が多いです。
これには、前述した審査内容の差もかかわっています。

このように、手数料以外の総合的な面でファクタリングは優れているといえます。

まとめ:ファクタリングは手形割引より実用的な手法

時計と通貨企業の歴史は手形割引とともに歩んできたといっても過言ではないくらい、手形割引は昔から使われている手法です。
ですが、その代替手段として、いまではファクタリングが総合的にすぐれた資金調達法となってきています。

まとめると、手形割引は

  • 不渡りになった場合の返済義務がある
  • 短期借入金(負債)として計上される
  • 手数料は1.5%~3.5%
  • 審査は厳しい
  • 実行スピードは初回で1~3週間程度、2回目以降は早い

これに対し、ファクタリングは

  • 不渡りになっても返済義務がない
  • 負債として計上されない
  • 手数料は1.5%~25%、ばらつきあり
  • 審査は緩い
  • 実行スピードは初回でも2日程度

と、総合的に優れています。

ファクタリング会社利用の際、信用面を気にする場合が多いのですが、近年では、ファクタリング会社もサービス争いによって手数料が安くなってきており、実績があり信用のおける業者も増えている傾向にあります。

今まで手形割引を利用していた方も、一度ファクタリングサービスを検討してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事