Amazonギフト券の現金化はバレる?

Amazonギフト券は現金化できる金券としては非常に買取率が高く買取スピードも速いので、現金化の手段として頻繁に利用されるギフト券です。

Amazonギフト券は現金化の際にクレジットカード会社などにバレるリスクが低い金券ではありますが、万が一バレてしまうと非常に大きなリスクを背負わなければなりません。

本記事ではバレないための対処法やリスクなどについて詳しくご紹介していきます。

Amazonギフト券の買取がバレる人の特徴

Amazonギフト券買取がバレる人の特徴

Amazonギフト券の買取がクレジットカード会社などにバレる人の特徴が次の通りです。

バレてしまう人の特徴
  • 一度に高額なAmazonギフト券を購入した
  • Amazonギフト券を何度も繰り返し購入している
  • Amazonギフト券購入後クレジットカードを滞納した

不自然にAmazonギフト券を購入したり、クレカの支払いを滞納した場合には周囲にバレてしまう可能性があるので要注意です。

買取サービスを利用したことがバレてしまう3つの原因について詳しく見ていきましょう。

一度に高額なAmazonギフト券を購入した

一度に高額なAmazonギフト券を購入すると、Amazonやクレジットカード会社から「不自然だ」と現金化を疑われてしまう可能性があります。

そもそもAmazonギフト券は、Amazonが運営するECサイト内で商品を購入したり決済する際に必要な商品券です。

クレジットカードを持っているのであれば、クレジットカードを使用してAmazonで買い物をすればいい話なのに、わざわざクレジットカードで高額なAmazonギフト券を購入することは不自然だと疑われても仕方がありません。

そのため、クレジットカードで高額なAmazonギフト券を購入すると「クレジットカードのショッピング枠を現金化する目的の購入ではないか?」と疑われてしまう可能性があります。

Amazonギフト券を何度も繰り返し購入している

Amazonギフト券を何度も繰り返して購入しているケースでも現金化を疑われる可能性があります。

Amazonで商品を購入したりサービスの決済に使用するギフト券を毎月わざわざクレジットカードを使用して購入することは不自然です。

特に数日の間に連続して購入しているような場合には「現金化目的の可能性が高い」と判断されるでしょう。

Amazonギフト券購入後クレジットカードを滞納した

Amazonギフト券をクレジットカードで購入し、その後クレジットカードの支払いを滞納すると「お金がないからAmazonギフト券の現金化を行い、現金化したお金をどこかに使ったから滞納した」と判断される可能性があります。

クレジットカードを滞納すると、現金化を疑われる大きな原因になるので、クレジットカードでAmazonギフト券を購入する際には、クレジットカードの支払日にしっかりと返済ができる範囲の金額に絞って計画的に利用しましょう。

Amazonギフト券買取の現金化がバレたらどうなる?

現金化行為がバレるとどうなる?

Amazonギフト券の買取サービスで現金化したことがAmazonやクレジットカード会社などにバレてしまった場合はどうなるのでしょう?

現金化行為が発覚してしまった場合
  • Amazonアカウントが停止される
  • クレジットカードの利用が停止される
  • 携帯電話が強制的に解約される

Amazonアカウンやクレジットカード、さらに携帯電話会社のキャリア決済枠で購入した場合には携帯電話のご利用にまで悪影響がでる可能性があります。

Amazonギフト券買取を利用して現金化行為がバレてしまった場合のペナルティについて解説していきます。

Amazonアカウントが停止される

Amazonに現金化をしたことが知られてしまうとECサイトで利用していたアカウントが停止されてしまいます。

アカウントが停止されると、買い物などが不可能になるだけでなく、次の3つのペナルティが課せられます。

  • 保有しているポイントが消滅する
  • カート内の商品、購入商品のキャンセル
  • 2度とアカウントを作れない

Amazonは不正があっと時の対処が厳格であることが知られています。

以下より現金化行為が発覚した際のペナルティについて詳しく見ていきましょう。

保有しているポイントが消滅する

これまでAmazonで買い物をして貯めているポイントがあってもAmazonアカウントが停止された時点で、そのポイントが消滅してしまいます。

Amazonギフト券を何回も購入すればAmazonで貯まるポイントも大きくなり、人によっては数万円程度のポイントを貯めている方もいるでしょう。

しかしAmazonギフト券の現金化が発覚した時点で、これまで貯めていたポイントは問答無用で失効してしまいます。

カート内の商品、購入商品のキャンセル

カード内に商品が入っていた場合、すでに注文済みの商品があった場合も全てキャンセルされます。

限定商品などの注文をしてあったとしても、その注文もキャンセルされてしまいます。

2度とアカウントを作れない

一度アカウントが閉鎖されると基本的に2度とアカウントを作成できません。

Amazonは不正に対しては非常に厳しいので、一度不正が見つかると2度とアカウントは作れないので、買い物ができないだけでなく、AmazonプライムやキンドルなどのAmazonが提供する各種サービスを利用することも不可能です。

日常生活はかなり不便になってしまうでしょう。

クレジットカードの利用が停止される

クレジットカード会社にAmazonギフト券の現金化が知られてしまうと、クレジットカードの利用が一時的に停止されます。

理由を伝えてクレジットカード会社が納得すればすぐに利用は再開されますが、クレジットカード会社が「クレジットカードの現金化だ」と確信を持った場合には、2度とクレジットカードの利用ができなくなってしまいます。

クレジットカード会社の利用規約違反であるため次のような厳格なペナルティが課せられるでしょう。

  • 一括での支払い請求
  • クレジットカードが強制解約される
  • 信用情報がブラックになる

場合によっては日常生活そのものを破綻に追い込んでしまうリスクがあるので十分に注意しなければなりません。

クレジットカード会社にAmazonギフト券の現金化が発覚した場合のリスクについて詳しく解説していきます。

一括での支払い請求

まずはクレジットカードの利用残高について「一括で支払いなさい」という請求が行われます。

これまで利用した残高の中にリボ払いや分割払いのものがあったとしても、この請求が来た時点で期限の利益(分割で支払うことができる権利)は喪失するので、一括で支払わなければなりません。

人によっては数十万円単位の支払いになることもあるでしょう。

クレジットカードが強制解約される

クレジットカード契約が強制的に解約されます。

今後、当該クレジットカードで買い物をすることはできませんし、クレジットカード払いとして設定したあったさまざまな支払いも不可能になってしまいます。

強制解約になった後は、そのカード会社にカードを作成することは不可能だと考えた方がよいでしょう。

なお、強制解約後も利用残高の支払い義務は残ります。

信用情報がブラックになる

クレジットカードの強制解約は信用情報に事故情報として記録されます。つまり信用情報はブラックになります。

信用情報がブラックになってしまうと、各種ローンやクレジットカードの審査に通過することはほぼ不可能です。

また、他にも保有しているカードがある人は注意が必要になります。

クレジットカードは半年に1回程度、契約者の信用情報を確認しており、ここでブラックであることが判明すると、他のクレジットカードも強制解約になり一括返済が求められる可能性があります。

支払うがことができないと、最悪のケースとして自己破産に至る可能性もあるでしょう。

クレジットカード会社にAmazonギフト券の買取がバレてしまうことは、波及するリスクが非常に大きいと理解する必要があります。

携帯電話が強制的に解約される

クレジットカードのキャリア決済でAmazonギフト券を購入し、Amazonギフト券現金化がバレてしまった場合には、次のようなペナルティが課される可能性があります。

  • 携帯電話の強制解約
  • 携帯会社の社内ブラックになる
  • 端末を分割払いにしている人は信用情報がブラックになる

キャリア決済で現金化が発覚した場合には携帯電話が使用不能になることがあります。

クレジットカードやAmazonアカウントが使えないよりもデメリットに感じる人も多いでしょう。

携帯電話会社からのペナルティについて詳しく解説していきます。

携帯電話の強制解約

現金化が発覚すると携帯電話契約を強制的に解約される可能性があります。

これまで使用していた携帯電話は使用できなくなるのでプライベートや仕事にも悪影響になります。

ただし、LINEなどはそのまま利用できるので、インターネット環境があるところであれば、これまで通りに利用することは可能です。

モバイル通信と電話が使用不可能になります。

携帯会社の社内ブラックになる

携帯電話契約が強制的に解約されると、携帯電話会社内部の情報と要注意の顧客(ブラック)として記録されます。

そのため、その携帯キャリアでは今後2度と契約できないと考えておきましょう。

端末を分割払いにしている人は信用情報がブラックになる

iPhoneなどの携帯電話端末をキャリアで分割払いにしている人も多いでしょう。

このような方はキャリアからお金を借りていることと同じですので、契約を強制的に解約されたことによって信用情報がブラックになってしまいます。

以後、各種ローンやクレジットカードの審査に通過することはできませんし、スマホの分割払いも不可能になります。

スマホの買い替えなども難しくなるので注意しましょう。

Amazonやカード会社から確認電話が入った時の対処法

確認電話の対処法について

Amazonギフト券の買取が疑われると、Amazonやクレジットカード会社から確認の電話がかかってくることがあります。

この際に「転売しました」と伝えてしまうとアカウントやクレカ停止の可能性が非常に高くなってしまいます。

確認の電話が来たときにはどのように対処すべきでしょうか?

現金化と正直に伝えるのはNG

「すみません。クレジットカードの現金化をしました」などと答えるのはNGです。

嘘をつくことはよいことではありませんが、現金化と正直に伝えてしまったら規約違反をしたことを認めてしまうことになり、最悪のケースとして契約が強制的に解約されて信用情報がブラックになってしまいます。

本当にAmazonギフト券の現金化をしてしまったとしても、「現金化のために購入した」などというのは避けてください。

おすすめの言い訳

Amazonギフト券をたくさん購入したおすすめの言い訳は「転勤が決まったので会社の人にギフトとして配るために購入した」とか「飲み会の幹事になっていてビンゴゲーム景品としてAmazonギフト券が必要だった」などの理由です。

内容はどのようなものでも構いませんが、Amazonギフト券を大量にクレジットカードで購入する理由が自然であることが重要になります。

クレジットカードか携帯キャリア決済でAmazonギフト券を購入したら、問い合わせの電話がくる可能性があると頭に入れ、自然な言い訳を用意しておきましょう。

Amazonギフト券の現金化を秘密にする方法とは?

現金化を秘密にする方法

Amazonギフト券の買取をクレジットカード会社やAmazonに秘密にするためには次のような方法が有効です。

現金化を秘密裏に行う方法
  • 少額を複数回に分けて購入する
  • Amazonアカウントとクレジットカードの所有者情報は同じにする
  • 優良業者を選んで取引する
  • 支払いができないほどのギフト券は購入しない

以下より順番に解説いたします。

少額を複数回に分けて購入する

一度に大量のAmazonギフト券を購入すると現金化を疑われてしまいます。

そのため、数千円単位のギフト券を複数回に分けて購入するとよいでしょう。

複数に分けることによって「会社のビンゴゲームの景品に必要だった」などの自然な言い訳ができます。

例えば5万円を購入するのであれば1万円を5回に分けて購入する方法などです。

何枚にも分けてAmazonギフト券を購入した方がよいでしょう。

Amazonアカウントとクレジットカードの名義は同じにする

ギフト券を購入するAmazonアカウントの名義と、クレジットカードの名義は同じものを使用しましょう。

Amazonアカウントとクレジットカード名義が異なると「誰かが不正にクレジットカードを使用しているのではないか」と不正利用を疑われる可能性があります。

また、一度不正利用を疑われると、一定期間、クレジットカードの利用状況をモニタリングされてしまうので、以後、当該クレジットカードでAmazonギフト券を購入することは難しくなります。

必ずAmazonアカウントとクレジットカードの名義は同じものを使用してください。

優良業者を選んで取引する

Amazonギフト券の買取を行う業者は必ず優良な業者を選択しましょう。

悪徳業者はノウハウがない業者はAmazonギフト券買取の際にトラブルになる可能性があります。

業者とのトラブルをきっかけとしてAmazonギフト券の現金化がAmazonやクレジットカード会社にバレてしまう可能性があるので、取引する業者は慎重に選びましょう。

古物商資格があることや、法人登記がなされているかの確認は必ず行ってください。

支払いができないほどのギフト券は購入しない

クレジットカードの滞納から現金化が発覚するケースも多々あります。

そのため、支払いができないほどのギフト券は購入しないことも重要です。

Amazonギフト券を使った現金化は、Amazonギフト券を買えば買うほど多くの現金が手に入るので、無計画にAmazonギフト券を購入してしまう人も少なくありません。

しかし、クレジットカードは使用した分を必ず支払いをしなければなりません。

支払日に「払うことができない」ということがないように、必ず自分が次の支払日に払えるだけの利用にとどめることを徹底しましょう。

まとめ

Amazonギフト券買取の注意点

Amazonギフト券の現金化は、大量に購入したり分割で購入したり、クレジットカードの支払いを滞納することによってAmazonやカード会社に知られてしまいます。

Amazonギフト券の現金化が発覚するとAmazonアカウントやクレジットカードの利用が停止され、最悪のケースとして信用情報がブラックになる可能性があります。

現金化にAmazonギフト券を利用する際には、少額を複数回に分けて購入し、Amazonアカウントとクレジットカード名義は同一にすることを心がけてください。

また、クレジットカードで購入する場合には、支払日に支払うことができるかを考慮した上で購入しましょう。

個人で利用可能な現金調達サービス

個人の方でもご利用可能な即日で現金化が出来るサービスをご紹介いたします。

後払い(ツケ払い)現金化についての解説

先払い買取りサービスについての解説

Amazonギフト券買取についての解説

後払いアプリ現金化についての解説