labol(ラボル)の公式サイト

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主として働く方や、小規模事業者の資金調達を行っているオンライン完結型AIファクタリングサービスを提供している会社です。

独自開発のAIシステムによって請求書の買取り可否を即座に判定してくれて、最短60分で振込を受け取ることができます。

この記事ではlabol(ラボル)のAIファクタリングサービスを利用する手順と口コミ評判を解説していきます。

labol(ラボル)のAIファクタリングサービスの特徴

labol(ラボル)でご利用できるファクタリングについて

labol(ラボル)が提供している「AIファクタリングサービス」は、フリーランス・個人事業主や小規模事業者のための完全オンライン型ファクタリングサービスです。

フリーランス・個人事業主だと利用できないファクタリングが多い中、AIファクタリングは個人事業主・小規模事業者に向けたサービスです。

決算書や入出金明細書など面倒な書類も必要ないので、独立直後でも新規取引様の請求書でも利用することができます。

一番の特徴は、独自開発したAIシステムが審査してくれるので、電話や来店での面談も必要なくオンライン上で申込みから契約まで完結するので、簡単でスピーディーに取引することができます。

企業に比べて信用が低いフリーランス・個人事業主・小規模事業者のファクタリングサービスは数えるほどしかなく、他社で断られて諦めている方でもAIファクタリングサービスを利用すれば、事業継続や事業拡大の味方になってくれるはずです。

labol(ラボル)のAIファクタリングサービスの内容や手数料を解説

labol(ラボル)が提供しているAIファクタリングサービスの内容と手数料を以下の表で解説します。

取引形態2社間取引
買取可能金額10,000円~100,000円(初回)
※ご利用回数や与信タスクの実施により限度額が上がります
手数料一律10%(買取依頼金額に対して)
※お支払い時の振込手数料は自己負担
初期費用・月額利用料無料
ご利用対象者フリーランス・個人事業主・法人
入金スピード最短60分
対応エリア日本全国
買取債権法人に対しての債権(支払期日が150日以内)
支払期日請求書の支払期日+3日

※初回買取申請完了後のアンケートや書類提出の与信タスクを実施することで与信枠を増額させることが可能です。

labol(ラボル)を運営している運営会社

labol(ラボル)の運営会社labol(ラボル)を運営している株式会社ラボルは、2021年12月1日に東証プライム上場企業である株式会社セレスの子会社として新設されました。

セレスグループの傘下として、フリーランス向け即日先払いサービス「nugget(ナゲット)」を継承し運営してきましたが、2022年2月1日よりサービス名称を会社名である「labol(ラボル)」へ統一しました。

運営サイトlabol(ラボル):※旧nugget(ナゲット)
運営会社株式会社ラボル
事業内容
  • ファクタリング事業
  • メディア事業
資本金5,000万円
所在地東京都世田谷区用賀4-10-1
世田谷ビジネススクエアタワー 24階
代表者吉田 教充
親会社株式会社セレス
(東証プライム上場・100%資本)

株式会社ラボルは東証プライム上場(旧東証一部上場)企業の100%子会社であり、信頼性のあるファクタリング会社です。

labol(ラボル)のオフィス外観

ラボルが入居するオフィスビルは東急田園都市線「用賀駅」の駅前に佇む世田谷ビジネススクエアタワーになります。

AIファクタリングサービスのご利用手順を解説

labol(ラボル)のご利用方法(流れ)

AIファクタリングサービスを利用する手順と必要書類を解説していきます。

ご利用の手順
  1. 無料会員登録
  2. 買取申請
  3. 審査&入金

以上の3STEPで簡単にご利用できます。

手順を詳しく解説していきます。

1.無料会員登録

「今すぐお申し込み」のボタンを押して、メールアドレスを入力をしたら、利用規約のチェックボックスにチェックを入れて「メールを送信する」のボタンを押します。

メールの送信が完了すると入力したメールアドレス宛にパスコードが記載されているので、パスコードを入力して無料会員登録を行います。

氏名やメールアドレスなどの情報を入力して、ご本人確認書類をアップロードすれば完了です。

必要な情報と書類
  • 氏名
  • 性別
  • 職種
  • 月間売り上げ
  • 資金の必要時期
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 身分証明書(免許証やマイナンバーカード等)
  • 受取口座情報

2.買取申請

会員登録が完了したら買取申請を行います。請求書とエビデンスのアップロードをして資金調達したい金額を入力してください。

エビデンスとは取引先の担当者とのメールやLINEなどの連絡履歴のことを言い、以下のエビデンスをご用意してください。

提出可能エビデンス
  • 取引先担当者が、請求内容を了承していることが分かるメール
  • Slack(ビジネスチャット)メッセージのスクリーンショット
※上記のエビデンス提出がどちらも難しい場合は下記の提出でも可能です。
  • LINEやChatworkで取った連絡履歴
  • 取引先からの過去の入金履歴
  • 押印済みの発注書や契約書
  • 通帳のコピー
  • その他取引を証明するエビデンス

上記の通りエビデンスの提出はメール1点だけでもできますが、数が多いほど審査通過率が上がるので出来るだけ多く集めてください。

3.審査&入金

申請内容に基づいて独自開発のAIシステムが請求書の買い取り可否を即座に行ってくれて、審査が通れば24時間365日即時入金となります。

インターネット上の様々なテクノロジーを活用したlabol(ラボル)の技術により、会員登録から最短60分での資金調達を可能としています。

labol(ラボル)にお支払いを行う手順

売掛債権の支払期日がきたらお客様からlabol(ラボル)へお支払いをします。

お支払いの手順
  1. 取引先からの入金を受け取る
  2. サービス利用時に申請した金額を指定口座へ振込み
  3. お支払いを確認したらお取引完了となります

お支払いの注意点

  • 支払い口座が分からない場合はマイページからもご確認することができます。
  • 必ず取引先からの入金後にお支払いをしてください。取引先からの入金がない場合や入金が遅れる場合はご担当者に連絡をしてください。
  • お支払期日は「請求書の支払期日+3日」ですが、支払期日が土日祝の場合は翌営業日が支払い期限となります。

labol(ラボル)のAIファクタリングの特徴とメリット

labol(ラボル)が選ばれる特徴をご紹介

AIファクタリングサービスの特徴やメリットを紹介していきます。

フリーランス・個人事業主向けのサービス

labol(ラボル)の目的はフリーランスや個人事業主として働く方の資金調達手段として、webで完結できる「請求書買い取りファクタリングサービス」です。

ほとんどの会社が提供しているファクタリングサービスは、中小企業や大企業が資金調達することを目的としているので最低利用額が30万円~など少額の利用ができませんが、labol(ラボル)では1万円から利用することができます。

社会的信用が低いフリーランス・個人事業主は融資を受けることも難しく、独立したてとなると資金調達はより難しくなります。

フリーランスの暮らしを豊かにする目的であるこのサービスを利用すれば、資金調達をより身近にすることが可能になります。

必要書類が少ない

AIファクタリングサービスを利用するための必要書類は、請求書と身分証明書とエビデンスの3点だけです。

他社のファクタリング会社を利用する場合は、決算書や確定申告書類が必要となります。

こんなにも少ない書類で利用できれば、新規事業を始めようとしている方でも気軽に利用することができます。

最短60分入金のAIシステム審査

labol(ラボル)が独自開発をしたAIシステムが行う機械学習により、正確に素早く審査を行うことが可能となりました。

このAIシステムの素早さにより、会員登録から最短で60分の資金調達をすることができます。

オンライン完結サービスで日本全国からご利用可能

labol(ラボル)のAIファクタリングサービスは全てオンラインで完結します。

マイページで申し込みから必要書類の提出も行い、担当者とやり取りをしたいときも基本的にはメールで行います。

面談をすることがないので、利用したいときは日本全国どこにいても利用することができます。

電話や郵送物がないのも、気軽に利用できる理由の一つとなります。

与信タスクを上げて限度額を上げられる

labol(ラボル)のAiファクタリングサービスは与信タスク制度を設けています。

この与信タスクを行うことで利用限度額を引き上げることができます。

与信タスクの項目
  • TwitterやFacebookへの投稿
  • 公共料金領収書の提出
  • 通帳コピーの提出
  • マネーフォワードと連携する
  • 3ヶ月以内の戸籍謄本
  • 前年度の課税証明書全項目
  • 前年度の源泉徴収票・確定申告書
  • 前年度の青色申告書
  • labol(ラボル)からのアンケート

以上の与信タスクを行うと初回10万円の上限額が2回目以降の利用時に、最大345,000円まで引き上げることができます。

与信タスクは初回買取申請完了後にタスクの実行が可能となります。

もちろん審査結果では上がらない場合もありますが、困ったときに利用できる金額は多い方がいいので是非タスクを実行してください。

labol(ラボル)の口コミ評判をご紹介

AIファクタリングサービスを実際に利用したお客様の口コミから評判を紹介していきます。

28歳 G.Yさん
支払サイトを気にしなくなりました!

いつか起業をしようと考えていてその前のステップとして昨年フリーランスになりました。
仕事の案件は毎月獲得できていて生活も安定していたのですが、単価が低いことが課題でした。
単価の高い上場企業から仕事の打診がありましたが、支払いサイトが長かったので受注するか迷っていたときに、ラボルについて知って初めて利用しました。
報酬が即日で手に入ってラボルへの支払いは取引先からの入金後で良いというのが自分にはピッタリでした。
審査に必要な書類も、送付した請求書と取引先担当者からのメールだけだったので、直ぐに申込できました。
それ以来ラボルを利用することで、支払いサイトを気にせずに大型案件を受注することができて単価を上げることができています。
3年以内の起業を目指してこれからも頑張ろうと思います。

labol(ラボル)公式サイトより

33歳 Y.Sさん
立て替え払いの心配がなくなりました!

WEB構築のプロジェクトをしています。
会社に勤めていた時、知り合いに頼まれたことをきっかけに副業を始めましたが、副業の方が収入が高くなったので3年前に独立しました。
デザイナーへの発注も自分で行っているので、取引先からの入金がある前に立て替え払いが発生することも多く、常に手元資金を気にする必要がありました。
そんな中、取引先から入金が遅れるという連絡があって困っていたところ、Twitterでラボルについて知りました。
このようなサービスは利用したことがなかったのですが、一部上場企業が運営しているという安心感と、使い方が分かりやすかったので利用しました。
これからはラボルも利用しながら手元資金のバランスを整えていこうと思います。

labol(ラボル)公式サイトより

labol(ラボル)のAIファクタリングサービスのまとめ

labol(ラボル)についてのまとめ情報

labol(ラボル)のAIファクタリングサービスは、フリーランス・個人事業主が手元に用意しやすい書類だけで手軽に資金調達ができる魅力的なサービスです。

利用金額も1万円からで入金も最短60分でしてくれるので、急に細かい支払いが起きても気軽に利用できる便利なサービス。

設立が2021年と新しい会社ですが、東証プライム上場企業の子会社なので信頼度も高く安心できます。

元々フリーランス・個人事業主のみを対象としたサービスでしたが、ファクタリングサービスの需要に伴い2022年3月より小規模事業者に向けての法人利用も可能となりました。

今までフリーランスでラボルのサービスを利用していた方が、取引上の必要性から法人化したためにサービスが利用できなくなる場合がありましたが、法人利用も可能となったため業態変更に柔軟に対応できるようになりました。

個人事業主の方で資金繰りに困っている方は、是非labol(ラボル)のサービスを活用してください。