地球と世界の国旗

国内でのやり取りと比べて、信用調査がやりにくい海外企業は、代金回収のリスクも跳ね上がります。

貿易を行う企業にとって、輸出代金が支払われないというのは死活問題ですし、実際そうした問題に対処するためにL/C(信用状)を使った取引も存在します。

このL/Cに代わって、新たに「輸出債権の確実な回収」が可能な方法として近年一般化してきたのが「国際ファクタリング」。

本記事では、この国際ファクタリングの特徴やメリット・デメリット、L/Cとの違いなど、まだどういうものか分からない方に向けて解説していきます。

債権を確実に回収できる「国際ファクタリング」

握手する様子冒頭でも述べましたが、国際ファクタリングの目的は「代金回収にかかわるリスクヘッジ」と「輸入企業の信用調査」の2つです。

まず、ファクタリング会社は輸出企業の依頼を受け、輸入企業の信用調査を行います。そのうえで問題ないと判断すれば、輸出企業に対して支払いの保証をするのです。

このように、同じ売掛債権現金化(ファクタリング)でも、資金調達を主な目的とする「一括ファクタリング」とは、仕組みも少々異なるのが特徴といえます。

さて、海外と取引をする企業の方はご存じでしょうが、もともと代金を回収するリスクを減らすために使われていたものがあります。それが「信用状(L/C)」と呼ばれている書状です。

ここで、国際ファクタリングと信用状(L/C)の違いを簡単に説明していきましょう。

信用状(L/C)と比較すると?

信用状(L/C)とは、輸入国の銀行が輸入企業からの依頼で発行する書状のことです。信用状があれば、輸入企業に代わって銀行から支払いを確約してもらえるので、回収不能になるリスクを防ぐことができます。

Webを介して海外とのやり取り盛んになってきた現在、法人企業が国外とやり取りをするときはこのL/C決済が基本です。

国際ファクタリングと同じように、取りっぱぐれるリスクを無くすために生まれたものと言って良いでしょう。

しかし、信用状にはデメリットも存在します。簡単に箇条書きで表すと、以下のようなものが挙げられます。

  • 手続きがかなり煩雑、とにかく書類が多い
  • 銀行の審査が厳しい
  • 書類の到着にも時間がかかる
  • 非常に厳格で、一文字でも書類に不一致があれば保証が成立しない

たとえば、販路を拡大するために、規模の小さな法人バイヤーとやり取りをするとします。通常であればL/C決済で取引をしたいのですが、残念ながらバイヤーの信用力が低く、L/Cが解説できませんでした。

こうした場合、リスクを抱えてバイヤーと取引をするか、L/Cが発行できないのであれば仕方なく諦めるか、という2択になってしまいます。言わずもがなビジネスとしては望ましいモノではありません。

そもそも、L/Cはかなり厳しい審査を経て開設できるもので、手続きにも時間がかかります。制限も強制力も低いのも相まって、取引の自由度が低くなってしまうのもネックです。

そこで登場したのが、大手金融機関による「国際ファクタリング」です。

代金回収という目的は同じであるものの、ファクターという第三者が介入することによって、より確実に代金を回収できるような仕組みが整えられています。

それでは、国際ファクタリングのメリットや仕組みを紹介していきましょう。

国際ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングをして握手をする様子国際ファクタリングを利用するメリットは、ざっくり挙げると以下の5つです。

  • 輸出債権を確実に回収できる
  • 海外バイヤーの信用調査ができる
  • 出荷証明書類のコピーのみで取引が可能、L/C(信用状)取引より簡単
  • 三国間貿易にも使える
  • 輸出債権の取り立て管理まで

それでは、具体的に解説していきましょう。

輸出債権を確実に回収できる

ここまで散々説明したとおり、もし輸入会社が行方をくらましたとしても、ファクタリング会社が支払いを保証してくれます。

国際ファクタリングを利用する最大のメリットといえるでしょう。

海外バイヤーの信用調査ができる

信用調査をしたうえで、支払い保証を行うので、輸入企業の支払い調査も同時にできます。

信用状の開設より審査基準は緩い傾向にありますので、海外のバイヤーと取引をする際にはうってつけでしょう。

出荷証明書類のコピーのみで取引が可能、L/C(信用状)取引より簡単

出荷を証明する書類(輸入・輸出の証拠)があればファクタリング依頼は可能です。

さまざまな書類が必要なL/C取引よりはるかに簡単に手続きは終わります。

三国間貿易にも使える

2国間貿易だけでなく、3国間貿易にも可能です。L/Cですととんでもない手間がかかるのですが、国際ファクタリングであればそこまで手続きに時間はかかりません。

輸出債権の取り立て管理まで

海外ファクタリング会社が、取引先に接触しますので、信用調査だけでなく、多くの輸出債権の取り立て管理も行ってくれます。

上記のように、「L/Cより手軽」「柔軟性がある」「支払い保証ができる」点が大きなメリットといえます。

ただし、以下のようなデメリットもありますので、利用する際は注意しておきましょう。

国際ファクタリングが抱えるデメリット

悩みを抱える経営者一方、国際ファクタリングが抱えるデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • L/Cと比較して手数料が比較的高額
  • 信用調査に時間がかかる
  • 取り扱っているのが大手金融機関のみ、比較対象が少ない

それでは、詳しく解説していきましょう。

信用状と比較すると手数料が高額

信用状(L/C)も開設手数料がかかるのですが、ファクタリングはそれよりも手数料がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

さらに、多くのケースで実行代金は輸出企業持ちなので、その点にも注意しておきましょう。

信用調査に時間がかかる

信用調査は、通常依頼から3週間~1ヶ月程度かかります。こちらも信用状(L/C)と比べると大きな差はありませんが、一括ファクタリングのように最短即日とはいきませんので、急ぎの場合は注意しておくべきでしょう。

取り扱っているのが大手金融機関のみ、選択肢が少ない

地味ながら大きなデメリットとして、国際ファクタリングを取り扱うのが大手金融機関のみなので、サービスの比較がしづらい点が挙げられます。

確認した限り、どこも大きな問題を抱えているわけはないのですが、競合が少ないので手数料なども安くなりにくい…というのがネックです。

上記のように、「決して安くはない手数料」「手続きは少々時間がかかる」「そもそも選択肢が少ない」のはデメリットといえます。

このデメリットを把握した上で、国際ファクタリングに大きなメリットを感じるならば利用すべきと言えるでしょう。

国際ファクタリングの仕組み

PCと様々な書類一般的には、下記のような流れで国際ファクタリングは実施されます。

国内と海外のファクタリング会社が関わった、4社間でのやり取りになりますので少しややこしいですが、なるべく簡潔にまとめました。

  1. 国内の輸出企業が輸入企業にファクタリングの利用許可を貰う
  2. 輸出企業が国内のファクタリング会社に輸出企業の信用調査を依頼
  3. 国内の会社は、それを提携している海外のファクタリング会社に同じく依頼
  4. 海外のファクタリング業者は輸入企業の信用を調査、国内ファクタリング会社を通じて輸出企業に伝える
  5. 結果に問題が無ければ輸出企業と輸入企業は売買契約を結ぶ
  6. 輸出企業は、輸入企業に輸出船積書類を送付(ファクタリング会社にはコピーを送る)
  7. 期日になったら、輸入企業は海外のファクタリング会社に代金を払う
  8. 海外のファクタリング会社は、受け取ったお金を日 本の銀行口座に振り込んで完了

なお、7でもし輸入企業から代金が支払われなかった場合でも、国内・海外のファクタリング会社の代行で支払いが保証されます。

加えて、これはファクタリング会社によるのですが、支払い期日前でも輸入企業の要請があれば、立て替え払いを実施するケースもあります。

国際ファクタリングを取り扱う金融機関

国際ファクタリングについて調べる様子最後に、国際ファクタリングを取り扱うのは大手金融機関に限られますので、ここで主な金融機関を紹介していきます。
仕組み上、サービスの優劣に大きな違いはありませんので、信用のある所に依頼してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事