建設業のキャッシュフロー改善はファクタリングがおすすめ

建設業はファクタリング・サービスとの相性が良い業種であることはご存じでしょうか?

建設業が抱える資金繰り面でのデメリットは、ファクタリングで得られるメリットとよくマッチしているのです。

今回は「なぜ建設業はファクタリングに向いているのか?」「建設業でファクタリングを利用するとどんなメリットがあるのか?」の2点について、わかりやすく説明していきます。

ファクタリングの導入に迷っている方は、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

資金繰りを円滑化する「ファクタリング」は建設業向き

二つのペン

ファクタリングは、以下の特徴を持つ建設業と相性の良い手法です。

  • 支払いサイトが長く、売掛金額が高い
  • 立て替え払いが多い
  • 役所仕事が多く、売掛先の与信が高い
  • 貸し倒れ率が他の業界と比べて高い
  • 利用率の高さから、ファクタリングの認知度や理解も進んでいる傾向がある

特に「売掛金額」と「与信の高さ」については手数料に直結します。

認知度が高く3社間ファクタリングを行いやすい点も含めて、大きなメリットといえるでしょう。

売掛金額が高いので、融資を受けるのと同程度に多くの額を調達できるケースも多いです。

その他、業界の体質上立て替え払いが多かったり、貸し倒れ率の高かったりする部分も無視できません。

ファクタリングは、こうした業界としてのデメリットを払拭できる手法であるためです。

手形と違って不渡りリスクもなし。建設業界では一般的な手法に

加えて、手形割引と違って「不渡りリスクがない」という点も無視できません。

建設業界では、昔から取引の際に手形が用いられるケースも多かったのですが、管理コストや不渡りリスクの存在など、完璧な手法とはいえませんでした。

ファクタリングは、これらの課題を解決しつつ少ない手数料で素早く資金調達できる手法として、建設業界では瞬く間に広まっていったのです。

上記のように、ファクタリングは建設業界と非常に相性の良い手法であることが理解できたかと思います。

加えて、実のところそれ以外にも「建設業の資金繰りが不安定」であるというのもファクタリングの普及には一役買っているのです。

続いて、資金繰りの難しさと、ファクタリングで解決できるポイントについて触れていきましょう。

建設業の資金繰りの厳しさと、ファクタリングで解決できるポイント

巨大な重機

建設業の資金繰りの問題点は、以下の通り。

  • 貸し倒れ率が高め
  • 前払い・立て替え払いが多い
  • 支払いサイトが長い
  • 自然災害により工事が長期化する恐れ
  • 支払いは待ってくれない

それでは、順を追って説明していきましょう。

貸し倒れ率が高め

建設業界は、貸し倒れ率が高い業種のひとつです。

その理由として、建設業務自体が「1社で賄いきれる規模の仕事ではないことがほとんど」という点が挙げられます。

1社ではどうにもならないので、持分ごとに特殊な技術・部品を持った下請け、孫請けに依頼せざるを得ません。

このように細分化した結果、仕事こそ増えますが倒産による連鎖倒産・黒字倒産のリスクも増えます。

ですから、手形を取得していても突然不渡りになる、ということは常に懸念しておかなくてはならないのです。

一方でファクタリングの場合、1度債権が売却されれば不渡りリスクを回避できます。

リスクヘッジという意味合いにおいて、非常に有効な手法といえるでしょう。

前払い・立て替え払いがとにかく多い

人権費をはじめ、前払い・立て替え払いによる工事に入る前の出費は決して少なくありません。

支払えなければ仕事はできず、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうケースもあります。

これらを防ぐことが可能なのがファクタリング。

キャッシュを前もって確保しておくことで、より多くのチャンスを得て利益を上げられます。

支払いサイトが長い

建設業界は、請求書を取り交わしてから実際の入金が1年後になることもあります。

その間出費が減るわけではなく、支払いサイトの長さは資金繰りを難しくしてしまいます。

ファクタリングなら、最短5日程度で入金することで余裕を持って経営に臨めるのが強みです。

自然災害により工事が長期化する恐れ

自然災害や、やむを得ない状況で工事が長期化してしまうことがあります。

長期化すると入金日も延びますので、ますます苦しくなってしまうことは想像に難くありません。

これも、前もってファクタリングで現金化しておくことで、入金日の遅れを回避できます。

支払いは待ってくれない

上記のように、やむを得ない工事の長期化で支払いサイトが長くなっても、支払期日が伸びるわけではありません。

シビアな現実ですが、キャッシュに余裕を持たせておくことで支払いに間に合わないといったトラブルも回避可能です。

このように、建設業界の経営者が抱えがちな問題は、ある程度ファクタリングで解決することができます。

実際に、ファクタリングの活用で経営を立て直した、軌道に乗らせたといったケースも少なくありません。

とはいえ、利用の上で気になるのが「手数料」。

手数料が高いなどで敬遠する人も少なくはないでしょう。

続いて、この手数料はどの程度なのかについて解説していきます。

ファクタリング業者にとって建設業は「優良顧客」。手数料も安い

握手をする様子

建設業界にとって、ファクタリングは相性が良いと先ほど説明しました。

実は、ファクタリング業者にとってもこれは同じで、建設業者は基本的に「優良顧客」といえるのです。

これには3つの理由がありますので、説明していきましょう。

  • 大口債権が多い
  • 工事代金の貸し倒れリスクが低い(回収しやすい)
  • 建設業振興基金(ファクタリング補助金制度)の存在

それでは、順に解説していきます。

大口債権が多い

基本的に、債権は大口であればあるほど業者側の儲けが大きくなります。

試しに、300万円の債権と3,000万円の債権がどちらも手数料5%だった場合を考えてみましょう。

300万円の債権では15万円しか利益が出ませんが、3,000万円であれば150万円の利益が出ます。

このように、単純に儲けが大きいという点で、建設業者は「継続して利用して欲しい」存在なのです。

工事代金の貸し倒れリスクが低い(回収しやすい)

債権が大口ということは、貸し倒れた場合のファクタリング業者側が被る損失も大きくなることに繋がります。

ですが、建設工事というのは、依頼主が国や自治体である場合も少なくありません。

そうしたクライアントの場合、売掛金が支払えなくなる確率はかなり低いといえます。

回収リスクが低い債権の与信が高いということですね。

この与信の高さも、業者側にとっては喜ばしいといえます。

建設業振興基金(ファクタリング補助金制度)の存在

また、建設業界では「建設業振興基金」、いわゆる補助金制度が適用されます。

これは、孫請け方式で連鎖倒産・黒字倒産が多発した時期に、政府によって制定された制度です。

通常の「一括ファクタリング」ではなく主に「保証ファクタリング」で利用されています。

これを利用すると、ファクタリング依頼時の保証料が助成されるほか、損失発生時に債権額の最大75%まで立て替えてもらうことができます。

ぜひ覚えておいてほしい制度といえます。

この3点が、建設業におけるファクタリングの強みであり、手数料が安くなる要因ともいえます。

もちろん、手数料は債権の与信や買取額によって異なりますので、1度見積もりを取ってみると良いでしょう。

まとめ

綺麗な街並み

建設業界におけるファクタリングは、実にこれだけのメリットがあります。

  • 手数料が安くなりやすい
  • 不渡りリスクをゼロにできる
  • 長い支払いサイトを劇的に短縮できる
  • 前払いの経費分のキャッシュも迅速に確保、大口案件のチャンスを逃さない

特に、依頼者・業者が互いに良い条件で契約できるため、手数料面で有利になるのが強み。

「手数料が高い」「トラブルが心配」と不安視されているファクタリングですが、建設業界においては圧倒的に他業種よりも活用しやすいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事