ニーズが高まる「2社間ファクタリング」とは?

ファクタリングといえば「3社間ファクタリング」が基本でしたが、近年では2社間ファクタリングのニーズがかなり高まっています。
2社間ファクタリングとは、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
本記事では、これから2社間ファクタリングの実行を検討している方に向けて2社間ファクタリングのメリットと、この資金調達手法が抱えるデメリット・リスクを解説していきます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングとの違いを解説

天秤で比較をする様子3社間ファクタリングと違い「売掛先(この場合、利用会社のクライアント)の承諾が不要」なのが特徴です。
つまり、取引先に知られることなくファクタリングができる手法で近年ニーズが高まっています。

ファクタリングでは今まで3社間取引が主でしたが、近年でのニーズの高まりをうけ、中小企業が2社間ファクタリングにこぞって参入しています。
今では、さまざまなファクタリング会社が、業種・事業規模にあわせたサービスを展開しています。

続いて、2社間ファクタリングがどのようなメリットを持つのか、3社間ファクタリングと比較して紹介していきましょう。

3社間ファクタリングと比較した2社間ファクタリングのメリット

契約後の握手をする様子2社間ファクタリングのメリットをまとめると以下のようになります。

  1. 取引先に知られずに売掛金を買い取ってもらえる
  2. 取引先の確認・承諾が不要でスピーディーな買い取りができる

以下で詳細を解説していきます。

メリット1:取引先に知られずに売掛金を買い取ってもらえる

3社間ファクタリングでは、

  1. ファクタリング会社が売掛先に債権譲渡の承認を得る
  2. 利用会社の債権が買取られる
  3. 売掛先がファクタリング会社に直接売掛金を支払う

という流れでした、これに対し2社間ファクタリングでは、

  1. ファクタリング会社が利用会社の債権を買い取る
  2. 利用会社に売掛金が支払われる
  3. 利用会社がファクタリング会社に売掛金を支払う

という流れになっています。

間に売掛先を挟まないことによって、ファクタリングが取引先に知られないというメカニズムとなります。
ファクタリングを行う必要性に駆られている資金繰りが厳しい倒産の可能性があると勘ぐられ、今後の取引が危うくなるリスクを考えると、売掛先に知られずにファクタリングをしたいというニーズがあることも頷けます。
2社間ファクタリングは、こうした窮地を救う手段として申し分ありません。

メリット2:取引先の確認・承諾が不要。スピーディーな買い取りができる

上述した流れのとおり、3社間ファクタリングでは一度売掛先の承認を得てから債権を買い取る形になります。
そのため、申し込んでから実際に振り込まれるまではどうしてもタイムラグが生じてしまいます。

一方、2社間ファクタリングでは、申し込んでから審査や面談等を通過すれば、即時振り込まれる会社が大半です。
明日にでも債権を買い取ってもらいたい、という状況の味方になってくれる調達手法になり得るのです。

取引先に知られず、かつスピーディーに債権を買い取るのに適している

2社間ファクタリングは「素早く」「誰にも知られずに」売掛金を回収するのに適した資金調達手法です。
まるで忍者のような手法といえますが、もちろん相応のデメリットが存在します。
続いて2社間ファクタリングのデメリットも紹介していきましょう。

2社間ファクタリングのデメリット

黒板の前で悩む男性2社間ファクタリングのデメリットをまとめると、以下のようになります。

  1. 手数料が高く、掛け目割合が低い
  2. ファクタリング会社と利用会社、お互いにリスクを抱えている
  3. リスク軽減のため、依頼会社のモラルが測られる
  4. 悪徳業者が少なからず存在する

それでは、詳しく解説していきましょう。

デメリット1:2社間ファクタリングの手数料が高く、掛け目割合が低い

一般的な3社間と2社間のファクタリング手数料と掛け目には、大きな隔たりがあります。
まず一般的に、2社間ファクタリングの手数料は15〜20%が相場です。
対して、3社間ファクタリングの手数料相場は5%と3倍以上の開きがあります。

実際の例として、数社のファクタリング手数料・掛け目を比較しました。

A社 3社間取引 掛け目90%・手数料1.5%〜 2社間取引 掛け目70%・手数料5%〜
B社 3社間取引 5% 2社間取引 15%〜17%

実際には、売掛金の買い取り額が100万円以下なら手数料はさらに上がり、1000万円を超えると手数料が抑えられてきます。
なぜなら、ファクタリング実行においては債権譲渡登記など、固定の諸経費がどうしてもかかってくるため、買い取り額が低いと手数料を上げなければ利益がでないためです。

デメリット2:お互いにリスクを抱えた資金調達手法である

これはデメリット1にも関連する項目になりますが、なぜここまで手数料が高額になってしまうのでしょうか?

それには、ファクタリング会社が抱える決定的なリスクが影響しています。
そのリスクとは「売掛先の倒産」「売掛金の持ち逃げ」による貸し倒れです。
売掛先が倒産するなど、何らかの形で売掛金を支払えない状況に陥った場合、その損失は当然買い取ったファクタリング会社が負います

そしてさらに重要なのは「売掛金が一度利用会社に入金される」という点。
最悪の場合、利用会社がファクタリング実行後に売掛金を支払わないリスクも考えなくてはなりません。
これら「ファクタリング会社のもとに売掛金が入金されない」というリスクを緩和するために高額な手数料が設定されています

これは逆に言えば、売掛先と自社に充分な与信があれば、手数料は抑えられるということにもなります。
そして、当然利用会社側にとっても、売掛先が倒産してしまうリスクは考えなくてはなりません。
そのために、買い取ってもらう債権の売掛先は大手や国など、取りっぱぐれる心配のない債権を選ぶことが望ましいでしょう。

デメリット3:リスク軽減のため、依頼会社のモラルが測られる

デメリット2で、リスク軽減のために手数料が高額になっていると述べましたが逆に言えば、そうでもしなければ2社間ファクタリングはそれだけ不安定な資金調達手法ということでもあります。

ファクタリング会社・利用会社共にモラルある対応をし、売掛金も回収できるという状況で、はじめて成立する手法なのです。
実際は初回の取引は月商の30%までなどと定めている会社もあり、与信を通過して手数料を抑えていくためには継続してファクタリング会社と付き合っていくことが求められます。

デメリット4:悪徳業者が少なからず存在する

少し前に、ファクタリング会社を装った闇金業者が逮捕されるニュースが報じられました。
彼らのように緊急性の高い顧客から法外な手数料をだまし取るファクタリング業者は確実に存在しています。

3社間ファクタリングであれば、審査は厳しいものの「みずほファクター」「三菱UFJファクター」といったメガバンク直系のサービスが存在し、言うまでもなく信頼性は随一
ですが、中小企業がひしめく2社間ファクタリングでは、しっかりとリサーチを行わないと、そういった悪徳業者に捕まる可能性はゼロではありません。
そのため、充分なリサーチを行ったうえで慎重にファクタリングを依頼する会社を選ばなくてはならない、ということは意識しましょう。

まとめ:リスク軽減には、申込時に「信頼性」「手数料」の2項目をリサーチ

パソコンまとめると、2社間ファクタリングには、

  • 売掛先に知られない
  • スピーディーに売掛金を買い取ってもらえる、というメリットが存在する一方
  • ファクタリング会社のリスクヘッジのため、手数料が高額で掛け目割合が低い
  • 売掛先の与信が重要で、会社によっては初回取引が月商の3割程度まで等制限もある

悪徳業者が少なからず存在する

というリスクも孕んでいます。
信頼のおける会社を選ぶことは当然ですが、2社間ファクタリングの際はなるべく自身の条件にあった会社を選ぶようにしましょう。
1社の信用できるファクタリング会社と取引を長く続けるのが上手にファクタリングを行うコツです

関連キーワード
  • 約束手形のイメージ
    ファクタリングと手形割引はどう違う?5つの違いを解説
  • オフィスのデスク
    ファクタリングの種類は4つ!メリットやデメリット・仕組みとは?
  • ニーズが高まる「2社間ファクタリング」とは?
  • クエスチョンマーク
    債権譲渡登記とは?売掛先や銀行には知られない?
おすすめの記事
ファクタリングは違法なのか?法律的に解説
ファクタリングの違法性
「ファクタリングの実行手数料が高い、やっぱり安全でないのでは?」「売掛債権を他企業に売り渡すのは抵抗があるなあ」確かに、待っていれば支払われ...
ファクタリングの必要書類を解説!
ファクタリングの申込方法
ファクタリングをスムーズに行うには事前に審査の流れを把握し、書類をしっかりと準備しなくてはなりません。スムーズに審査ができないと、時間がかか...