メンターキャピタルのホームページ

メンターキャピタル(Mentor Capital)は豊富な買取実績を誇り、業種別に買取プランを設けているファクタリング会社です。

  • 信用情報に影響なし
  • 柔軟審査・対応
  • 買取金額は30万円から1億円まで可能

といった特徴があります。

本記事ではメンターキャピタルの会社情報・ファクタリング情報・口コミ評判などを詳しく解説して参ります。

メンターキャピタルの会社情報

メンターキャピタルのファクタリング

ファクタリング会社「メンターキャピタル」の運営会社について簡単にまとめました。

運営会社株式会社 Mentor Capital
所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-12 サンカテリーナ4F
代表取締役庄司 誠
設立日平成21年9月
事業内容・ファクタリング業務
・経営コンサルティング事業
・各種コンサルティング事業
取引銀行・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
メンターキャピタルの運営会社は、東京都の新宿区に拠点を置く株式会社 Mentor Capitalという企業です。
株式会社 Mentor Capitalは平成21年から、主に経営コンサルティング事業を行なっています。
中小事業者の方への資金調達手段の提案や経営改善指南などには定評があります。

メンターキャピタルのファクタリングサービス内容を解説

メンターキャピタルが選ばれる理由

続いてうメンターキャピタルが提供するファクタリングのサービス内容について、詳しく見ていきましょう。

取扱ファクタリング2社間取引・3社間取引
現金化可能売掛金額30万円〜1億円
手数料5%~20%
資金調達スピード最短即日〜2営業日程度
ご利用対象者法人・個人事業主
対応エリア全国対応
買取可能な債権通常発生し得る商取引での売掛債権

こちらの表を元に、メンターキャピタルのサービス内容について詳しく解説していきましょう。

メンターキャピタルのファクタリング手数料

メンターキャピタルのファクタリング手数料は、実際に利用したという方を調査する限り「10%〜20%」となります。

公式サイトに明記されている手数料が「5%〜20%」ですので概ね大差は無いでしょう。

業界最安水準とはいきませんが、業界の相場平均に比べれば安い手数料と言えます。

メンターキャピタルの買取金額

メンターキャピタルでは小口債権から大口債権まで、幅広い売掛金の買取に対応しています。

下限は30万円、上限は1億円までと、ほぼ全ての資金ニーズに応えることができます。

また小口債権の申し込みであっても、「年商〇〇円以上」・「取引年数3年以上」といった条件はありません。

そのためほぼ確実に、売掛債権をファクタリングすることが可能です。

メンターキャピタルをご利用するメリット・おすすめポイント

メンターキャピタルのメリット

メンターキャピタルをご利用するメリット・おすすめポイントとしては以下の3点が挙げられます。

①信用情報に影響なし
②柔軟審査・対応
③業種別に適正プランを用意
順番に詳しく解説して参ります。

POINT① 信用情報に影響なし

メンターキャピタルのファクタリングは融資ではないため、ご利用しても信用情報に影響はありません。

そのため

「現在、銀行からリスケ中」

「将来的に融資を受けることを検討しており、信用情報に記録されたくない」

という方でも、安心してファクタリングを利用することができます。

POINT②柔軟審査・対応

メンターキャピタルは中小のファクタリング会社ですが、その分対応は非常に柔軟です。

提出書類や利用条件は大手ファクタリング会社ほど厳しくはなく、審査も甘く行なっています。

そのため

「他社でファクタリング利用を断られてしまった…」

「売掛先との取引年数が長くないから、審査落ちしないか不安…」

という方でも、問題なくファクタリングの利用が可能です。

POINT③業種別に適正プランを用意

メンターキャピタルは既に高い買取実績を誇ります。

ファクタリングニーズが高い建築・建設業だけでなく、IT業や雑貨卸売・小売業〜病院・調剤薬局まで買取を行なった経験があります。

メンターキャピタルは豊富な買取実績を有しているため、業種別に異なるファクタリングプランを設けています。

例えば売掛サイトが長い建設業からのご利用の場合、支払期限を長く設定してくれる、繰り返し利用で手数料低減などの対応を行なっています。

全ての業種に適したプランを用意してくれているため、他社よりもお得にファクタリングが利用可能です。

メンターキャピタルのファクタリングご利用の流れ・必要書類

メンターキャピタルの利用ニーズ

次にメンターキャピタルのファクタリングを利用する際の申し込み方法や必要書類などを解説して参ります。

まずメンターキャピタルにお申し込みの際には、以下の書類をご用意して下さい。

●事業者の身分証明書
●売掛金の存在証明書類
(請求書や基本取引契約書など)
●通帳のコピー
●決算書の写し
スムーズにファクタリング契約を行えるように、上記の書類は事前に用意しておきましょう。
続いてメンターキャピタルのご利用方法や実際の契約の流れをご紹介します。

STEP1.お申し込み・ヒアリング

ご利用をお考えの方は、メンターキャピタルのホームページより、会社所在地、請求書の金額などを入力・送信し、お申し込みを行って下さい。

なお申し込みフォームを送信することで、無料査定を受けることができます。

お申し込みを迷われている方でも、事前に手数料や買取金額を知ることができるため、安心です。

STEP2.必要書類の提出&審査

続いて、上記の書類を提出し、審査が行われます。

なおメンターキャピタルの審査では、取引先の信用情報や売掛金の支払い実績などが重視されます。

赤字業績・税金滞納だったとしても、ファクタリングの審査には影響ありませんので、ご安心ください。

【関連記事】ファクタリングの審査時における業者側の心理と審査落ち理由を解説

STEP3.ファクタリング契約&入金

審査に通過後、メンターキャピタルより契約書が送付されます。

契約書に必要事項を記入し、捺印をして再送すればファクタリング契約は完了です。

契約書を提出すれば、すぐに買取代金が入金されます。

STEP4.メンターキャピタルへ支払い

後日、取引先より売掛金が入金されましたら、メンターキャピタルに支払いを行って下さい。

なお3社間ファクタリングをご利用の際には、メンターキャピタルへの支払いは取引先が直接、行います。

メンターキャピタルの口コミ・評判を解説

最後に、メンターキャピタルを実際に利用したという方々の口コミ評判をご紹介します。

初めての利用だったのですが、買取結果に大満足です

初めて申し込みをしたので信用面で不安がありましたが、高額買取を行なっていただけました。

300万円の売掛金を270万円で買い取っていただき、無事に取引先への支払いを済ませることができました。

入金後も、資金繰りに関する悩み相談などでお付き合いをさせてもらっています。

建設業(奈良県)

未納分の税金を支払うことができました

1年半滞納していた税金をようやく完済することができました。

おかげさまで 銀行からの評価も回復し、今後は銀行融資の利用も選択肢に入れられそうです。

製造業(熊本県)

問い合わせの翌日に資金調達をすることができました

不渡り直近で、スピーディーに契約をしていただけるファクタリング会社を探していました。

メンターキャピタルさんは一斉申し込みをした4社の中で最も早くお返事をいただけたので、利用を決めました。

申し込みをした翌日には契約〜入金を行うことができ、無事に不渡りを回避することができました。

卸売業(佐賀県)

大口の資金調達にも対応して頂き、感謝です

800万円ほどの売掛金を現金化したかったのですが、どこの会社も大口債権の買取に対応してくれず…

問い合わせを続けること6社目のメンターキャピタルさんで、ようやく買取を行ってもらえました。

大口債権の買取可能!などと謳っていても、実際には買取は行わない業者が多いのですね。

今後のファクタリング会社選びの参考にします。

小売業(神奈川県)

メンターキャピタルの総合評価:まとめ

メンターキャピタルの資金繰りの悩み

メンターキャピタルのファクタリングに関する情報やサービス内容をまとめると、以下の通りです。

・手数料は5%〜20%
・業種ごとにファクタリングプランを設けている

・審査が柔軟、諸条件は特になし

資金繰りにお悩みの方、対応が速いファクタリング会社のご利用を検討中の方にメンターキャピタルはオススメの業者です。

メンターキャピタルの無料査定

お申し込みを迷われている方は、まずは一度公式サイトより無料の手数料査定を行ってみることをオススメします。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

おすすめの記事