ファクタリングでリース料を調達しよう!

リース料が払えないとリース物件を使用することができず、営業の際に大きな支障が出てしまいます。

リース料が払えないという時にオススメの資金調達法はファクタリングです。

本記事ではリース料が払えないとどうなるのか、対処法などを解説致します。

リース料をすぐに調達できるファクタリング会社

リース料をすぐに払わないといけない状況下では、何よりもスピードが重要です。

そこで即日入金可能かつ手数料も安めのファクタリング会社をご紹介します。

ベストファクター
ベストファクターの特徴
【限度額】30万円~1億円
【スピード】最短即日
【手数料】2%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
【限度額】30万円~500万円
【スピード】最短即日
【手数料】5%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメントの特徴
【限度額】50万円~5,000万円
【スピード】最短即日
【手数料】3%~20%
【2社間】◎
【3社間】◎
【対応地域】全国対応可

リース料を滞納するとどうなる?

不機嫌なお面をかぶる人

経営が行き詰まりリース料の支払いを滞納してしまうと、どうなるのでしょうか?

まず考えられるのは請求書が届いたり、支払い催促の電話が会社に来ることです。

それでも支払いが滞ると、実際にリース会社から依頼を受けた回収代行業者が会社に訪問して支払いを請求していきます。

なお支払いを延滞すると、今度はリース契約時に記載した保証人や保証会社に延滞リース料の請求が行ってしまい、多くの方に迷惑をかけることになります。

大抵の場合、リース料の取り立てはリース会社ではなく回収業者が代行して行います。

回収業者は債権回収のプロであり、リース料を踏み倒すことは絶対にできません。

最悪の場合は財産の差し押さえや業務停止、さらには訴訟といった法的措置が取られる可能性もあり、そうなるともはや業務どころではなくなってしまいます。

リース料の督促が来たらどうすればいい?

もしもリース料を滞納してしまい、リース料の督促が来たらどうすればいいのでしょうか?

最初の段階ではリース会社もいきなり法的措置を取ろうとは考えていません。

したがってまずはリース会社と交渉し、「滞納金の〇〇パーセントだけ支払う」・「とりあえず1ヶ月分だけ、支払いをする」など、少しでも支払い条件をよくしてもらえないかどうか冷静に話し合ってみましょう。

リース会社にとって最悪な事態はリース料の支払いが不能となり会社が倒産し、一方的に損をしてしまうことです。

ですので少しでも支払いの意思があるのならば、交渉に取り合ってくれる可能性は高いと言えます。

リース料を滞納することのデメリット

落ち込む男性

リース料を滞納しても、当然ながら良いことはひとつもありません。

以下で詳しく解説していきましょう。

①リース物件が使用不可能になる

当然ながらリース料を滞納すると、今まで使っていたリース物件を使用するのは不可能となります。

コピー機や工具類だったらまだ代わりが効くかもしれませんが、パソコンや電話、車やフォークリフトなどは商売の根幹です。

それらのリース物件を失ってしまうと、リース料を支払うどころではありません。

業務ができなくなり、すぐに倒産へと追い込まれてしまいます。

②保証人や保証会社に連絡が行く

もしもリース会社からの請求があった後も支払いを行わなかった場合、リース契約時に記載した保証人や保証会社にリース料の請求が行ってしまいます。

そうなると保証人になってくれた知り合いの方や保証会社に多大なる迷惑がかかってしまいます。

また保証会社はクレジットカード会社や銀行といった金融機関とつながっていることもあり、保証会社から各金融機関に会社がリース料の延滞をしているという情報が広まってしまう可能性があります。

そうなると、金融機関を利用して資金調達をすることはできなくなってしまいます。

③会社の信用を失ってしまう

周囲にリース料の滞納がバレてしまうと、経営がうまく行っていないと感づかれ、会社の信用を失ってしまいます。

具体的には取引先や仕入先から契約を打ち切られたり、従業員が退職してしまうといったことがあるかもしれません。

そうなってしまうと、やはりリース料の支払いどころではなく、会社は破産してしまうでしょう。

④破産を迫られる

リース料を滞納すると、リース会社は弁護士を雇うことがあります。

弁護士と調査会社によって会社と経営者自身の身辺調査が行われ、経営状況や会社の収支、負債総額、返済状況、財産といったことが調査されます。

そして調査によってもしも支払い能力がないと判断された場合、任意整理や個人再生、破産といった選択を弁護士から迫られます。

破産をしてしまうと従業員全員が路頭に迷うことになり、経営者自身はブラックリストに登録され、銀行やクレジットカードを利用したり、携帯電話を契約することができなくなってしまいます。

リース料を調達する方法は?

疑問に思う女性

リース料をなんとか調達する方法として、考えられるのは銀行・カードローン・商工ローン・消費者金融といった借金です。

ただ借金をするときには審査があり、リース料を滞納しているという現状では融資を断られてしまうのが普通でしょう。

また家族や友人や知人から借金をするということも考えられますが、お金に関することですから後々の人間関係にヒビが入ってしまうリスクがあります。

そのため家族や友人、知人を頼るのはオススメできません。

そもそもリース料を払うために、借金をするのは得策であるとは決して言えないでしょう。

借金をしてリース料を払うのは一時的なしのぎに過ぎず、リース料の支払いはできても今度は借金の返済に苦しむ羽目になるのは明らかです。

ファクタリングを利用した無借金経営の維持と注意点

ファクタリングを活用しよう

リース料の調達にお悩みのときは、借金ではなくファクタリングを活用することをオススメします。

売掛債権を現金化すればリース料の支払いをすることができ、今後も業務を続けていくことが可能です。

3社間ファクタリングならば、取引先にファクタリングを知られることがなく、秘密裏に資金調達ができます。

審査は主に売掛先の信用が見られるので、経営難に陥ってしまっている場合でも問題はありません。

リース物件が使えなくなってしまったり、取引先や従業員の信頼を失ってしまう前にファクタリングですぐに資金調達をしましょう。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事