新潟県のファクタリング

新潟県からファクタリングを利用するメリットや手数料、おすすめの会社などをご紹介します。優良会社を知りたいという経営者の方や資金繰りにお悩みの場合は是非ともご参考にしてください。

新潟県からご利用できる!おすすめのファクタリング会社

新潟県からファクタリングをお考えの経営者の方のために、項目別にファクタリング会社を比較しています。

高い掛け目でファクタリングを実行したい場合は手数料が安い順を、いますぐに資金が必要という場合はスピード順に並べ替えてください。

おすすめのファクタリング会社ランキング

総合的におすすめのファクタリング会社を比較いたしました。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
以前「アクセルファクター」は小口のファクタリング利用者をターゲットにし、最適なサービスを行なっていた評判のファクタリング会社でしたがご利用限度額の上限を大幅に改善し、大口の売掛金にも対応可能となりました。また、審査通過割合も93%と非常に高く、幅広い顧客層に支持を得ているファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~3000万円
資金調達スピード 最短即日
手数料 2%~20%
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬・介護報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構の特徴
日本中小企業金融サポート機構は独自サービスである「郵送ファクタリング」による迅速な対応と一般社団法人という信頼性を併せ持つファクタリング会社です。名前の通り、中小企業を主な利用ターゲットとしており、中小企業の目線に立ったサービスを行なっています。
ご利用限度額 上限無制限
資金調達スピード 最短即日
手数料 1~9%(3社間):10~15%(2社間)
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主
対応地域 全国対応可能
ウィット
ウィット
ウィットの特徴
ウィットはファクタリング業界初となる、小口債権と中小企業専門のファクタリング会社です。そのため他社で利用を断られてしまった方や来店する手間がないという経営者の方にピッタリのファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~500万円
資金調達スピード 最短2時間~即日
手数料 5%~(3社間・2社間)※与信状況により異なる
取扱うファクタリング 2社間・3社間
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能

ファクタリングの利用方法を解説

ファクタリングとは企業が有している未払いの売掛債権をファクタリング会社に譲渡(=売却)することで経営に必要な資金を手にするという資金調達方です。

売掛債権は資産であるため、ファクタリングは融資ではありません。

したがって利用するにあたり、信用情報の審査が簡単で、担保や保証人は不要となります。

ファクタリングを利用する方法は以下の通りです。

ファクタリング会社のホームページから申し込み
…フォーム送信か電話にて申し込み可能ですが、必要書類を送信することを考えるとフォーム送信後を推奨します

必要書類を提出
…売掛債券を証明できる書類や通帳のコピーなど

ファクタリング会社が売掛債権や取引先を審査
…申し込み企業の信用情報や経営状態は簡易的にしか見られません

ファクタリング手数料や入金時間の決定
…手数料は債権額や2社間か3社間かによって変わります

ファクタリング契約&入金
…ファクタリング会社が売掛債権を買い取り、買い取り額を入金します

ファクタリングの2社間取引→ファクタリング会社と申し込み企業で行う契約、売掛先に知られることがない

ファクタリングの3社間取引→ファクタリング会社と申し込み企業に加えて売掛先も交えて行うファクタリング契約

手数料は2社間取引の方が高く、10%~25%が相場となっています。

3社間取引では債券未回収のリスクが低くなるため、手数料は5%~10%と低くファクタリングをすることが可能です。

新潟県からファクタリング会社を選ぶときの注意点

ファクタリング会社を選ぶ際に、重要な要素なのは以下の3点です。

手数料
スピード
信頼性

手数料を重視するのであれば、上記のファクタリング会社で『3社間』取引を行うことを推奨します。

スピードを重要視するのであれば、上記のファクタリング会社で『2社間』取引を行うことを推奨します。

ファクタリング会社の信頼性を推し量るのは難しいですが、可能であるならTDBの企業情報などを調べるようにしてください。

加えて新潟県の経営者の方の場合は、契約が非対面式で可能なファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

ファクタリング会社の多くは東京、大阪、福岡といった大都市にしか存在していません。

もしも要来訪のファクタリング会社を利用すると、貴重な時間とお金を割いて、来訪しなければいけなくなります。

特に中小企業の経営者の方は自身で現場に立つことも多いため、来訪必須というのは大きなデメリットです。

急場時にそのような時間とお金をかけないためにも、ネット申し込みが可能なファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

新潟県のファクタリング&経済情報

新潟県の夜景

関東財務局や東京商工リサーチ新潟支店によると、2019年の企業の経済見通しは収益が大幅に増加した前縁の反動で、前年を下回るとのことです。

日銀が発表した短観によると、製造業・非製造業ともに年間を通じて「良い」超で推移するとのことですが、中小企業は残念ながらその例ではありません。

法人企業景気予測調査の景況判断BSIを見ると、中小企業では「下降」超幅が拡大しています。

2018年度の新潟県の企業倒産件数は前年よりも18件少ない90件でしたが、負債総額は17%増の169億円でした。

つまりは瀬戸際に立たされている中小企業が多く、今年度は倒産件数が増加することが予想されています。

倒産理由には人手不足と販売不振に並び、「資金繰り難」が挙げられています。

そのような苦しい経営状況下において、借りない資金調達方であるファクタリングが新潟県では大きな注目を集めているのです。

新潟県でファクタリングを利用するメリット

新潟県でファクタリングをするメリットは以下の通りです。

クライアントに秘密裏に利用可能
…金融融資を利用すると、少なからず取引先からの信用を失ってしまう恐れがありますが、ファクタリング(2社間取引)ならばクライアントに知られることなく実行することができます
負債が増えない
ファクタリングは融資ではなく売上金です、そのため負債額が増えることはなく、利子の返済などに苦しむこともありません
確実性が高い
…信用情報の審査が見られないので、売掛債権を有していればほぼ確実に資金調達をすることができます

加えてファクタリングは即日調達が可能で、金融機関の融資に比べるとはるかにスピードに優れています。

詳しくはファクタリングのメリット・デメリットをご覧ください。

新潟県でファクタリングと他資金調達法を比較

ファクタリング 銀行融資
形式 売掛債権の売買 資金の融通
手数料(金利) 売掛債権額の3%~20% 約2%~9%
資金調達スピード 最短即日 2週間程度
審査対象 売掛債権や取引先の信用情報 融資企業の信用情報
備考 売掛金が未回収でも負担なし(ノンリコース ) 売掛先が倒産などした場合に責任あり(ウィズリコース)

企業の資金調達法には、ファクタリングだけでなく金融機関からの融資やカードローン、手形割引、ベンチャーキャピタルからの出資などもあります。

中でも信用金庫は地域支援のための金融機関なので、中小零細企業でも利用が可能で金利も低くなっています。

ファクタリングは審査不要・スピードが早いというメリットがありますが、手数料がかかるため、他の資金調達法と比較してから利用することをおすすめします。

新潟県経営者の方のファクタリングに関する口コミ・評判

次に、ファクタリングを利用したという新潟県の経営者の方の口コミをご紹介して参ります。

開業当初に助けられました

開業した当初は銀行から融資審査が下りなかったので、資金難に陥っていました。ファクタリングは信用情報を見られないため、開業したばかりでも利用できました。
新潟県新潟市 ウェブサービス

債権譲渡禁止特約のせいで利用できず…

売掛先が債権譲渡禁止特約を契約に盛り込んでいたため、ファクタリングをすることができませんでした。厳密には2社間取引なら利用できるそうなので、手数料には目をつぶってそちらを利用しようかと思います。
新潟県加茂市 製造業

負債額を増やしたくなく、利用しました

負債総額をこれ以上増やしたくなく、金利返済も負担に思っていました。ファクタリングは融資ではないと聞き、信用情報にも影響しないため、利用を決断しました。
新潟県新発田市 建設業

資金繰りに苦しむ中小企業が多い新潟県では、ファクタリングのニーズが急増しています。

特に審査が簡易的で、ほぼ確実に資金調達ができるという理由でファクタリングを利用するケースが多いように感じられます。

新潟県のファクタリングのまとめ!

新潟県ファクタリングのまとめ情報
ファクタリング会社 県内には存在せず
資金調達スピード 最短即日
手数料の相場 5%~15%
主な利用業種 観光業、製造業、建設業、サービス業など
ファクタリング利用目的 設備投資、保険税金の支払い、売掛金の支払いなど

古くから売掛取引が多い新潟県では、ファクタリングがメジャーな資金調達法になる可能性を秘めています。

特に現在は、資金繰りにあえぐ中小企業が多いため、その傾向は顕著です。

消費税増税や米中貿易摩擦など、先行き暗いニュースが流れていますが、休廃業・解散・倒産を防ぐためにも、ファクタリングを活用しましょう。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事