手数料を払う人

給料/経費•領収書ファクタリングをご利用の際には、それぞれ給与債権や領収書の買取手数料がかかります。

「給料/経費•領収書ファクタリングの手数料はいくらなのか?」

「最安手数料のファクタリング会社を利用したい…」

とお考えの方のために、本サイトでは90社以上の給料/経費•領収書ファクタリング業者を調査しました。

そして本記事では、個人向けファクタリングの手数料相場や最安業者をご紹介します。

また手数料が安い業者のランキングも作成しましたので、ご参考にしてください。

給料/経費•領収書ファクタリングの手数料相場はいくら?

給料/経費•領収書ファクタリング全業者の手数料を調査したところ、手数料の相場は「20%〜40%」となります。

*現在の手数料相場は、40%〜50%

ファクタリング会社のホームページ上には「手数料5%〜」などと明記されていますが、実際には1桁台の手数料で給与債権・領収書の買取が行われることはありません。

このように手数料の下限だけを明記して、上限を明記していないファクタリング会社には注意しましょう。

特に2020年6月以降、多くのファクタリング会社が撤退を余儀なくされているため、手数料相場はどんどん高くなっています。

もはや現在では、買取手数料が40%以下であれば、優良業者です。

手数料が40%〜50%程度の業者は相場通り、50%以上の業者は手数料がやや高いと言えます。

また55%以上の手数料を要求してくるファクタリング会社は悪徳業者と断定できます。

中には50%近くの手数料を要求してくるファクタリング会社も存在しますので、ご利用の際には気をつけましょう。

給料/経費•領収書ファクタリングの手数料は非常に高金利!

手数料の交渉をする人たち

給料/経費•領収書ファクタリングの手数料は1ヶ月単位でかかるものです。

そのため給料/経費•領収書ファクタリングの手数料を年利に換算すると、非常に高金利となりますので注意しなければいけません。

例えば40%の手数料だったとしても、年利換算すると

「40%✖︎12ヶ月=480%」

という金利になってしまいます。

またお支払いが2週間後だった場合、さらに手数料は2倍になります。

現在の法定金利が年利20%であることを鑑みると、給料/経費•領収書ファクタリングの手数料が如何に高金利であることがお分かりでしょう。

給料ファクタリングは違法な闇金という判例が出たのも、ファクタリング会社が摘発されたのも、手数料の高さが所以です。

くれぐれも、ご利用の際にはご注意ください。

まとめ

給料/経費•領収書ファクタリングをご利用の際には、高額な買取手数料がかかるという点に注意しなければいけません。

特に給料/経費•領収書ファクタリングの手数料はカードローンなどと比べると非常に高いため、ご利用の際にはくれぐれも注意しましょう。

過去には高額な手数料が理由で、ファクタリング会社が摘発されたという事例も存在します。

「低い手数料でファクタリングを利用したい…」

とお考えの方は、以下から安い手数料をお探しください

人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

おすすめの記事