給料ファクタリングとカードローンを比較

給料ファクタリングは「借りない金策」と呼ばれ、最近になって注目を集めている金融サービスです。

そんな給料ファクタリングとカードローンには、借金か借金ではないかという大きな違いがあります。

そこで本記事では給料ファクタリングとカードローンの違いについて、手数料やスピード、金額など項目ごとに比較し解説致します。

それぞれのメリット・デメリットも詳しく解説し、カードローンと給料ファクタリング、どちらを利用すべきかもご紹介します。

給料ファクタリングとカードローンの違いを項目ごとに徹底比較!

それでは給料ファクタリングとカードローンなどの借入はどのような違いがあるのか、項目ごとに比較していきます。

①手数料/金利を比較!

手数料を計算する

給料ファクタリングは借金ではないため、金利ではなく手数料として表されます。

カードローンと給料ファクタリングの金利/手数料をそれぞれ比較してみましょう。

給料ファクタリングの手数料カードローンの金利
20%〜40%(1ヶ月あたり)1%〜20%(年利)

カードローンなど、貸付の際の金利手数料は利息制限法という法律で制限されています。

貸付金額によって利息の上限は異なりますが、それでも20%以上になることはありません。

一方で給料ファクタリングでは、給与を売却する際に買取手数料というものが発生します。

買取手数料の相場は、20%〜40%であり、一般的には

  • 20%〜30%→優良業者
  • 30%〜40%→普通
  • 40%以上→悪徳業者

であると言えます。

詳しくは給料ファクタリングの手数料相場と最安業者ランキングの記事をご参考にしてください。

ここで注意しなければいけないのは、給料ファクタリングの手数料は1ヶ月単位でかかるものだということです。

カードローンの金利は一般的に年利です。

そのため給料ファクタリングの手数料とカードローンの金利を比較するには、給料ファクタリングの手数料を年単位に換算し直す必要があります。

仮に手数料が30%だった場合、年単位に計算すると

30%✖︎12ヶ月=360%

という結果になります。

カードローンの上限金利が20%であることと比較すると、給料ファクタリングの手数料は非常に高額です。

なお給料ファクタリングは貸付ではないため、このような高額な手数料を要求しても違法にはなりません。

*今後、何らかの規制が入る可能性は十分にあり

手数料と金利分を考えると、給料ファクタリングよりもカードローンのご利用の方がオススメです。

②審査の対象を比較!

続いて給料ファクタリングとカードローン、それぞれの審査対象を比較してみましょう。

給料ファクタリングの審査ポイントカードローンの審査ポイント
・借入金額
・他社利用歴
・給与額
・お勤め先の会社の規模
*信用情報の審査ナシ
・年収
・借入金額
・現在の返済状況
・クレジットカード利用歴
*信用情報の審査アリ

最も大きな違いは、信用情報の審査が行われるかどうかという点です。

カードローンは貸付ですので、審査の際には金融機関が記録・管理している信用情報を元に審査が行われます。

一方で給料ファクタリング業者は金融機関ではありませんので、個人の信用情報にアクセスすることはできません。

その代わり、利用者からのヒアリングで得た借入金額や他社利用歴、お勤め先の会社規模といった情報から総合的に審査を行います。

③利用者を比較!

次に給料ファクタリングとカードローン、それぞれどのような方が利用しているのか、反対に利用できないのかを見ていきましょう。

 利用対象者ご利用不可
給料ファクタリング・サラリーマン
・派遣社員、契約社員
・金融ブラックの方
・アルバイト・パート
・個人事業主
・フリーター
カードローン・サラリーマン
・アルバイト・パート
・無職、フリーターの方
・金融ブラックの方

カードローンであれば審査次第ですが、アルバイトやパート、無職の方でも利用することができます。

一方で金融事故(債務整理、自己破産)などを起こしてしまった方の場合は、審査落ちになってしまいます。

給料ファクタリングは給与を売却するというサービスですので、基本的にはサラリーマンの方がご利用対象となります。

正社員の方だけでなく、派遣社員・契約社員の方でもやや審査通過率は低くなりますが、ご利用は可能です。

また上述の通り、給料ファクタリングには信用情報の審査がありませんので、金融ブラックの方でもお申し込みをすることができます。

一方で、アルバイトやパート・個人事業主の方や、給与を受け取っていない無職の方は給料ファクタリングを利用することはできません。

アルバイトやパート、個人事業主からの利用を受け付けている業者も少なからず存在はしています

④信用情報への記録の有無を比較

記録をつける人

続いて利用状況が信用情報に記録されることはあるのか、それぞれ比較してみましょう。

給料ファクタリングカードローン
信用情報に記録されない信用情報に記録される

カードローンは貸付ですので、利用状況から返済状況まで信用情報に記録されます。

そのため住宅ローンや学資ローンの審査時には少なからず影響があり、債務超過や返済遅延を起こすとに金融ブラックになってしまいます。

一方の給料ファクタリングは貸付ではありませんので、信用情報に記録されることはありません。

よってご利用しても他ローンの審査やクレジットカードの新規申し込みなどに影響は一切ないと言えます。

給料ファクタリングは信用情報への記録がないため、

「カードローンを利用するために、借入可能枠を空けておきたい」

「住宅ローンの審査が控えているから、借金をしたくない」

「職業柄、信用情報に傷をつけたくない」

といった方々に利用されています。

⑤スピードを比較!

時間を測る時計

次にお申し込みからお金を手にするまでの、スピード・時間を比較してみましょう。

給料ファクタリングカードローン
即日〜2営業日程度・消費者金融系→30分〜1時間
・銀行系→2日〜1週間程度
・信販系→即日〜1週間程度

カードローンのスピードは、種類によって異なります。

審査が厳しいと言われる銀行系カードローンは時間がかかります。

ただ消費者金融系のカードローンであれば、30分から1時間程度でお金を手にすることが可能です。

一方の給料ファクタリングでは、必要書類の提出〜審査・在籍確認などが行われます。

そのため実際にお金を手にできるまでには、やや時間を要します。

申し込みをする時間帯にもよりますが、基本的には即日でお金を手にすることは不可能です。

ご利用前には1日程度時間がかかるということを見積もっておきましょう。

⑥金額を比較!

お金を数える人

続いてカードローンと給料ファクタリングで、手にできる金額を比較してみます。

給料ファクタリングカードローン
1ヶ月あたり…3〜20万円前後
上限…給料額
上限…年収の3分の1まで

カードローンは総量規制という法律によって、1年間で貸付ができる金額は年収の3分の1までと決められています。

例えば年収が300万円までの方の場合、1年間では100万円までしかカードローンの利用をすることはできません。

一方の給料ファクタリングは、貸付ではありませんので総量規制の対象外となります。

それでも無制限にお金を手にすることができるわけではなく、ご自身の給与額以上のお金を手にすることはできません。

また1ヶ月あたりの金額は3〜20万円というのが一般的です。

給料ファクタリングご利用の際の注意点

給料ファクタリングで手にできる金額は、最大でもご自身のお給料の金額となります。

ただ業者は利用者の全ての給料ファクタリング利用歴を把握できるわけではありません。

審査時に他ファクタリング会社の利用歴をヒアリングされますが、これはあくまでも自己申告となります。

したがって給料ファクタリングでは、ご自身の給与額以上のお金を手にすることも可能です。

ただ給与額以上のお金を給料ファクタリングしてしまうと、翌月の給料日の支払いに窮してしまうことになります。

給料ファクタリングを複数社ご利用の際には、必ず現在の利用金額を自分で把握するようにしましょう。

40名無しさん@お腹いっぱい。2020/03/04(水) 01:20:41.38ID:4ZNpCRFva>>73

遂に手取18万のおいら9社目のファクタリングと契約した。
総額30万返し!明日のボートで負けたら飛びます飛びます!

給与ファクタリング情報スレ21

⑦支払いの方法を比較!

次に、支払い方法について給料ファクタリングとカードローンをそれぞれ比較したいと思います。

給料ファクタリングカードローン
原則一括払いのみ残高スライドリボルビング返済or元利込定額返済

カードローンは一括返済をすることも可能ですが、基本的には上記の通り分割払いとなります。

一方の給料ファクタリングでは、一括払いが原則です。

これには理由があり、分割払いを認めてしまうと給料ファクタリングが違法な貸付と見なされてしまう恐れがあるからです。

*利用者が支払い不能になってしまった場合に限り、分割払いを認めてくれる業者も存在します

基本的にカードローンの支払いよりも、給料ファクタリングの支払いの方が高額になりがちです。

ご利用の前には支払いができるのかどうかを重々確認するようにしましょう。

⑧安全性を比較

次に給料ファクタリングとカードローンの安全性を比較します。

給料ファクタリングカードローン
低い、法的にはグレー高い

給料ファクタリングは規制がほぼなく給与債権の譲渡自体、法的にはグレーです。

また闇金や詐欺業者が運営を行なっていることもあり、安全性は低いと言えます。

「高額な手数料を要求された」

「支払いに遅れたら、厳しい取り立てが行われた」

などの被害も報告されています。

くれぐれもご利用の際には安全な業者と悪徳業者を比較し、見極める必要があります。

一方のカードローンは、国から貸金業社として認可を受けた金融機関が運営しているため、安全性は高いと言えるでしょう。

給料ファクタリングとカードローンのメリット・デメリット

カードローンと給料ファクタリングのメリットとデメリット

それでは最後に、給料ファクタリングとカードローンのメリットとデメリットをそれぞれ比較してみましょう。

まずはカードローンのメリットとデメリットです。

カードローンのメリット

・借入限度額内なら自由に借入・返済ができる
・金利手数料が安い
・毎月、定額を返済
・審査スピードが速い
・認可を受けた業者なので、安心
・分割払いができる

カードローンのデメリット

・審査がある
・金融ブラックは利用できない
・信用情報に記録される
・年収の3分の1までしか借入ができない
続いて給料ファクタリングのメリットとデメリットを見ていきましょう。

給料ファクタリングのメリット

・信用情報の審査がない
・利用しても信用情報に記録されない
・総量規制の対象外
・金融ブラックでも利用できる

給料ファクタリングのデメリット

・申し込みに時間がかかる
・金融ブラックは利用できない
・悪徳業者が存在する
・支払い方法は原則一括払いのみ

給料ファクタリングとカードローンの利用ケースを比較

給料ファクタリングとカードローンのメリット・デメリットが分かったところで、最後にそれぞれの利用ケースを比較しましょう。

給料ファクタリングの利用がオススメの方
・金融ブラックで借金ができない
・債務超過で、これ以上お金を借りられない
・信用情報に不安がある
・きちんと毎月、給料を受け取っている
・信用情報に傷をつけたくない
カードローンの利用がオススメな方
・低手数料(金利)でお金を手にしたい
・信用情報に不安がない
・今すぐにお金が必要
・安全にお金を手にしたい
・現在、給料を受け取っていない

まとめ

給料ファクタリングとカードローンの違いを項目ごとに比較し詳しく解説して参りました。

給料ファクタリングとカードローンの違いを端的に表すと、借金であるかそうでないか、ということです。

カードローンは借金ですので、金利や借入金額、運営会社についても厳しく法律で制限されています。

一方の給料ファクタリングは借金ではないため、法的には未整備な部分が多数あります。

それはメリットにもデメリットにもなりえます。

例えば給料ファクタリングは金融ブラックの方でも利用することができ、また悪徳業者などの存在には注意しなければいけません。

給料ファクタリングとカードローン、どちらを利用すべきかはご自身の経済状況と利用ニーズによって異なります。

それでも手数料、安全面の観点から言えば、利用できるのであればカードローンを利用した方がいいでしょう。

基本的に給料ファクタリングはカードローンが利用できなくなってしまった際の最終手段として活用することをオススメします。

プロント
プロント
プロントの特徴
⭐️在籍確認なし
⭐️アルバイト・自営業対応
⭐️スピード審査
⭐️LINE完結
買取金額2万円~4万円
入金スピード即日対応
手数料25%~40%
ご利用対象者給与所得者・アルバイト・パート
営業時間月曜〜土曜:9時〜18時
(祝日も営業)
スターモーニング
スターモーニング
スターモーニングの特徴
⭐️在籍確認の方法が柔軟
⭐️15時までの手続き完了で即日入金
⭐️来店不要
⭐️スピード対応
初回利用可能金額1万円~5万円
入金スピード最短即日
手数料25%前後
ご利用対象者給与所得者・アルバイト・パート
営業時間月曜日~土曜日:9:00~18:00
(祝日も営業)
ファクエモン
ファクエモン
ファクエモンの特徴
⭐️在籍確認、柔軟対応
⭐️スピード審査
⭐️おまとめ・一本化対応
買取金額5万円前後
入金スピード最短即日
手数料10%~40%
ご利用対象者給与所得者・アルバイト・パート・事業者
営業時間平日9時~18時
土曜9時~17時
円楽(きらく)
円楽(きらく)
円楽(きらく)の特徴
⭐️信頼関係を重視した対応
⭐️電話ヒアリング無し
⭐️19時まで入金可能
⭐️LINEPAY決済で手数料が無料!
買取金額5万円前後
入金スピード最短即日
手数料10%~30%
ご利用対象者給与所得者・アルバイト・パート・事業者
営業時間平日10時〜19時
ACE(エース)
ACE(エース)
ACE(エース)の特徴
⭐️土日祝日対応
⭐️スピード審査
⭐️在籍確認が柔軟
買取金額1万円~5万円
入金スピード即日対応
手数料25%~40%
ご利用対象者給与所得者・アルバイト・パート
営業時間月曜日~土曜日:9時~18時
人気のファクタリング会社を徹底比較
ファクタリング会社を徹底比較!

ファクタリング会社を項目別に徹底比較いたしました!
資金調達までのスピードや手数料などをランキング形式でご紹介いたします。
それぞれのファクタリング会社の基本情報や特徴も詳細ページより、ご覧になることができます。

おすすめの記事