納得する個人事業主

社会的には信用力が低いとされる個人事業主(フリーランス)は、基本的に銀行などから融資を受けるのが難しい立場にあります。「事業資金を調達したくても門前払いされる」「小額の融資を頼むと断られる」など、融資が受けられず資金繰りに頭を悩ませる個人事業主は少なくないでしょう。ですが、直接の融資が受けられなくとも、未払いの売掛債権を売却することで早く資金を調達できる「ファクタリング」であれば実行可能なことをご存じでしょうか。本記事では、資金調達が必要な個人事業主の方に向け、ファクタリングを行う「メリット」と「注意点」を紹介します。

ファクタリングは個人事業主に向いた資金調達手法?

一万円札もともと融資の受けにくい個人事業主は、運転資金の調達手法もかなり限られてきます。
ですが、ファクタリングは、実は数ある資金調達手法の中でも個人事業主に適した手法といえます。
理由としては、いかのようなものが挙げられます。

・ファクタリングの審査は「売掛債権の支払人」の信用調査がメイン
・3社間ファクタリングであれば手数料を抑えやすい

それでは、詳しく解説していきましょう。

ファクタリングではカスタマー(売掛金の支払い人)の信用が重視される

冒頭で説明したとおり、そもそも個人事業主は社会基盤のうえでは弱い立場にあります。
ですが、それは自身の信用レベルでの話。ファクタリング実行の際に行われる審査は本人ではなく売掛金のもともとの支払人である「カスタマー」の信用を重視するためです。

もし、大手企業や国家事業などに携わっているなら「まず取りっぱぐれることがない」優良債権になりますから、ファクタリング審査は圧倒的に通りやすく、手数料も抑えることができます。

3社間であれば手数料も抑えられる

ファクタリングには、大きく分けて2社間取引と3社間取引があります。
2社間取引は依頼者とファクタリング会社のみで債権の買い取りをするため、取引先に知られずに実行できるという特徴があります。

ですが、個人事業主は2社間ファクタリングを行うことができません。(詳細は後述)
よって、売掛債権を回収しやすい3社間ファクタリングを実行するほかないのです。
ですが、法人では取引先との信用にかかわるため、取引先に頼みづらいケースも少なくありません。

その点、個人事業主であれば大口の取引の場合、ファクタリングの実行依頼を聞き入れてくれるケースが多いようです。
業種にもよりますが「法人と比べて比較的3社間ファクタリングは頼みやすい」というのは少なからずメリットになるでしょう。
このように、個人事業主にとってファクタリングは、有用な資金調達手段の一つとなる重要なものですが、ファクタリング会社にとって個人事業主は決して優良な顧客ではありません。

続いて、断られる理由と注意点を説明していきましょう。

ファクタリング会社選びに注意しよう。個人事業主が断られやすい理由

事業資金を出すファクタリング業者先ほど、ファクタリング会社にとって個人事業主は優良顧客になりにくいという話をしました。
一体なぜなのでしょうか?

ファクタリング業界の現状など、さまざまな情報を総合した結果、おおむね以下の2つの理由が原因となっているようです。

  1. 個人のため、債権譲渡登記が不可能
  2. 小口取引になるため利益が発生しにくい

「債権譲渡登記」という聞きなれないワードが出てきましたね。

以下で詳しく解説していきましょう。

債権譲渡登記が不可能

まず、個人なので「債権譲渡登記」が不可能という点が、ファクタリング会社にとって敬遠すべき事項にあたります。

債権譲渡登記ができないと、仮に依頼者(個人事業主)側がもうひとつ別の会社でファクタリングを実行していた場合、早く実行していた会社のみが利益を得、あとから実行した会社は利益を得ることができません。

この状況を防ぐためには「債権譲渡登記」が必要なのですが、法人ではない個人事業主はこの手続きができず、第三者への対抗要件を持てない状況になってしまいます。
よって、その状況が起こりうる2社間ファクタリングは引き受けてくれず、個人事業主がファクタリングを断られる要因にもつながっています。

小口取引となるため利益が発生しにくい

個人事業主と法人とでは、もちろん平均して法人の方が大きな額の債権を持ち込む傾向にあります。
ここで重要なのがファクタリング実行にかかる費用とファクタリング会社がどのように利益を発生させているか、という2点です。

ファクタリングの実行には、金額にかかわらず、事務費だけで3〜10万円の固定費がかかります。
したがって、個人事業主ばかり相手にしていては薄利多売になりがちどころか、利益が出ないことも考えられるためです。

結論:個人事業主可と明記された会社に申し込もう

それでも、近年はファクタリングのサービス競争により、個人事業主でも申し込める会社がかなり増加しました。
公式HPなどで確認すれば、「個人事業主や零細企業にも対応」をウリにしている会社をいくつか見つけられるでしょう。

とはいえ、審査に通るかどうかはまた別の話です。
取引先の信用はこちらからはどうしようもないとはいえ、個人事業主自身もまたスムーズに業務が進行できるよう、準備を整えておく必要があります。

取引先の信用は問題ないか、2年以上の安定した入金履歴が正確に記録されているか、またそれをすぐに提出できるよう帳簿はふだんから整理できているか…
抜かりの無いようにしっかりと準備しておきましょう。

まとめ:売掛債権は早めに買い取ってもらい、キャッシュフロー改善に充てよう

ファクタリング実行にかかる手数料は銀行の融資より少し割高であるものの、そもそも銀行から融資を受けるのがほぼ不可能な個人事業主にとってはファクタリングが資金調達の大きな選択肢になることは間違いありません。
取引先の信用が重視される点と個人のため(状況によりますが)比較的3社間ファクタリングを取引先に依頼しやすい立場にある個人事業主は、実行にも向いています。

正しい会社選びをして、長期的に必要であればファクタリングを実行するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事