熊本城

熊本県からでも即日で資金調達ができるファクタリング会社や手数料が低いファクタリング会社をご紹介して参ります。

業績悪化で銀行融資が利用できないという場合には、ファクタリングのご利用がお勧めです。

熊本県からご利用できる!オススメのファクタリング会社

熊本県にはファクタリング会社が存在しないため、熊本県の経営者の方は東京のファクタリング会社のご利用をお勧めします。

熊本県と東京では距離があるため、買取実績が多数あり信頼性に優れたファクタリング会社を利用するようにしましょう。

おすすめのファクタリング会社ランキング

総合的におすすめのファクタリング会社を比較いたしました。

アクセルファクター
アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
以前「アクセルファクター」は小口のファクタリング利用者をターゲットにし、最適なサービスを行なっていた評判のファクタリング会社でしたがご利用限度額の上限を大幅に改善し、大口の売掛金にも対応可能となりました。また、審査通過割合も93%と非常に高く、幅広い顧客層に支持を得ているファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~3000万円
資金調達スピード 最短即日
手数料 2%~20%
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬・介護報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構の特徴
日本中小企業金融サポート機構は独自サービスである「郵送ファクタリング」による迅速な対応と一般社団法人という信頼性を併せ持つファクタリング会社です。名前の通り、中小企業を主な利用ターゲットとしており、中小企業の目線に立ったサービスを行なっています。
ご利用限度額 上限無制限
資金調達スピード 最短即日
手数料 1~9%(3社間):10~15%(2社間)
取扱うファクタリング 2社間・3社間・診療報酬
ご利用対象者 法人・個人事業主
対応地域 全国対応可能
ウィット
ウィット
ウィットの特徴
ウィットはファクタリング業界初となる、小口債権と中小企業専門のファクタリング会社です。そのため他社で利用を断られてしまった方や来店する手間がないという経営者の方にピッタリのファクタリング会社と言えるでしょう。
ご利用限度額 30万円~500万円
資金調達スピード 最短2時間~即日
手数料 5%~(3社間・2社間)※与信状況により異なる
取扱うファクタリング 2社間・3社間
ご利用対象者 法人・個人事業主(法人相手の売掛債権)
対応地域 全国対応可能

熊本県からファクタリング会社を選ぶ方法

熊本県内にファクタリングが利用できる会社は存在しません。

同じ九州の福岡県にはファクタリング会社はありますが、県外の会社を利用するのであれば東京に拠点をおくファクタリング会社を選択することを推奨します。

東京のファクタリング会社の方が買取実績が豊富で、実績にも優れています。

また多くの会社は来店不要・非対面での契約方式を採っているため、熊本県からでも安心して利用することが可能です。

ファクタリング会社を選ぶ際のチェックポイントとしては、以下の点に着目しましょう。

チェックポイント
  • 手数料…相場よりも高いか、低いか
  • スピード…即日対応しているかどうか
  • 信頼性…ファクタリング実績はあるか

他には、少額債権でも利用できるか、保有している売掛債権の種類に対応してるかも重要なポイントです。

繰り返しですが、買取実績が豊富な東京のファクタリング会社の方が、それらの点では優れていると言えます。

熊本県からファクタリングを利用するのメリット

熊本県の経営者の方がファクタリングを利用するメリットは以下の通りです。

  • 保証人・担保を用意する必要がない
  • 経営状況に関わらず、利用できる
  • 信用情報に記録されない

ファクタリングは売掛金の現金化であるため、融資ではありません。

そのため経営状況や信用情報が不問で、赤字決算や債務超過でも問題なく利用することができます。

銀行融資が受けられない、という中小企業にとっては、最適な資金調達法です。

同時に信用情報に記録されることがないため、他ローンの利用を考えている場合でも、影響はありません。

熊本県のファクタリングニーズ

熊本県では、法人・個人ともに未曾有の大災害の影響がまだ色濃く残っています。

ただ復興需要はすでに落ち着きを見せており、波及効果も限定的になりつつあります。

そのため災害復興融資などの返済に追われる企業が増加しており、業績が回復しないま返済を余儀なくされているというケースも少なくありません。

東京商工リサーチ熊本市店が発表した2019年上半期(1~6月)の熊本県内企業倒産の負債総額は減少傾向にあり、前年度60%減の18億9300万円でした。

しかしながら倒産件数は増加しており、前年比7件増の29件となっています。

倒産原因には販売不振・震災関連といったネガティブ要素が並んでおり、熊本県内の厳しい実情が伺えます。

参考:熊本日日新聞「県内企業倒産29件 19年上半期、負債総額は3年連続減」

財務省九州財務局が発表した「法人企業景気予測調査」(平成31年4~6月)によれば、県内の景況判断BSIは前期に比べて、全産業で「下降」が拡大しているとのことです。

熊本県の景況中でも中小企業の景況判断BSIが最も低く、前期比で▲9.7%との結果でした。

売上高・経常利益について見てみると、一転して令和元年度は増収・増益が見込まれています。

しかしながら中小企業はその例ではなく、売上高は▲0.4%、経常利益は▲10.2%とのことです。

熊本県の売り上げ

復興特需が終わりつつあり、今後は金融機関の融資態度が硬化していくことが予想される熊本県では、金融機関に頼れずに経営が悪化していくと考えられています。

そのような状況下において、借りない資金調達法であるファクタリングは熊本県内でニーズが急増しています。

今後もその傾向は変わらず、ファクタリングがメジャーな資金調達になる可能性は十分にあるでしょう。

熊本県内の資金繰り状況

続いて熊本県内の資金繰り状況について、見ていきましょう。

西日本シティ銀行「NCBリサーチ&コンサルティング」が調査した九州の経営動向調査内の、資金繰りに関する項目を見てみましょう。

熊本県の資金繰り

資金繰りの19年1~3月期の実績は全産業で前回調査に比べると、2%悪化しています。

先行き(4~6月)については、6.5%悪化しています。

経営上の問題点について挙げられていた中では、人件費の上昇や売上不振などと共に資金繰り悪化を挙げる企業も見られます。

前述のように、金融機関の融資態度が厳しくなると予想される今後では、熊本県内企業の資金繰りは非常に厳しいと言えるでしょう。

資金ショートによる黒字倒産の危惧も盛んにされているのが現状です。

熊本県のファクタリング口コミ・評判

最後に、熊本県からファクタリングを利用したという方の口コミや評判を解説していきます。

利用ファクタリング会社 三共サービス
資金調達金額 400万円
手数料 5.4%
満足度 ★★★★★
利用企業情報 熊本県阿蘇市 建設業
口コミ すでに復興関連の特別融資を受けていたため、追加借入を受けることができない状況でした。そのため借りない資金調達と呼ばれるファクタリングを利用した次第です。
利用したファクタリング会社 アクセルファクター
資金調達金額 90万円
手数料 9.4%
満足度 ★★★★☆
利用企業情報 熊本県熊本市 サービス業
口コミ
福岡県のファクタリング会社をずっと利用していたのですが、手数料や買取実績を比較した結果、東京のファクタリング会社への乗り換えを決定しました。
利用したファクタリング会社 日本中小企業サポート機構
資金調達金額 450万円
手数料 3.5%
満足度 ★★★★☆
利用企業情報 熊本県熊本市 建築業
口コミ 取引先から債権譲渡の承諾を得ることが難しいと判断したため、2社間ファクタリングを利用しました。2社間取引が可能で手数料が低い日本中小企業サポート機構さんに申し込みをしました。

熊本県のファクタリングのまとめ!

熊本県の中小企業の景況判断は非常に悪化しており、金融機関からの融資が下りないというケースが頻発しています。

資金繰りが悪化し、資金ショート寸前という企業も増えており、今後は倒産件数も増加することが予想されています。

そのような状況下に置いて、「借りない資金調達法」であるファクタリングは熊本県で非常にニーズが高いと言えるでしょう。

残念ながら熊本県内にはファクタリング会社が存在しないため、熊本県からは東京のファクタリング会社をご利用ください。

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事