西日本ファクター

西日本ファクターは、九州・中国エリアの小規模事業者向けのファクタリング会社です。

1,000万円までの債権であれば即日入金可能なのが強みで、最低手数料も2.8%~と業界相場より低めに設定されています。

本記事では西日本ファクターの

  • 基本情報
  • 概要やメリット・デメリット
  • 口コミと評判
  • サービス内容
  • 申し込みの流れ・必要書類

を詳しく解説して参ります。

九州・中国エリアでファクタリング会社をお探しの方は、是非ともご参考にしてください。

利用者評価

西日本ファクターのファクタリングサービスを利用したという方に、アンケート調査を行っております。

初めて西日本ファクターを利用するという方は、ご参考にしてください。

西日本ファクターの会社情報

西日本ファクターの企業情報

西日本ファクターの会社情報を表でまとめました。

運営会社株式会社西日本ファクター
代表者後藤 広美
設立平成29年9月
所在地福岡県中央区薬院2-2-18 大地ビル2F
営業時間9:00~18:00(定休日:日・祝日)

西日本ファクターは福岡県に拠点を構えるファクタリング会社です。

社名からも分かる通り、西日本の中小企業支援を目的として設立されたファクタリング会社となっています。

福岡県がホームタウンのアビスパ福岡のオフィシャルスポンサーとなっており、地域密着型のファクタリング会社です。

アビスパ福岡

西日本ファクターのファクタリング情報

続いて西日本ファクターのファクタリング情報を詳しくみていきましょう。

取扱ファクタリング2社間取引・3社間取引
対象者法人・個人事業主
買取可能額~3000万円まで(少額債権は要相談)
手数料(買取率)2.8%~
資金調達スピード最短即日(九州エリアに限る)
対応エリア九州・中国・関西(その他のエリアも対応可能)

ご覧の通り、西日本ファクターは2社間取引と3社間取引の両方に対応しています。

法人相手の売掛債権を有していれば、個人事業主の方でもファクタリングがご利用可能です。

九州エリアの事業者の方ならば、最短即日で資金調達をすることができます。

ファクタリングの手数料について

西日本ファクターのファクタリング手数料は2.8%〜と明記されています。

相場よりも低い手数料でファクタリングが可能ですが、この数字はあくまで最安値である点にはご注意ください。

ただ西日本ファクターでは、他ファクタリング会社とは異なり、書類作成費・登記費用・交通費は全て西日本ファクター側の負担となっています。

特に登記費用は平均で4~7万円程度もかかり、これを全て免除というのは嬉しい点です。

西日本ファクターの特徴とメリット

ファクタリングの特徴を認識しておこう

西日本ファクターの特徴・メリットは以下の通りです。

  • 西日本に特化したファクタリング会社
  • ノンリコースでファクタリング契約ができる
  • 取引先・銀行にバレない
  • 他社からの乗り換えに柔軟対応

順番に詳しく解説していきます。

①西日本に特化したファクタリング会社

西日本ファクターは中国・九州エリアに特化したファクタリング会社です。

エリアを限定しているからこそ、地域の商文化・商習慣やルールを熟知しており、安心してファクタリング契約を行うことができます。

またエリアを絞って営業しているため、迅速な対応もウリです。

特に九州エリアの事業者の方ならば、最短即日で資金調達をすることも可能です。

②ノンリコースでファクタリング契約ができる

西日本ファクターでは、ファクタリング契約は全てノンリコースでの契約となっています。

そのためファクタリング利用後に取引先が倒産し売掛金が支払われなくなってしまったとしても、弁済する必要はありません。

③取引先・銀行にバレない

ファクタリングを行った事実を取引先や銀行に知られてしまうと、信用スコアが低くなったり信用を失ってしまう恐れがあります。

一方で西日本ファクターは2社間ファクタリングに対応しています。

そのため取引先や銀行に知られることなくファクタリングをすることが可能です。

④他社からの乗り換えに柔軟対応

西日本ファクターは他ファクタリング会社をご利用中の場合でも、気軽に利用することができます。

特に他社の問題点を伝えれば、それを改善したファクタリング条件を提示してくれるなど、乗り換えには柔軟な対応を行なっています。

西日本ファクターのデメリットと注意点

一方で、西日本ファクターのデメリットは以下のとおりです。

  • 限度額は2社間1,000万、3社間で3,000万
  • 対応エリアは九州・中国・関西エリアのみ

まず買取債権額は2社間ファクタリングで1000万円までと、他社に比べるとやや低く設定されています。

大口の資金調達をご希望される場合には、事前に問い合わせが必要です。

また既に繰り返し述べている通り、西日本ファクターは西日本エリア限定のファクタリング会社です。

他エリアからでもご利用は可能ですが、対応はやや遅くなってしまう点や地理的距離は気になるでしょう。

利用に適している事業者

西日本ファクターのメリット・デメリットから鑑みて、西日本ファクターは以下のような事業者の方にオススメのファクタリング会社です。

  • 九州、中国エリアの事業主
  • スピード重視で現金化したい
  • 1,000万円までの債権を持っている
  • 金融機関からの融資を受けられない
  • 個人事業主

特に、九州・中国エリアかつスピード感を重視するのであれば有力なファクタリング会社となるでしょう。

利用の流れ・必要書類

ファクタリングに申し込む事業主

続いて、西日本ファクターを利用するうえで必要な書類やファクタリングの流れを解説していきます。

必要書類

西日本ファクターとの契約に必要な書類は、以下の4点です。

  • 売掛金の元になる商品やサービスに対する契約書や発注書、請求書など
  • 代表者様の身分証明書(運転免許証、パスポート等)
  • 決算書(個人事業主様は確定申告書、直近のもの2期分)
  • 過去の売掛先企業との継続的取引の有無確認書類(通帳の写し6か月分)

※その他、売掛先企業との基本契約書、納税証明書などが必要になる場合があります

即日でファクタリングをご希望される際には、上記必要書類は事前に用意しておきましょう。

それでは西日本ファクターのファクタリングの流れを解説していきます。

1.申し込み

西日本ファクターのホームページからお問い合わせフォームを入力・送信してお申し込みを行なってください。

申し込みフォームを送信すると、西日本ファクターの担当スタッフより折り返しで連絡がきます。

その後、以下の情報を簡単にヒアリングされます。

  • お売り頂く請求書の内容
  • 売掛先の企業情報
  • 今までの業務実績
  • お客様情報

2.FAX・メールで必要書類を送付

上記の必要書類をFAXかメールにて送付してください。

取得に時間のかかりそうなものは、検討段階で手配しておきましょう。

3.見積もり・審査

ヒアリング・書類の提出が完了した後、売掛先(取引先)の審査に移ります。

なおファクタリング審査では、申し込み企業の信用情報はほとんど審査されませんのでご安心ください。

審査が完了したら、売買契約に当たっての条件(手数料など)が提示されます。

4.契約&入金

契約条件に不備・不満がなければ、本契約となります。

なお初回契約時に限り、契約は対面で行われます。

九州・中国エリアならば、出張契約に応じてくれますのでお問い合わせください。

ファクタリング契約成立後、買取代金が入金されます。

5.指定期日に支払い

取引先から売掛金が入金されましたら、1~2日以内に西日本ファクターへ支払いを行なってください。

なお3社間ファクタリングをご利用の際には、取引先が直接、西日本ファクターへ支払いを行います。

西日本ファクターについてのまとめ

対面でファクタリング契約をするビジネスマン

西日本ファクターは、九州・中国エリアの小規模事業者向けのファクタリング会社です。

1,000万円までの債権であれば即日入金可能なのが強みで、最低手数料も2.8%~と業界相場より低めに設定されています。

  • 西日本に特化したファクタリング会社
  • ノンリコースでファクタリング契約ができる
  • 取引先・銀行にバレない
  • 他社からの乗り換えに柔軟対応

といったメリットがあり、九州・中国エリアからファクタリングをご検討中の事業者の方にオススメのファクタリング会社です。